ニュースリリース

ホームセキュリティ等のセットで10年補償
「ALSOK防犯ガラス」を11月19日より販売開始
〜空き巣も諦めるALSOK・CPマーク〜
2007年
11月
16日
 綜合警備保障株式会社(本社:東京都港区、社長:村井温、以下ALSOK)は、CPマーク※の使用を認められた防犯ガラス「ALSOK防犯ガラス」を販売します。
 ※CPマークとは「Crime Prevention」の頭文字CPをシンボル化したもので、 官民合同会議試験に合格した製品に表示される「侵入に5分以上を要する防犯性能の高い建築部品」の共通標章です。

ALSOK・CPマーク       ALSOK・CPマーク
[ALSOK・CPマーク]    

 一戸建、共同住宅を問わず、空き巣の侵入手口として最も多いのが、窓ガラスを破壊してクレセント錠を解錠し侵入する、いわゆる「ガラス破り」といわれる手口です。
 ところが、70%の空き巣が5分で侵入できないと諦めるとのデータ(財団法人 都市防犯研究センター JUSRIレポートより)があり、ALSOK防犯ガラスの設置が、非常に有効な防犯対策となります。

○ 防犯ガラスとは
   2枚のフロートガラスの間に、PVB(ポリビニルブチラール)という強靭な樹脂材料や、ポリカーボネートを挟んだ合わせガラスで、中間層の材質や厚みによって、ガラス破りに対する抵抗力が異なり、通常はPVB60ミル(約1.5ミリ)のタイプでも充分に防犯性能を発揮できますが、それ以上の性能を求める場合にはPVB90ミル(約2.3ミリ)、さらにはポリカーボネートにすることで、より抵抗力が強くなります。

○ ALSOK防犯ガラスの特徴
■ 侵入盗によってALSOK防犯ガラスへ破壊行為があった場合は以下制度によって対応いたします。
 〔欺の割れ替え制度
   ALSOK防犯ガラスが完全破壊に至らなくとも、何度でも無償で交換する制度を準備しました。
◆,見舞金支払い制度
   住居部分においてALSOK防犯ガラスが破られることによって発生した盗難被害に対し、30万円を上限とした
   盗難お見舞金制度を準備しました。
   これらの制度は、ALSOK機械警備契約先には設置から10年間、その他の対象先には5年間有効となります。

■ 東名阪地域では365日24時間、ALSOK防犯ガラス60を即日納入することができます。さらに、割られたガラスが通常のガラスの場合でも、ALSOK防犯ガラス60へ変更して設置することができます。今後、更に対応地域を広げて行く予定です。


○ 商品構成と価格
  単ガラスおよび複層ガラス(ペア)の5種類を準備し、不透明ガラスや網入ガラスの商品ラインナップも揃えています。

商品名 中間層 価格(1屬△燭蝓
ALSOK防犯ガラス60 PVB60ミル(約1.5ミリ) 28,000円〜
ALSOK防犯ガラス90 PVB90ミル(約2.3ミリ) 35,000円〜
ALSOK防犯ガラスSP ポリカーボネート 1.2ミリ 48,000円〜
ALSOK防犯ガラス60ペア PVB60ミル(約1.5ミリ) 53,000円〜
ALSOK防犯ガラスSPペア ポリカーボネート 1.2ミリ 78,000円〜

■ 工事代
   基本料金:14,000円
   工  賃: 9,000円(ガラス1枚あたり)
   (ガラス1枚で1.7屬鯆兇┐訃豺腓砲蓮∧姪喞媛知繕發必要となります。)
   (金額の目安)
  掃き出し窓(900×1800)2枚に、ALSOK防犯ガラス60を導入すると、工事費込みで13万円程度。


○ 販売開始日
  平成19年11月19日(月)
  全国販売(一部離島を除く)

○ 販売目標
  初年度 1億円

○ 商品の問い合わせ先
  フリーダイヤル(365日24時間)
      0120−3864−24(ミハルヨ 24時間)

                                                           以 上

この件に関するお問い合わせは
綜合警備保障株式会社
広報部 廣瀬・雨貝
TEL:03-3478-2310 FAX:03-3470-4367
←戻る