お知らせ

「入金機オンラインシステム(標準機供法廚糧稜笋砲弔い
売上金処理を安全で効率的にできるシステムをより使いやすく標準機をモデルチェンジ
2002年
5月
1日


綜合警備保障株式会社は、97年10月からシステム販売を開始している『入金機オンラインシステム』(以下『入金機』)の標準機をフルモデルチェンジし、5月27日から「標準機供廚箸靴独稜簔廚靴泙后

本システムは警備輸送サービスの1つとして提供しているシステムですが、現行機と比較して紙幣収納量を約1.3倍に増やし(紙幣約3,500枚、硬貨は現行機と同様の約4,500枚)、大型機で好評だったLCDによるガイダンス表示と音声によるメッセージ通知等を採用し、操作性を飛躍的に向上させました。

『入金機オンラインシステム』  <概要>

  1. 小売店舗や病院等に設置し、売上金(収受金)を夜間金庫等に替わり『入金機』へ投入します。紙幣・硬貨とも随時投入できます。
    [売上金の集計作業が必要なくなり省力化できます。違算も防止できます]
    [現金の保管・管理に煩わされることなく、現金の店舗外(夜間金庫等)への持ち出しもなく安全です]
  2. 投入時に集計され金額表示されます。(オプションの通帳プリンタで記録・管理もできます)
  3. 現金投入後、綜合警備が現金回収し、同時に『入金機』内の釣銭保管部に両替金(釣銭)も配金します。(釣銭準備はオプション)
    [ご指定の金種別の釣銭配金により、店舗側での釣銭準備の手間が省けます]
  4. 売上金投入後、翌銀行営業日にご指定の金融機関口座へ入金されます。
    [夜間金庫に投入するよりも効率的に資金運用できます]
  5. 投入のデータがオンラインで店舗本部等に送信されます。(データ送信はオプション)
  6. 『入金機』本体は堅牢な構造で、各種防犯センサーが組み込まれており、綜合警備のガードセンターで24時間オンライン監視しています。
  7. IDカード式にすることにより1台の入金機で、レジごとの売上金処理や、複合店舗に設置した場合、店舗ごとに売上金処理できます。(テナント別の口座振込みはオプション)
  8. 金融機関のATMコーナーに設置すると、夜間金庫替わりにすることができ、コーナーと別個に夜間金庫を設置するよりもナイトバッグ処理等のコスト削減と利用客に対するサービス向上につながります。

今後は、「標準機供廚函崑膩慎 廚2機種のラインナップにより、お客様ニーズに合わせて売上金の処理と輸送を幅広くご提供致します。

『入金機オンラインシステム(標準機供法戞  禹斗諭

○サイズ等
新型 標準機 現行 標準機 大型機
 高さ(mm)   1,030 990 1,120
 幅(mm)   620 465 880
 奥行き(mm)   560 530 560
 重量(kg)   205 200 265
 紙幣収容量(枚)   3,500 2,700 約5,000
 硬貨収容量(枚)   4,500 4,500 約9,000


○『入金機』はレンタルのみで、警備輸送システムに『入金機』を組み合わせたシステム商品です

○ 販売価格(税別):『入金機オンラインシステム』料金 月額154,000円(1日の売上金額100万円の場合)[本価格は警備輸送システム料金・『入金機』レンタル料金含む]

◆ 販売対象:コンビニ・スーパー等小売店、レンタルビデオ店、飲食店、衣料品店、病院、
ビジネスホテル、パチンコホール、金融機関など

この件に関するお問い合わせは
一般 お問い合わせ・資料請求 窓口
綜合警備保障(株) 警送サービス部
入金機販売推進チーム 吉田、稲田
03−3470−5810

報道関係 お問い合わせは

mail : alsokinfo@alsok.co.jp
←戻る