ニュースリリース

ALSOKのロボットが館内を案内します!9月11日(土)オープンの「ヨコハマくらし館」で運用開始
自動走行しながら施設を案内、オリジナルフレームで写真撮影も!
2010年
9月
7日

 ALSOK(本社:東京都港区、社長:村井温)のインフォメーションロボット「An9−PR(アンナインピーアール)」が、9月11日(土)オープン予定の「ヨコハマくらし館」(横浜市西区西平沼町6−1)に導入されることになりました。


 「ヨコハマくらし館」は、株式会社テレビ神奈川(本社:横浜市中区、社長:山行雄)が運営する「tvk ecom park」内にある、暮らしをサポートするライフスタイル展示館です。 ALSOKのセキュリティショップ(ALSOKプラザ)も入居する予定となっています。


 「An9−PR」は、定期的に館内を自動走行し、音声やタッチパネルによる館内案内やイベント情報のお知らせなどを実施します。 また、充電待機中は搭載されたカメラを使って「ヨコハマくらし館」オリジナルのフレームでお客様を撮影し、フェリカ対応もしくは赤外線通信対応の携帯電話で持ち帰ることができます。


 9月11日(土)・12日(日)には、15分程度のデモンストレーションを実施する予定です。 また、12日(日)には、ALSOK女子儀仗隊「ビバーチェ」(マーチングバンド)によるパレードも行う予定ですので、近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。


 ■「tvk ecom park」(tvkエコムパーク)の紹介
正式名称:「tvk eco−friendly & comfortable park for life」
敷地面積約2万坪の中に、「ヨコハマくらし館」を始め、住宅展示場(tvkハウジングプラザ横浜)やガーデンウェディング対応の飲食棟(ザ・シーズンズ)、首都圏初の本格的英国式庭園(横浜バラクライングリッシュガーデン)が収容されています。(所在地:横浜市西区西平沼町6−1)


 ■「An9−PR」(アンナインピーアール)の紹介
An9−PR 「An9−PR」は、商業施設など人が多く集まる屋内施設向けのインフォメーションロボットで、電子看板(デジタルサイネージ:注)機能を搭載しています。
(注)デジタルサイネージ:Digital Signage
表示と通信にデジタル技術を活用して平面ディスプレイやプロジェクターなどによって映像や情報を表示する広告媒体のこと。


 ■「An9−PR」デモンストレーションについて
 ・実施場所
  「ヨコハマくらし館」(tvk ecom park内)
 ・デモ時間
  9月11日(土) 。隠押В械亜繊´■隠粥В娃亜
  9月12日(日) 。隠院В娃亜繊´■隠機В娃亜

 ■「ALSOKビバーチェ」パレードについて
 ・実施場所
  「tvk ecom park」
 ・開始時間
  9月12日(日) 。隠院В械亜繊´■隠粥В娃亜

 ■「tvk ecom park」アクセスについて
 所在地:横浜市西区西平沼町6−1


ヨコハマくらし館


  ●無料送迎バス横浜駅より 7分
  ●相鉄線平沼橋駅より徒歩 5分
  ●JR 地下鉄 私鉄横浜駅より徒歩 20分
  ●横浜駅西口インター(車) 3分 ※駐車場有
  ○「ヨコハマくらし館」営業時間:10:00〜18:00(水曜定休)



以 上

この件に関するお問い合わせは
ALSOK 広報部

mail : alsokinfo@alsok.co.jp
←戻る