ニュースリリース

〜防疫作業や情報共有の支援をします〜
「家畜防疫対策支援サービス」の提供開始について
2014年
8月
1日

  ALSOK(本社:東京都港区、社長:青山 幸恭)は、都道府県や畜産農家などの畜産関係者に対し、高病原性鳥インフルエンザや口蹄疫等の家畜伝染病の発生に備え、また発生時のまん延防止を支援する「家畜防疫対策支援サービス」の提供を、2014年8月1日(金)より開始いたします。


  平成22年に宮崎県で発生した口蹄疫の流行では、約29万頭に及ぶ家畜の殺処分を行うなど、畜産業や地域経済が受けた被害額は2,350億円に上りました。宮崎県では、畜産関連産業が回復するまでには5年を要すると推計しています。


  家畜防疫対策においては、発生時より迅速かつ的確なまん延防止措置を講じることが、被害拡大を防止する上で極めて重要とされます。しかしながら、家畜伝染病の発生予測は困難であり、発生に備えた防疫体制を維持することはもとより、発生時に迅速かつ的確に対処することは容易ではありません。


  そこでALSOKでは、各都道府県様の状況に応じ|椹最晴氾関係者の情報共有システム、 ∨姫嶌邏隼抉隋↓B从本部支援サービスの提供を開始することといたしました。



1 サービス名

  「家畜防疫対策支援サービス」


2 提供するサービスについて

  防災対策支援メニュー

 畜産農家等関係者間の情報共有システム
 携帯電話やPCメールを使った日常のコミュニケーションと、伝染病等発生時の情報収集・管理システムの提供
 防疫作業支援
 ア 消毒ポイントの設置から運営に関わる業務
 イ 発生農場への立ち入り制限、周辺道路における通行・移動制限に関わる業務
 対策本部支援
 発生から終息までの業務情報管理システムの提供

(1)畜産農家等関係者間の情報共有システム

  畜産農家をはじめ、関係者間のコミュニケーションを緊密に保持し、日頃から家畜伝染病に対する知識、情報を共有することが重要です。「ALSOK 安否確認サービス」のメール一斉送信・自動集計機能により、日常から緊急時まで、関係者間での情報共有を簡単にします。
※参考:月額利用料金 〜100名 18,000円(別途初期費用)


   ア 家畜の死亡頭数の報告例

家畜の死亡頭数の報告例

    (ア)畜産農家に対し家畜死亡頭数を電話やFAXで確認した場合は、県の担当者がその情報を入力することによって、1つの集計にまとめることが可能です。
    (イ)自動集計した結果は専用の集計ページで随時確認ができるほか、CSVファイルで出力することもできます。


   イ 掲示板機能の活用例

掲示板機能の活用例

    文字だけでなく、家畜の症状の画像を投稿することで、電話・FAXよりわかりやすい情報提供が可能となります。


(2)防疫作業支援

  防疫活動に必要な資機材を調達し、消毒ポイントの設営から運営、通行制限のかかった道路における交通誘導までワンストップで支援いたします。これにより、家畜防疫員の方は農場等の最前線の業務に専念していただけます。


ワンストップで支援


消毒ポイント

消毒ポイントでの作業の様子

(3)対策本部支援

  発生から終息までの業務情報管理システムをご提案します。

 ア 発生から迅速かつ的確な対処に専念することをサポート

 イ サマリーレポートにより、終息後の国に対する交付金申請手続きなどをサポート

 ウ 業務プロセスを“見える化”し、プロセスの見直し、改善検討をサポート


3 サービス提供エリア・販売先

  全国の都道府県庁


4 販売開始時期

  2014年8月1日(金)


5 参考

(1)特定家畜伝染病

  家畜伝染病予防法第3条の2により、ゝ躅屐↓牛肺疫、8蹄疫、づ礎性海綿状脳症、テ撻灰譽蕁↓高病原性鳥インフルエンザ、Д▲侫螢豚コレラの7疾病が指定されている。

(2)特定家畜伝染病 防疫指針による防疫体制フロー


特定家畜伝染病 防疫指針による防疫体制フロー

  ※特定家畜伝染病のうち、特に総合的に発生の予防及びまん延の防止のための措置を講ずる必要があるもの。


以 上

この件に関するお問い合わせは
ALSOK 広報部

mail : koho@alsok.co.jp
←戻る