お知らせ

「緊急地震速報」を受信するマンション向け警備システム販売開始
2008年
5月
16日
 ALSOK 綜合警備保障株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:村井 温、以下 ALSOK)は、マンション等における警備システムに、気象庁が配信する「緊急地震速報」を受信して知らせるサービスを加えた新システムを、マンションデベロッパー、マンション管理会社等向けに5月21日から販売開始いたします。防犯だけでなく地震発生時の減災や住民の安全対策の一環として、警備会社が運用する安心サービスです。

■ 概要
 全国の分譲マンション戸数は約565万戸、そのうち過半数は何らかの警備対策を施していると言われています。
 ALSOKのマンション向け警備システム「マンションタクルス供。咼織ぅ廖廚蓮▲曄璽爛札ュリティ、インターホンシステム、自動火災報知設備がトータルパッケージされた商品です。
 このシステムに、気象庁が発表する「緊急地震速報」をNTTコミュニケーション蠅提供する「緊急地震速報配信サービス」により受信し、各住居に設置するインターホン親機に配信することで、住民に揺れる前に地震発生を知らせることができます。
 また、オプションで、マンション建設地の地盤を調査して精度の高い震度予測をしたり、地盤調査結果と周辺状況を診断して防災マップ用コンテンツの作成を行います。
最新マンションの設備に防犯、防災の警備システムは標準設備となっています。警備会社が運用する警備システムがより充実することで「安全管理対策が万全な、住民が安心して暮らせるマンション」として付加価値の高いマンションが誕生します。

■ システムの特長



(1)ALSOKのマンション向け警備システムに、気象庁が発表する「緊急地震速報」を表示するインターホンを採用することで、揺れが起こる前に住民に地震情報を知らせることができます。

(2)地震情報を受信する方法として、遅延が少なく低コストで確実な配信が可能となるNTTコミュニケーションズ蠶鷆,痢峩杁淬録滅杰サービス」を利用します。

(3)放送設備やエレベーター設備等を制御することが可能です。

(4)オプションサービスが充実し、他のマンションと差別化を図ることができます。
  ア 導入マンションが立地する地盤情報を調査する「地盤増幅率算出サービス」を利用することにより、その地点でより適正な震度を予測することが出来ます。
  イ 周辺環境や地質情報を考慮した防災マップ用コンテンツの作成を行います。これは、「防災行動マニュアル」、消防法に基づく「消防計画」および共用部に貼り出す避難場所や避難経路を示す「案内板」等を作成する際に役立ちます。
  * 調査は、豊富なノウハウを持つ地質調査業界トップ「応用地質グループ」が担当します。

(5)マンション設備に必須の警備システムに、地震災害対策の一環とした新機能を持たせることで、住民の安全管理対策が充実したマンションとして差別化を図ることができます。

■ 機器概要
(1)「マンションタクルス供。咼織ぅ廖廖複腺味咤錬棒宗
  ア 「マンションタクルス供Sタイプ」は、タッチパネル付き3.5インチカラー液晶モニターを採用した、遠隔監視・緊急対処機能を備えた集合住宅用のセキュリティシステムです。3種類の警備モードをもち、火災・非常・ガス等の警報を、制御装置を介してガードセンターに送信します。防犯・防災からコミュニケーションまでを総合的に管理でき、また、集合住宅用の自動火災報知設備としての機能も装備しています。
 イ 地震発生前に配信される「緊急地震速報」を受信すると、マンションの住人に自社製インターホンの住戸親機に映像表示と、音声(震度レベルに応じて大きさが3段階)による地震情報を伝えます。また、地震情報に誤りがあれば誤情報であることを同様に伝えます。





(2)「緊急地震速報制御盤 MSS-JS」(日本インターフォーン株式会社製)
 緊急地震速報受信機が地震情報を受信すると、各住戸に地震情報の送信と、一斉放送により警報音(音声)を出力します。内部スイッチの設定により、震度別送信内容の設定、警報音出力時間(60秒から150秒の間、10秒単位)の設定が可能です。また、夜間動作モード機能では、設定した時間内での、情報を送信する震度および警報音量の設定ができます。

(3)「緊急地震速報受信機 KB−2000T」(白山工業株式会社製)
 IPv6網を経由して配信された緊急地震速報を「緊急地震速報受信機 KB-2000T」で受信し、受信した情報の内容および受信機の設定に応じて(例:震度5弱以上の地震の場合、出力ON)接点による出力(8出力)を行い、各種設備(インターホン設備、エレベーター、放送設備、システム機器)を制御します。
 オプションの「地盤増幅率算出サービス」を付加する場合は、「緊急地震速報受信機 KB-2000T」にパラメーターとして設定することにより、より正確な震度が予測できます。

■ 販売対象先
 主な販売対象先として、マンションデベロッパー、管理会社および管理組合様向けに販売を展開いたします。

■ 費用(税込)
(1)システム一式導入
 マンション戸数50戸で約1,800万円(工事費込み)

(2) オプション
  ア 地盤増幅率算出サービス
    105,000円/1棟
  イ 防災マップ用コンテンツ作成サービス
    682,500円/1棟

(3)その他
  ア 毎月、NTTのBフレッツ費用、NTTコミュニケーションズの緊急地震速報配信サービス費用が発生します。
  イ 保守点検は21,000円〜52,500円 / 回で実施します。
以 上



本サービスに関するお問い合わせ
法人営業第二部
電話:03−3470−5492
この件に関するお問い合わせは
綜合警備保障(株)広報部

mail : alsokinfo@alsok.co.jp
←戻る