ニュースリリース

〜朝日生命のお客様とそのご家族に安心を提供〜
高齢者向け緊急通報・相談サービスの提供開始について
2013年
9月
30日

  ALSOK(本社:東京都港区、社長:青山 幸恭)は、朝日生命保険相互会社(社長:佐藤 美樹、以下:「朝日生命」)のお客様を対象に、2013年10月1日(火)より、高齢者向け緊急通報・相談サービス「HOME ALSOK みまもりサポート」の提供を開始いたします。



1 サービス名

    「HOME ALSOK みまもりサポート」


2 サービス概要

(1)緊急通報

    体の具合が悪くなった際に、緊急ボタンを押すだけでガードマンがご自宅に駆けつけます。


(2)火災・ガス漏れ監視

    火災やガス漏れ等を感知するとALSOKに通報され、ガードマンがご自宅に駆けつけます。


(3)ライフリズム監視

    在宅中、一定の時間が経過してもトイレのドアが開閉されなかった場合、ALSOKに通報され、ガードマンがご自宅に駆けつけます。


(4)見守り情報配信

    ご利用者の日常の動きを見守り、異常があるとご家族にメールで連絡。また、いつも通りの動作であれば、見守るご家族に正常であることをメールで連絡します。


(5)健康相談機能

    コントローラーの「相談」ボタンを押すだけで、ALSOKヘルスケアセンターの対応員と、24時間365日ハンズフリー通話で健康相談ができます。


    ※(2)(3)(4)はオプション。


3 提供価格

    朝日生命おすすめプラン(緊急通報のみ、ペンダント型救急ボタン使用)の料金例

    月額料金:3,100円(税別)、工事費:0円、機器費:0円(0スタートプラン)


4 サービス利用対象者

    朝日生命の既契約者ならびにそのご家族


5 朝日生命お客様特典

    月額料金2カ月無料(朝日生命の営業職員を経由した申し込みに限る)


6 サービス提供エリア

    全国(一部離島等を除く)


7 販売(サービス提供)開始日

    2013年10月1日(火)


8 背景

    超高齢社会である我が国は、65歳以上高齢者の総人口に占める割合は24.1%※1に達し、この傾向は今後さらなる拡大が見込まれています。また、高齢者の世帯を家族類型別でみてみると「ひとり暮らし」高齢者の増加が顕著であり、2010年の29.7%から、2030年には37.7%※2にまで上昇すると見込まれています。

    かかる長寿命化ならびに家族構成の変化を踏まえ、高齢者向け緊急通報・相談サービスは、高齢者本人が抱える不安や、遠方に住むご家族の心配に対するソリューションの一つになるサービスとなっています。朝日生命の調査※3においても、介護の専門家である「ケアマネジャー」が最も魅力を感じるサービスとして回答しています。

    ALSOKは、朝日生命が、高齢者が安心して暮らせる社会づくりへの貢献を目的として展開している「朝日生命介護あんしんサポート」に賛同し、このたびの「HOME ALSOK みまもりサポート」の提供開始に至りました。


    ※1 出典:総務省統計局「人口推計(2012年10月1日現在)」

    ※2 出典:内閣府「高齢社会白書」(平成23(2011)年版)

    ※3 朝日生命「要介護認定後の暮らし」と「民間介護保険に対する意識」に関する実態調査(2013年8月)


    ※当サービスの内容については、将来、予告なく、変更または廃止することがあります。


9 参考【朝日生命介護あんしんサポート】

参考【朝日生命介護あんしんサポート】

以 上

この件に関するお問い合わせは
ALSOK 広報部

mail : koho@alsok.co.jp
←戻る