ニュースリリース

賃貸住宅にお住まいの方に安心を提供    大和ハウスの賃貸住宅にALSOKのホームセキュリティを標準装備
2010年
8月
5日
 ALSOK(本社:東京都港区、社長:村井温)は、大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:村上健治)が2010年8月6日より販売を開始する防犯性に配慮した賃貸住宅 「セジュールウィット-S」「セジュールオッツ-S」に、「ALSOKホームセキュリティα(アルファ)」が標準装備されることになりました。


 このたびのホームセキュリティ標準装備により、一人暮らしの女性やお子様など、「セジュールウィット-S」「セジュールオッツ-S」にお住まいになる方にさらなる安心をご提供して参ります。


 ■大和ハウス工業「セジュールウィット-S」「セジュールオッツ-S」特長


 (1)オンラインサービスに対応できるホームセキュリティシステムを標準装備
  各住戸に「ALSOKホームセキュリティα」を標準で装備し、土地オーナー様との一括契約により、ALSOKのオンラインサービス※を利用することができます。
  ※玄関や窓に取り付けたセンサーが異常を感知するとインターネット回線等を使用して監視センターに通報し、指示を受けたガードマンが駆けつけるサービス

 (2)セキュリティゾーンの階層化
  敷地・建物を包括した三段階でのセキュリティゾーンを提案しており、敷地セキュリティ、建物セキュリティ、住戸セキュリティといったエリア別の防犯設計を行うことによって、二重三重の安全性をご入居者に提供いたします。

 ■ホームセキュリティα(アルファ)について


ホームセキュリティα

 2008年12月1日にサービスを開始して以来、ご好評いただいているホームセキュリティシステムです。
「導入しやすさ」をコンセプトに、「警備用通信回線にブロードバンド回線を利用するインターネット警備サービスを標準化」するなど、お客様視点で発想した「安心・便利」な機能を強化しております。
  また、異常発生時には、全国47都道府県にある約2,100ヶ所の待機所から、訓練されたガードマンが駆けつけます。ALSOKが誇る緊急時の駆けつけ体制は、GPSを利用した「隊員指令システム」の独自構築により、更なる迅速化が図られています。




 【ご参考】

 ■大和ハウス工業「セジュールウィット-S」「セジュールオッツ-S」開発背景

  警察庁の「平成21年の犯罪情勢」によると、1998年以降急増していた侵入窃盗の認知件数は2002年をピークに減少していますが、2009年の侵入窃盗認知件数は148,488件で、 約3分32秒に1件の割合で発生しています。


 また、侵入窃盗犯罪については住宅を対象とするものが57%あり、3階建以下の賃貸住宅では21,157件あります。世の中の防犯意識の高まりとともに、発生件数は年々減少して いますが、まだまだ高い水準と言えます。


侵入犯罪データ

 ■大和ハウス工業「セジュールウィット-S」「セジュールオッツ-S」商品概要


名称
「セジュールウィット-S」
「セジュールオッツ-S」
発売日
2010年8月6日
2010年8月6日
販売地域
北海道・沖縄を除く全国
北海道・沖縄を除く全国
販売価格
本体工事価格3.3崚たり35万円台〜
(税込み・階段室タイプ)
本体工事価格3.3崚たり39万円台〜
(税込み・階段室タイプ)
販売目標
今年度10,000戸(「セジュールウィット-S」「セジュールオッツ-S」合わせて)
建方形式
階段室タイプ・片廊下タイプ
重層タイプ・メゾネットタイプ
階段室タイプ・片廊下タイプ
プラン
自由プラン
自由プラン
構造
軽量鉄骨軸組パネル併用構造2階建
軽量鉄骨軸組パネル併用構造3階建

以 上

この件に関するお問い合わせは
ALSOK 広報部

mail : alsokinfo@alsok.co.jp
←戻る