HOME > 会社情報 > R&D研究開発 > 研究成果 > 危機管理産業展(RISCON TOKYO)2015

R&D研究開発

R&D研究開発




トピックス概要
 平成27年10月14日(水)〜16日(金)の3日間、東京ビッグサイトにて開催された
 「危機管理産業展(RISCON TOKYO)2015」にALSOKが出展いたしました。

 開催期間中、ALSOKはリスク管理テーマゾーンにブースを出展。
 ICTを駆使した警備員「ALSOKハイパーセキュリティガード®」によるウェアラブルカメラを
 活用したなりすましの検知や、最新警備ロボット「Reborg-X(リボーグエックス)」
 ・飛行体ロボット(ドローン)と連携した要注意人物の検知などを例に、
 新たな都市空間のセキュリティをご提案いたしました。

 【危機管理産業展(RISCON TOKYO)2015】
 日時:2015年10月14日(水)〜16日(金)
 会場:東京ビッグサイト

 また、10月16日(金)に、「ICTを活用した監視システムの可能性と課題」と題して
 危機管理セミナーが開催され、ICTを活用した防犯ネットワークの構築や有効性、
 またそれに伴う課題についてALSOK開発企画部ソリューション室の干場室長が
 パネリストとして登壇し、解説しました。

 詳細は、下記HPをご覧下さい。
 【「危機管理産業展(RISCON TOKYO)2015」への出展について/ALSOKニュースリリース】
 http://www.alsok.co.jp/company/news/news_details.htm?alpc_news.news_detail[id]=2851

 【危機管理産業展2015】
 http://www.kikikanri.biz/


写真














ALSOKの研究成果トピックス一覧へ戻る




業務紹介

商品紹介

採用情報