お知らせ

『お父さんは、子どもを守れるか!?』

〜子どもを見守るALSOKが提唱する「お父さん」向けの防犯書籍が発売!〜
2007年
2月
23日

綜合警備保障株式会社(以下ALSOK)は、2004年から社会貢献活動として現役ガードマンを小学校に派遣する防犯授業「ALSOKあんしん教室」に取り組んでおります。
 今般、ALSOKあんしん教室が執筆した「お父さん」向けの防犯書籍『お父さんは、子どもを守れるか!?−防犯といのちの父親学―』が日本文教出版より2月25日から発売されます。

■ 経緯
昨今、小学校の児童を標的とした犯罪が社会問題になっています。ALSOKでは、この問題への取り組みを社会的な使命と捉え、2004年10月から「守りのプロ」である現役ガードマンが講師となり、小学生に様々な角度から安全について授業を行う「ALSOKあんしん教室」を展開して参りました。この授業に参加した児童は、全国で25万人を超え、多くの教職員および保護者の方々から高い評価をいただいています。

■ 防犯書籍『お父さんは、子どもを守れるか!?−防犯といのちの父親学―』が日本文教出版より2月25日から発売
学校での防犯教育は、積極的に取り入れ始めたことによりたいぶ浸透してきました。しかし、子どもの防犯教育は、学校だけにまかせっきりにするのではなく、同時に家庭においても大切であると捉えます。
そこで今回、東海大学近藤先生と共に、父親を主眼におき、子どもに「危機回避能力」や「いのちの大切さ」など人間力を高めるために教えたいことを書籍としてまとめました。なお、社団法人日本PTA全国協議会の推薦図書となっております。

■ 「地域安全マップ」の提唱者 小宮先生も賛同
地域安全マップを発案し、社会学の第一人者といわれている立正大学教授小宮先生。ALSOKは地域安全マップのような社会学と同時に人間力をも高めることが重要だと捉えています。小宮先生も本書籍を「何度も修羅場を乗り越えてきた父親の『生きる力』をバージョンアップさせ、子どもに引き継ぐノウハウがつまっている」と賛同しています。

■ 編著者紹介
近藤 卓
東海大学文学部心理・社会学科教授
臨床心理士、子どものいのちの教育研究会会長。いのちの教育に関する書籍多数著作。

ALSOKあんしん教室
綜合警備保障株式会社が2004年10月から社会貢献活動として小学校を対象に行う防犯教室。子どもの育みにあわせて3テーマの授業をクラス単位で実施。

 

この件に関するお問い合わせは
広報部
TEL 03-3478-2310
←戻る