ニュースリリース

柔道女子78kg級中澤さえ選手引退のご報告
2009年
11月
25日

 綜合警備保障株式会社(以下ALSOK)に所属しております、柔道女子78kg級中澤さえ選手は、本人の申し出により、この度、現役を引退し、12月31日付をもちまして当社を退職することになりました。

 中澤さえ選手より、引退のコメントが届いておりますのでご参照ください。

 

 

■中澤さえコメント

 この度、私、中澤さえは柔道競技人生を引退することを決めました。つきましては、所属するALSOK綜合警備保障も退職いたします。

 昨年の北京オリンピックの直前に右膝に怪我をおい、それがきっかけとなり、徐々に成績も振るわなくなってしまいました。なんとか自分なりに軌道修正しようと試みましたが、今年のロッテルダムの世界選手権においても一回戦敗退という結果に終わり、心身ともに限界を感じ、引退を決意しました。

 2005年から日本代表として、三度の世界選手権、そして北京オリンピックに出場させていただき、充実した競技人生を過ごすことが出来ました。

 今の自分があるのは支えて下さった方々、応援して下さった方々のお陰です。本当に感謝の気持ちで一杯です。ありがとうございました。

 今後は現在在学中の淑徳大学大学院卒業を目標とし、来年の春からは海外への語学留学も視野にいれて頑張っていきたいと思っております。

 

 これからの新しい人生も、今までの柔道人生以上に輝けるように精一杯がんばりたいと思っています。今まで支えてくださった多くの皆様、本当にありがとうございました。

以 上

この件に関するお問い合わせは
綜合警備保障(株)広報部

mail : alsokinfo@alsok.co.jp
←戻る