ニュースリリース

炎上や風評、情報の流出を監視するインターネット上の火災報知器
「ネット情報監視サービス」の販売開始について
2014年
11月
27日

  ALSOK(本社:東京都港区、社長:青山 幸恭)は株式会社ディアイティ(本社:東京都江東区、社長:下村 正洋、以下「ディアイティ」)と業務提携し、インターネット上での企業の信用低下に繋がる情報の監視、および情報流出を監視する「ネット情報監視サービス」(以下、「本サービス」)を、2014年12月1日(月)より販売開始いたします。


  本サービスは、インターネット上の風評、デマ、誹謗中傷や炎上など企業の信用低下に繋がる情報を、プロの目視と解析によって監視するサービスです。
  従来の有人監視サービスの多くは高額ですが、ALSOKとディアイティがタッグを組むことで、月額定額制でのサービス提供を可能としました。さらには、通常は別サービスとして提供される企業情報の流出監視も、月額利用料の範囲内(※)でご提供するサービスです。


  ALSOKの情報警備事業はサイバー攻撃や内部不正、未だ後を絶たないPCなどの情報機器の紛失など、企業が抱える情報セキュリティのリスクにお応えしてまいりましたが、あらたに炎上や風評被害対策など企業外に存在する情報の監視をご提供いたします。


  ※調査内容などによっては追加の料金が発生する場合があります。



1 サービス名

  ネット情報監視サービス


2 サービス概要

   企業にとって信用低下情報に繋がるインターネット上の情報と情報流出の有無を定期的に確認するサービスです。ご指定のキーワードをお申込みいただくだけで、監視を開始します。監視結果は月次レポートとしてお渡ししますが、緊急性の高いと思われる情報が発見された際には、緊急レポートをお客様の管理者へメールで通知します。
   ※本サービスは、ディアイティが代行して監視業務を実施します。


3 サービスの特長

(1)キーワードの申し込みだけで簡単利用
    検査したいキーワードをお申し込みいただくだけでご利用いただけますので、特別なシステムの設定等は不要です。

(2)監視のプロによる目視での解析
    ア お客様の指定キーワードを基に自動ツールで情報収集し、その後、監視のプロによる解析を行います。真に危険と思われる情報のみをお知らせしますので、管理者様の業務負担を大幅に軽減します。
    イ インターネット上の隠語や業界用語にも広く対応が可能です。

(3)監視対象範囲
    インターネットサイト、ソーシャルネットワーキングサービス(ツイッター、フェイスブック、ミクシィ、ブログ、グーグルプラス)


4 サービスイメージ


サービスイメージ

5 販売価格

   初期費用無料、月額100,000円(税抜)から


6 販売エリア

   全国


7 販売開始日

   2014年12月1日(月)


8 参考 ディアイティについて

   ディアイティは、「安心・安全な高度情報通信ネットワーク社会」の実現を目指し、技術・製品・サービスのみならず情報セキュリティと安定した情報ネットワークを、社会インフラとして確立するためのあらゆる活動を行っています。


   ■会社概要

   商号 : 株式会社ディアイティ
   設立 : 1985年12月
   所在地 : 東京都江東区東陽三丁目23番21号 プレミア東陽町ビル
   代表者 : 下村 正洋(代表取締役社長)
   資本金 : 4億2,874.5万円(2013年12月現在)
   (URL :  http://www.dit.co.jp/


以 上

この件に関するお問い合わせは
ALSOK 広報部

mail : koho@alsok.co.jp
←戻る