ニュースリリース

売上金のみならず、小口や釣銭出金までも可能に
「入出金機オンラインシステム」の開発について
2014年
3月
7日

  ALSOK(本社:東京都港区、社長:青山 幸恭)は、従来の機器サービスに釣り銭の出金や両替機能を追加した「入出金機オンラインシステム」を開発いたしました。


  今回開発した「入出金機」は、店舗の売上金を投入すると、投入データがALSOKに送信され、最速で翌銀行営業日に指定口座へ投入金額を振り込みする従来の「入金機オンラインシステム」に、店舗運営に必要不可欠な釣り銭の出金や両替機能を追加いたしました。さらに、小口現金、釣り銭準備金なども同時に管理することが可能となるなど、従来の「入金機」では管理できなかった機能を搭載しております。
  本機により、釣り銭の保管・管理を人の手を介さずに「入出金機」で行えるため、これまで現金管理に掛けていた労力の軽減や店舗運営のさらなる効率化が期待できます。

  なお、本機は一部のお客様に先行販売を行い、将来的にはチェーン展開しているスーパーマーケットや商業施設、小売店舗などの需要を見込んで、一般発売する予定です。


入出金機オンラインシステム

「入出金機オンラインシステム」外観

以 上

この件に関するお問い合わせは
ALSOK 広報部

mail : koho@alsok.co.jp
←戻る