ニュースリリース

ISO9001を取得
2002年
10月
29日


 綜合警備保障株式会社は、品質マネジメントシステムの国際認証規格「ISO9001/2000年版」を取得しました。
 綜合警備保障は、先般(10月25日)東証一部への新規上場を果たしましたが、主力の機械警備では他社より迅速な対応を掲げるなど、特に警備サービスの充実に力を入れており、ISOの取得は、サービス品質の面でも業界の頂点を目指すものであります。また、IR活動を中心とした会社情報の開示にも積極的であり、サービスに関する客観的評価を担保する意味でもISOの取得は有効であると判断したものであります。
 概要は、次のとおりです。


業務の範囲 当社が提供する警備サービスのうち、機械警備業務(契約先に設置されたセンサーからの警報を感知し、現場に警備員が急行するシステム)および常駐警備業務(オフィスビル、銀行、ホテルなどの施設に警備員が常駐するサービス)の設計と提供
適用事業所 ・本社の営業、警備運用両部門
・機械警備を担当する中央支社、城東支社
・常駐警備を担当する東京南支社(東京三菱銀行東京事務センター警備隊、 鹿島建設本社ビル警備隊の2常駐警備隊を含む)
認証機関 社団法人日本能率協会審査登録センター
登録日 平成14年9月27日
登録番号
JMAQA-1424


ISO認証取得の基本的な考え方

  1. ISOの取得は、客観的基準による業務標準化のための、体系化された文書システムと業務改善手順等の導入であり、抜本的で継続的な業務の質の向上や業務遂行における均質性、透明性の確保を図る。
  2. 社内改革による事業の再構築や、警備運用面、営業等のシステムの改善をISO導入と連動させる。
  3. ISOのノウハウを取得し、連結子会社等へ普及することにより、グループ経営の基盤作りに生かしていくとともに、官庁等でISO取得を入札条件とする等の動きに適切に対応する。
  4. 今後のISOへの取組みとしては、警備輸送業務など他の業務、また、都内、大阪、愛知等の大都市圏事業所へと展開を急ぎ、全業務、全事業所への拡大を目指します。

主な経過

 取得した「ISO9001/2000年版」は、顧客本位のサービスマネジメントとクレーム対応の確立が重視されています。これらは、綜合警備保障の経営理念や「『ありがとうの心』を基本におき、お客様へのサービスに最善の努力を尽くす。」という行動規範に合致するものであり、今年1月7日、社長村井温が社内外への「キックオフ宣言」を行い、認証取得に向けた活動がスタートしました。社長を委員長とした「ISO推進委員会」を設立するとともに、本社各部門の代表者により構成される「プロジェクトチーム」を立ち上げ、早期取得を目指し強力に活動を展開し、7月11日、12日の予備審査、9月26日、27日の本審査を経て認証取得に至りました。

この件に関するお問い合わせは
綜合警備保障(株)広報部
mail : alsokinfo@alsok.co.jp
←戻る