ニュースリリース

電子認証サービス参入について
2001年
5月
1日


 綜合警備保障株式会社はこの度、日本ボルチモアテクノロジーズ株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:春日原 森 以下日本ボルチモア) の電子認証構築システムを採用して、自社認証局を構築し、第三者認証局業務に参入することを発表いたします。

 第三者認証局業務とは、電子商取引(EC)においてネット上で取引する相手の企業や個人の存在、確認をし、電子証明書を発行する電子認証サービスを 中立的な第三者機関が行うことです。
 綜合警備保障は自社内に認証局(Certification Authority :略CA)を構築し、eビジネスにおけるにおける安全な電子商取引(EC)をサポートしていきます。
 また、今回の第三者認証局を構築するにあたり綜合警備保障が採用した日本ボルチモアの電子認証構築システムは、電子証明書の発行や管理をおこなう製品で 企業のニーズに合わせて認証局を構築することが可能であり、拡張性に優れていることからシステムの将来性も保証いたします。

 綜合警備保障は警備システムの販売とともに「安心」という無形のサービスを提供してまいりましたが、警備システムで培った信頼やノウハウを活かし、 認証局業務を新しいサービスのラインナップとして提供することになりました。
 また、先般施行された「電子署名及び認証業務に関する法律」により、市場が成熟してきた今、認証局業務に参入することになりました。 サーバーの証明書発行、クライアント向け証明書等、個人認証業務の可能性を提案してまいります。

※電子証明書・・・認証局(CA)と呼ばれる信頼のおける第三機関によって発行される、電子身分証明書のようなもので、利用者の身元を第三者に対して保証するものです。
この件に関するお問い合わせは
綜合警備保障(株)広報部
mail : alsokinfo@alsok.co.jp
←戻る