ニュースリリース

昨年度に引き続き早稲田大学商学部で寄附講座を開講
〜ALSOKの社長や危機管理のプロなどが語る新時代のセキュリティビジネス〜
2012年
4月
16日

  ALSOK(本社:東京都港区、社長:青山 幸恭)は、学校法人早稲田大学(本部:東京都新宿区、総長:鎌田 薫)において、CSR活動の一環として、昨年度に引き続き、平成24(2012)年度の前期半年間、寄附講座を開講することになりました。


  本講座では、当社の社長をはじめ、各分野の危機管理を専門とする講師を招き、「新時代のセキュリティビジネス」をテーマとした講義を展開いたします。
  講義では、犯罪を取り巻く現状について理論的に整理したうえで、ビジネスとして確立したセキュリティ産業を考察します。さらに、さまざまな分野で求められる安心・安全な社会の実現に対する取り組みやこれを支える最新の技術研究など、新しい時代において必要となるセキュリティについて多角的な視点から捉え、新たなセキュリティビジネスを紹介していきます。


  学術分野への露出度を高めて社会的な役割と重要性を紹介することで、セキュリティ産業のさらなる地位と認知度の向上に努めてまいります。



【平成24(2012)年度 寄附講座の概要】


  1 講座名
      「新時代のセキュリティビジネス」〜安心・安全な社会の実現を目指して〜


  2 第1回講義実施日

      平成24(2012)年4月17日(火)13:00〜14:00


  3 第1回講義内容

      「警備会社とセキュリティビジネス」
      綜合警備保障株式会社 代表取締役社長 青山 幸恭(元東京大学客員教授)


  4 講座開設学部
      早稲田大学 商学部


  5 担当教授
      早稲田大学 商学学術院 伊藤 嘉博教授


  6 今後の講義内容
      「感染症を通じて学ぶ国際社会と日本の関係」「わが国の治安情勢と犯罪に強い社会実現のための行動計画」「原発事故と食品安全」「国際金融市場と金融不安」「情報セキュリティ論」など。


昨年度の講義の様子 昨年度の講義の様子

以 上

この件に関するお問い合わせは
ALSOK 広報部

mail : alsokinfo@alsok.co.jp
←戻る