お知らせ

『綜合警備ありがとう運動』福祉車両の寄贈について
〜 運動35周年事業として車椅子用車両を23台寄贈 〜
2002年
11月
1日




 綜合警備保障株式会社では、2002年11月27(水)に『綜合警備ありがとう運動』の一環として、福祉車両を国内各地の社会福祉法人等に寄贈します。
                
 『綜合警備ありがとう運動』は、1967年に発足、綜合警備保障の創業者である村井順が提唱した「ありがとうの心」を形にしたものであり、「国家および社会から日々受けている恩恵に感謝し、“生かし生かされるありがとうの心”を理念とし、国の内外を問わず社会に奉仕すること」を目的に、綜合警備保障グループのなかで、目的に賛同する役員、社員等の積立金によって運営されています。

 今年は運動発足35周年にあたり、また企業としても、東京証券取引所市場第一部上場が実現した年でもあることから、社会福祉記念事業として国内各地の23の社会福祉法人等に車椅子用リフト付ワゴン車(23台)を寄贈することとしました。

◆ 贈呈式は以下の通りです。
日 時 平成14年11月27日(水) 15:00〜15:30
場 所 東京都中央区銀座6−17−1 日産自動車 本社ショールーム
出席者 『綜合警備ありがとう運動』事務局長 伊藤治俊、
こざくらデイサービスセンター 御代表者、社会福祉法人 川口市社会福祉事業団 御代表者、コープケアサポートセンター 御代表者、社会福祉法人 みなと舎ゆう 御代表者、東京都中野区社会福祉協議会 御代表者

◆今回の寄贈先は、こちらからご覧ください。

◆ 『綜合警備ありがとう運動』のこれまでの主な寄付・寄贈先は次の通りです。

区分 内容等
高齢者・身体障害者福祉 (財)日本盲導犬協会(盲導犬の育成)
社会福祉施設(リフト付ワゴン車寄贈)
身体障害者作成のオペラグラス寄贈(国民体育大会)
難病・医療 骨髄移植財団(骨髄バンク事業)
救急振興財団(救急救命士の養成)
日本赤十字社
難民救済支援 国連難民高等弁務官事務所(世界各地の難民援助)
スポーツ振興 ブルガリア国際柔道大会
ペルー国へ柔道用畳寄贈支援
災害援助 阪神・淡路大震災
雲仙・普賢岳災害
トルコ大地震
台湾大地震
地球環境保全 地球環境基金
この件に関するお問い合わせは
綜合警備保障(株)広報部
mail : alsokinfo@alsok.co.jp
←戻る