ニュースリリース


こどもが主役のこどもの街「キッザニア東京」に
ALSOKが警備センターパビリオンを出展

2007年
4月
2日


2006年10月、東京都江東区豊洲にオープンした“こどもが主役のこどもの街”「キッザニア東京」の運営本社、株式会社キッズシティージャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:住谷 栄之資、以下キッズシティージャパン)と、綜合警備保障株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:村井温、以下 ALSOK)は、「キッザニア東京」の『警備センターパビリオン』のスポンサー権に関して合意し、出展を決定しました。


■ 『警備センターパビリオン』概要 ■

 ALSOKが出展する警備センターパビリオンでは、こどもたちがキッザニア東京の街中で流通する専用通貨(キッゾ)や貴重品を回収し、金庫室に保管したり、金庫室に保管していたキッゾを、決められたパビリオンへ輸送する仕事を体験することができます。
厳しい訓練を受けたガードマンとして、「お客様の大切な財産を守る」という重要な任務をチームで体験することで、安全に気を配る注意力と、最後まで仕事をやり遂げる達成感、責任感、チームワークの大切さを学ぶ場を提供します。

 

■ 『警備センターパビリオン』オープニングセレモニー■


 4月17日のオープンを記念して、警備センターパビリオンにてオープニングセレモニーを行
います。
◆日時:2007年4月17日(火) 10:30(受付開始:9:45〜)
◆場所:キッザニア東京「警備センターパビリオン」前
◆内容:オープニングテープカット
  ALSOKによる、警備センターパビリオン担当スーパーバイザー任命式
 こども新聞記者、こどもカメラマンによる取材
◆出席者:ALSOK 代表取締役社長 村井 温
       キッズシティージャパン 代表取締役社長兼CEO 住谷 栄之資
       ALSOKガードマン
       代表のこども(キッザニアン)

■キッザニア概要■

施設名称
キッザニア東京(Kidzania Tokyo) 
所在地
東京都江東区豊洲2−4−9アーバンドックららぽーと豊洲
ノースポート3階
施設面積
約1,800坪(約6,000屐
パビリオン数
約50
年間来場者数
約70万人(推定)
対象年齢
2歳から12歳のこども(体験に参加出来るのは2歳から15歳)
一般入場料

土日祝祭日・学校の休日:
   こども3,000円 大人2,000円 幼児 1,500円
平日:
   こども2,400円 大人1,600円 幼児 1,200円
(2007年6月より新料金になります。詳しくはwww.kidzania.jpをご覧ください)

 キッザニア東京はこどもが社会を疑似体験することができる施設です。現実社会の約2/3サイズで造られた街の中には、実在する企業がスポンサーとなっている消防署、病院、運転免許試験場、銀行、飛行機、ラジオ局、理容店、ピザショップなど、多数のパビリオンが立ち並び「こどもの街」を作り上げています。こどもは、体験したい仕事を自由に選択して働き、リアルな経済活動や社会活動を、楽しく体験することができます。
1999年にメキシコで誕生したキッザニアは、年間来場者数82万人、227日間満員記録を樹立するなど、ユニークなコンセプトが社会的にも高く評価されています。
2006年10月5日、日本に初めてオープンした「キッザニア東京」は、大成功を収めているメキシコでの運営システムをベースとしながらも、「こども議会」のアイデアや、日本のこどもたちを取り巻く環境を反映し、未来を担うこどもたちのためのエデュテイメントタウン※を目指しています。
        ※ エデュケーション(学び)+エンターテインメント(楽しさ)
                            以 上

               

≪オープニングセレモニーに関するお問い合わせ・お申し込みは≫
キッザニアPR事務局(株式会社サニーサイドアップ内)
担当:野本・竹田・功能・矢島
TEL.03-6825-3200 FAX.03-5413-3050

 
この件に関するお問い合わせは

綜合警備保障株式会社 広報部 
担当:廣瀬・小林
TEL:03-3478-2310  FAX:03-3470-4367



株式会社キッズシティージャパン 広報部
担当:中田・本間
mai l :info@kidzania.jp


←戻る