お知らせ

全国初!警備ロボットがエレベータ使いフロアを移動
2008年
7月
4日

 綜合警備保障株式会社(本社:東京都港区、社長:村井温、以下ALSOK)は、全国で初めて、エレベータを利用して階層間を移動する警備ロボット(以下、ロボット)の運用を7月1日より本格稼動いたしました。

 運用を開始した場所は、清掃用レンタル大手、株式会社ダスキン(本社:大阪府吹田市、社長:伊東英幸、以下ダスキン)の本社ビル内です。

 今回導入のロボットは、ALSOKの開発した、常駐警備員と連携して働く『リボーグQ』です。
 ダスキンでは既に、ALSOKの常駐警備員と『リボーグQ』を導入していましたが、今回の階層間移動機能によりロボットの巡回範囲が飛躍的に広がり、頻繁な館内の点検や残務者の確認が警備員で実施した場合よりも低コストで実現可能となりました。これにより、個人情報保護と警備水準の更なる向上が期待できます。

◆ ロボットの運用概要
ロボットとエレベータの制御装置の間で通信を行い、エレベータのカゴを呼び出す方式
を採用しています。人がエレベータを使用していても、無人になるのを待ってからロボットモードに切り替わり運用いたします。

以 上

 

この件に関するお問い合わせは
綜合警備保障(株)広報部

mail : alsokinfo@alsok.co.jp

←戻る