お知らせ

北京オリンピックALSOK選手報告会
〜北京オリンピック出場選手が、大阪で結果報告〜
2008年
9月
19日

メダリスト、ご声援にあらためて感謝!

 北京オリンピックに出場して、見事メダルを獲得した5名(レスリング:松永共広、伊調千春、伊調馨、吉田沙保里、柔道:塚田真希)が9月19日(金)午後3時過ぎ、大阪市庁舎を訪問しました。
 エントランスホールでは歓迎セレモニーが行われ、地元の幼稚園児と小学生200人の出迎えを受けた5人は、手作りレイと花束を手渡され、子どもたちと記念写真を撮ったり、メダルに触れてもらうなど楽しいふれあいの時間を過ごしました。子どもたちの満面の笑みに触れ、選手達は一様に「応援していただいたことのありがたさと、メダル獲得の偉業を改めて実感しました。」と感想を述べていました。
 また、平松邦夫大阪市長にメダル獲得の報告をすると、市長から選手達にスポーツ振興の委嘱が、また、同行したALSOK市川顕西日本事業本部長には感謝状が贈られました。


 

 

新たな決意を胸に、報告会は大盛況

 ALSOK所属の北京オリンピック出場選手7名(松永共広、伊調千春、伊調馨、吉田沙保里、塚田真希のメダリスト5名と、中澤さえ、笹本睦の2名)による報告会を、9月19日(金)18:30から、ホテルニューオータニ大阪で開催しました。報告会では、招待者約600名の前に7名のオリンピック選手達が勢揃いし、ALSOK代表取締役社長 村井温の御礼の挨拶に続き、松下電器産業株式会社 代表取締役社長 大坪文雄様のご挨拶、関西経済連合会 副会長 森下俊三様の乾杯のご発声により開宴し、終始賑やかに行われました。
 報告会に先立って行われた記者会見で、今後の進退に注目が集まっていた伊調千春選手は「ロンドンを目指して頑張ります。」と現役続行を表明、妹の伊調馨選手も歩調を合わせるようにロンドンを次の目標とすることを表明しました。吉田選手に続き伊調選手も姉妹でがロンドンオリンピック出場を目標にしたことで、また4年後にもALSOK所属選手による旋風が再び巻き起こることでしょう。是非ご期待下さい。

 

■北京オリンピック出場選手
写真左から
レスリング 男子グレコローマン60kg級 笹本 睦
レスリング 男子フリースタイル55kg級 松永 共広 (北京五輪 銀メダリスト)
レスリング 女子55kg級 吉田 沙保里 (北京五輪 金メダリスト)
レスリング 女子48kg級 伊調 千春 (北京五輪 銀メダリスト)
レスリング 女子63kg級 伊調 馨 (北京五輪 金メダリスト)
柔道 女子78kg超級 塚田 真希 (北京五輪 銀メダリスト)
柔道 女子78kg級 中澤 さえ

 

  

            ALSOK 村井温社長

         

松下電器産業株式会社 代表取締役社長             関西経済連合会 副会長 

     大坪文雄様によるご挨拶                森下俊三様による乾杯のご発声    

報告会では選手と握手をしたり、記念撮影をしたりと、出席された方には喜んで頂きました。

 

この件に関するお問い合わせは
綜合警備保障(株)広報部

mail : alsokinfo@alsok.co.jp

←戻る