お知らせ

ALSOKセーフティ・ソリューションサービス第2弾
『ガードマンが見守るあんしん病院』を目指して!
医療機関向けセーフティ・トータル・ソリューションサービス
〜今すぐできる防犯対策があります〜

2007年
7月
6日

 ALSOK綜合警備保障株式会社(本社:東京都港区、社長、村井温、以下 ALSOK)は、医療機関における高度なセキュリティを実現させるため、医療市場向けのセキュリティソリューション事業「医療機関向けセーフティ・トータル・ソリューションサービス」(以下 MSTS)を開始します。

■ 経緯
 2006年1月の宮城県・乳幼児連れ去り事件、2006年3月の島根県・患者殺害事件、2007年6月の奈良県・病院長刺傷事件等に見られるように、近年、医療機関における凶悪犯罪が相次いで発生しています。また、職員・患者への暴力事件等も依然として多発、2006年9月には、厚生労働省から「医療機関における安全管理体制について」の方策が公表される等、医療機関における安全管理体制の確立が大きく求められています。
 ALSOKは、2005年5月から文教市場向けセキュリティソリューション事業を開始、警備業界で初となる「学校向け防犯コンサルティング」を提供する等、「開かれた場所」におけるソリューション事業に注力してきました。
そこで40年にわたって蓄積してきたノウハウを基に、医療法人社団 貴友会 王子病院様(東京都北区)、丘整形外科病院様(神奈川県相模原市)のご協力をいただき、医療機関向けソリューションサービスを開発しました。

■ MSTSコンセプト
 ALSOKでは、以前より、医療機関に対して警備機器の販売や警備を実施していますが、多くの医療機関において、不特定多数の人が頻繁に出入りする環境だけに日中の警備が難しいという問題がありました。それ以外にも、特定患者の暴言、粗暴な振る舞い等による「暴力被害の不安」、「労務負担、労務環境による不安」等、様々な不安を抱えています。
そこで、これらの不安を解消するため、不審者侵入、乳幼児連れ去り、院内暴力等、医療機関における様々な危機に対し、ソフト面、ハード面のトータル提案を実施。コンサルティングから導入・運用まで、総合的に医療機関を守るためのメニューをご提供します。

 

■ ALSOK MSTSメニュー

ALSOK MSTS
安全管理 体制の確立(防犯コンサルティング)

患者・職員  向けメ ニ ュー

窃盗・盗難対策 機械警備、出入管理システム、防犯カメラ、盗聴・盗撮検知サービス、セーフティボックス*
乳幼児連れ去り対策 出入管理システム、防犯カメラ、ICタグ*、生体認証装置*
院内暴力対策 非常通報システム、防犯カメラ、常駐警備
ストーカー対策 防犯ブザー、防犯スプレー、盗聴・盗撮検知サービス、位置情報サービス*
認知症患者の徘徊対策 出入管理システム、防犯カメラ、ICタグ*、生体認証装置*
夜間の安全対策 非常通報システム、ALSOK−MP(遠隔画像監視システム)
非常呼集・安否確認 安否確認サービス

施設メニュー

不正侵入防止 出入管理システム、防犯カメラ、生体認証装置*
施設外周警戒 防犯カメラ、センサーライト、常駐警備
受付・警備 Reborg−Q(警備ロボット)、常駐警備
防災点検・綜合管理 防災用品、自動体外式除細動器、防災業務、設備管理業務
物・情報管理メニュー 薬品の管理 出入管理システム、防犯カメラ
金銭の管理 出入管理システム、防犯カメラ、入金機
患者情報の管理 出入管理システム、防犯カメラ、PCACS(PCロック)、セキュリティキャビネット*
現金・貴重品輸送 現金輸送、個人情報輸送、機密文書集荷・溶解業務*

*商品化中

■ 今すぐできる防犯対策「医療機関向け防犯コンサルティング」
 ALSOKの防犯コンサルティングは、「現状分析・計画立案(Plan)」「実施(Do)」「確認(Check)」「処置(Act)」の4つのフェーズに分類された中から、各医療機関のニーズによって選択・組み合わせていただくことが可能です。

 ◆フェーズ1『現状分析・計画立案(Plan)』
  厚生労働省の方策に準拠した独自の300の診断項目に基づき、ALSOKの社員がイン タビュー形式および独自の調査で、医療機関の警備状況をチェックし、その結果を防犯カルテとしてご提出します。
  また、防犯カルテをもとに、各医療機関にもっとも適した安全対策・改善提案を行います。
 ◆フェーズ2『実施(Do)』
  立案された安全対策の恒常的な実施に向けて、防犯マニュアル作成支援や、防犯講習会、身体的危機からの離脱方法や刺股の有効的な使い方等、実技を含めた院内暴力対策や不審者対策、危機管理体制の確立に向けたアドバイス、研修を行います。

 ◆フェーズ3『確認(Check)』
  初回の防犯診断から1年後、再度防犯診断を行い、前回の防犯カルテと比較分析を行います。その結果と前回の診断結果とを比較分析し、改善された点、残された問題点等をご報告いたします※。
 ※防犯カルテ比較分析サービスは、年間契約サービスをご契約されたお客様にご提供するサービスです。
 ◆フェーズ4『処置(Act)』
  防犯用具の販売や、警備システムの設置を行います。


◎防犯コンサルティング価格表(税込)

フェーズ 実施項目 金額 納品物
フェーズ1
現状分析・計画立案
(Plan)
防犯診断
安全対策改善提案
基本料金(1棟まで)
¥193,200
病棟追加料金(1棟につき)
¥94,500
防犯カルテ
安全対策提案書
フェーズ2
実施(Do)
防犯マニュアル作成支援 ¥85,050 防犯マニュアル
防犯講習会 ¥47,250 講義報告書
院内暴力対策研修 ¥47,250 研修実施報告書
不審者侵入対策研修 ¥57,750 研修実施報告書
フェーズ3
確認(Check)
防犯診断
安全対策改善提案
基本料金(1棟まで)
¥193,200
病棟追加料金(1棟につき)
¥94,500
防犯カルテ
安全対策提案書
防犯カルテ比較分析
(定期確認含む)
(年間契約サービス) 比較分析報告書
フェーズ4
処置(Act)
防犯対策の実施、防犯装置の販売等

・コンサルティングにかかる交通費は別途となります。
・防犯カルテ比較分析サービスは、年間契約サービスご契約時のみのご提供となります。

◎年間契約サービス
年間契約サービスご利用のお客様には、フェーズ1の防犯診断、安全対策改善提案の実施に加え、以下のサービスをご提供します。
・2年目以降の防犯診断の際に、前回との比較分析を実施します。さらに、定期的な状況確認も実施します。
・各種コンサルティングサービスの利用料を通常価格の10%値引きでご提供します。
基本料金(1棟まで) ¥176,400/年、¥14,700/月(税込)
病棟追加料金(1棟につき)  ¥88,200/年、 ¥7,350/月(税込)
*中途解約の場合は、年額と既支払額との差額を違約金としてご請求します。

■ MSTSサービス対象エリア
  東名阪地区(東京、埼玉、神奈川、千葉、愛知、大阪、兵庫、京都の1都2府5県)を対象 とし、販売を開始、順次全国へ拡大します。

■ サービス開始日
  2007年7月17日

■ 販売目標
  2007年度中に100件以上の販売を見込んでいます。

この件に関するお問い合わせは

綜合警備保障株式会社
0120-3864-24
(ミハルヨ24ジカン)

←戻る