ニュースリリース

「ALSOKホームセキュリティ X7」11月1日から全国でサービス開始
2005年
10月
6日

  綜合警備保障株式会社(以下 ALSOK)は、昨年11月から、ユーザーニーズに応えサービスを絞り込み、画期的な価格を実現した「ホームセキュリティ7(セブン)」を販売することで、多くのご家庭に「安心」を提供してまいりました。
 今回ご紹介する新商品「ホームセキュリティX7(エックスセブン)」は、「侵入感知」「火災感知」「非常通報」という警備の基本機能に、多様化するユーザーニーズに応えるための機能を加え、さらに高品質な警備サービスをご提供すべく開発した商品で、11月1日(火)よりサービスを開始いたします。


ALSOKホームセキュリティ X7 コントローラー

  平成17年2月の内閣府「社会意識に対する世論調査」では、47.9%もの国民が、意識の中で治安に対する不安を抱いているとの結果が出ています。この数字は平成10年以降、年々悪化の一途を辿っており、犯罪が依然として沈静化しておらず、徐々に凶悪化している事実を如実に物語っております。

 私共ALSOKはこのような状況の中、昨年11月に基本的な3つのサービス「侵入感知」「火災感知」「非常通報」に絞り込んだ、家庭向け防犯システム「ALSOKホームセキュリティ7」を市場に投入し、高い評価を受けました。

 しかし、お客様アンケートを実施したところ、現状の「ALSOKホームセキュリティ7」にはご満足いただいているものの、「外出先からも警備を開始したい」「敷地内のもっと広い範囲を警戒したい」「住まいの事情にあった警備が欲しい」といった、さらなる機能を求められるお客様の声を頂戴しました。このことから、ホームセキュリティに対するニーズは多様化しており、より多機能で拡張性がある警備システムが、ご家庭でも望まれていることがわかりました。
 今回開発した「ALSOKホームセキュリティX7」は、これらのお客さまの声を真摯に受け止め、全力で開発に取り組んだ商品です。多様化するニーズに応えられる多彩な機能を盛り込みつつ、競争力のある価格で提供することを開発コンセプトとしています。
 「ALSOKホームセキュリティX7」は、「外出先からの警備開始が可能」「在宅時にさらなる安心を提供」、「住まいの事情に合った最適な警備」など多くの先進の機能を備え、まさにご家庭の安心に関する多様なご要望にお応えできる商品です。


 また、ALSOKでは、今回の新商品「ALSOKホームセキュリティX7」と、昨年来からご好評をいただいている「ALSOKホームセキュリティ7」の両商品により、ホームセキュリティの普及率を高め、安全な社会作りのお役に立ちたいと考えております。
 ALSOKは、「金融機関・オフィスビル・ショッピングセンターなどで培った法人向け警備業務のノウハウ」と「日本全国をカバーする広範なセキュリティネットワーク」を活用して、365日24時間、高品質の警備をご家庭に提供して参ります。

  「ALSOKホームセキュリティX7」は、「侵入感知」「火災感知」「非常通報」の基本機能に以下の新機能を追加しています。

<新機能(新サービス)>

1 外出先からも利用
 (1) 携帯電話などからコントローラーに電話をかけ、ガイダンスに従ってダイヤルをプッシュするだけで、外出先から簡単に警備を開始することを可能にしました。
 (2) お客様自身で警備をするセルフ警備では、侵入警報があった場合に、メールまたは音声で通報することができます。特にメール通報の場合は、カメラと組み合わせることで画像付の警報メールを送ることも可能です。この場合、お客様が依頼すれば、ガードマンがご自宅へ駆けつけます。
 (3) 外出先から家の様子をみたい時などは、インターネットを経由して、ライブ画像をいつでも確認することができます。

2 在宅時にさらなる安心を提供
 (1) 敷地内への不審者の侵入を監視し、異常を感知した場合は警報音を鳴らし、お客様へ通知します。警報ベルやフラッシュライトを組み合わせて不審者を威嚇することも可能です。
 (2) カメラを追加することで、異常を感知した際に、コントローラーの液晶画面にカメラ画像を表示することもできます。

3 住まいの事情にあった最適な警備設計
 (1) 2世帯住宅や店舗・事務所併用住宅など、利用時間・利用状況が異なる地区(例えば店舗と住居など)を個別に警備することを可能にしました。
 (2) カメラの利用で屋外の画像監視だけでなく、1階店舗の様子を2階住居で確認することもできるようになりました。

 
 
  侵入・火災・非常の異常事態発生時には、当社「ガードセンター」に通報されます。通報を受けたガードセンターは、全国に張り巡らせたALSOKのネットワークを駆使し、ガードマンに出動の指示をします。迅速にガードマンが駆けつけ、また、あらかじめ登録された緊急連絡先への連絡や、必要に応じて110番、119番への通報をおこないます。

<ALSOKホームセキュリティX7システムフロー(概念図)>



防犯(侵入感知)  
 ・ピッキングやこじ開けによる、ドアや窓の開閉を感知します。
 ・ガラス破りなどによる、窓からの侵入を感知します。
火災(火災感知)  
 ・キッチンなどに設置する火災センサーが、急激な温度の上昇を感知します。
   
非常(非常通報)  *緊急時など
 ・身の危険を感じたとき、ボタンを押すだけで、ALSOKガードセンターに通報されます。
 ・急病やケガなどの緊急事態にも、ボタンを押すだけで、ALSOKガードセンターに通報されます。
異常発生時  
  1 上記の異常を感知した場合、システムは自動的にガードセンターに通報します。
  2 ガードセンターから最寄りのALSOK警備拠点に指示を与え、ガードマンが現場に急行します。
  3 あらかじめ登録された緊急連絡先へガードセンターから連絡を行います。
  4 必要に応じてガードセンターのスタッフは110/119番への通報を行います。

  「ALSOKホームセキュリティX7」では、コントローラーの液晶画面を操作するだけで、以下の警備モードが選択できます。
  ◇外出時
    「外出ALSOK警備」
    外出中にALSOKが住戸内を監視する警備モードです。異常発生時にはガードセンターに通報され、直ちにガードマンがご自宅に駆けつけます。
    「外出セルフ警備」
    外出中にお客様ご自身が監視する警備モードです。異常発生時には携帯電話などに、音声もしくはメールで自動通報されます。
  ◇在宅時
    「在宅ALSOK警備」
    在宅中にALSOKが住戸内を監視する警備モードです。異常発生時にはガードセンターに通報され、直ちにガードマンがご自宅に駆けつけます。
    「在宅セルフ警備」
    在宅中にお客様ご自身が監視する警備モードです。異常発生時には警報音が鳴り、お客様に知らせます。
  ※「非常通報」「火災感知」は警備モードに関係なく常時ガードセンターに通報されます。

 
名   称 ALSOKホームセキュリティX7(エックスセブン)
発売開始 2005年11月1日(火)
販売目標 今期2千件、来期6千件

○戸建住宅の料金例(新築時に有線式で設置した場合)
  監視料金
(防犯
・火災
・非常)
機器加算
コントローラー×1、
開閉センサー×27、
空間センサー×1、
火災センサー(熱)×1、
遠隔非常ボタン×1
月額警備料金
その他費用
レンタル
プラン
3,465円 3,664円 7,129円 工事費184,590円
保証金20,000円
お買い上げ
プラン
3,465円
3,465円 工事費 184,590円
機器費 218,715円
※価格はいずれも税込
 設置するセンサーが増えた場合は、それぞれの料金に定められた額が加算されます。
(保証金を除く)


「ALSOKホームセキュリティX7」のテレビCMに井上康生選手を起用


  凶悪犯罪が増加し、社会不安が高まる中、警備会社に問われているのは、これまで以上の「安心」の提供とそれに応える「質の高い警備」です。
 「ALSOKホームセキュリティX7」のテレビCMでは、この「質の高い警備力」をイメージ化する上で、CMキャラクターとして当社の社員でもある井上康生選手を起用します。

 「ALSOKホームセキュリティX7」の宣伝展開は、10月末からテレビ・新聞・雑誌・ラジオなど全国で一斉展開して参ります。


 
社 名 綜合警備保障株式会社
SOHGO SECURITY SERVICES CO.,LTD.
本 社 東京都港区元赤坂1-6-6
設 立 1965年 7月 16日
資本金 17,152百万円(2005年3月31日現在)
代表者 代表取締役社長 村井 温(むらい あつし)
事業所 本社・5事業本部・58支社・44支店・214営業所(2005年10月3日現在)
社員数 11,664名(2005年3月31日現在)
   


この件に関するお問い合わせは
綜合警備保障(株)広報部

mail : alsokinfo@alsok.co.jp
←戻る