ホームセキュリティに関するお問い合わせ 年中無休・24時間受付 0120-39-2413(サンキュー ツヨイミカタ)

HOME > 会社情報 > R&D研究開発 > 新たなセキュリティの創造 > 警備ロボット「リボーグQ」

新しい常駐警備「リボーグQ」

ガードロボD1 ガードロボC4 ガードロボi

ガードロボはALSOKが開発した警備ロボットです。1982年に研究開発に着手、これまでに様々なガードロボシリーズを開発し進化させ続けてきました。2002年、長年の研究が実を結び「ガードロボ C4型」を実用化し販売を開始しました。この「ガードロボ C4型」は既に社会のなかで稼動しており、お客様から高い評価をいただいています。
2005年には警備機能を強化し、ALSOKの常駐警備員と連携して働く「ガードロボ D1型」を開発、そして2006年、「リボーグQ」という常駐警備システムを発表しました。リボーグQは警備員と新型ロボットを融合した新しい常駐警備システムです。
製品紹介ページはこちら
リボーグQの研究開発 リボーグQの特徴・機能
開発の歩み 導入を検討されるお客様へ
導入事例
このページの先頭へ