コンプライアンス

コンプライアンスの徹底

コンプライアンスの重視

 当社は、警備業法のもとで警備業を行っており、コンプライアンスを重視しています。コンプライアンス担当役員を委員長とするコンプライアンス委員会を組織し、2002年に制定したコンプライアンス規程に基づき、役員および社員に対するコンプライアンス意識の周知徹底に努め、定期的に業務活動状況などのチェックを行っています。

グループ全体のコンプライアンス推進

 ALSOKグループでは、グループ全体でコンプライアンス運動を展開し、原則として同一のテーマを設定して推進しています。年間のテーマをもとに各担当部署と連携し、コンプライアンス意識の醸成と浸透に努めています。
 2015年3月期は、それぞれ2カ月間を強化運動期間として、「消費税転嫁対策特別措置法等の遵守」「道路交通法等遵守の徹底」「過重労働およびサービス残業の防止に向けた労務管理の徹底」「インサイダー取引防止の徹底」「適切な情報システムの取扱による情報漏えい防止の徹底」「法定備付書類の整備等、警備業法遵守の徹底」という6つのテーマで意識の醸成と浸透を図る取り組みを行い、当社のみでなく、グループ会社に対しても2カ月ごとに各テーマの実施状況と結果報告を求めています。

内部通報制度の整備

「ALSOKホットライン」の設置と拡大

 当社は、「ALSOKホットライン」を、ハラスメント・会社内不正行為の通報、相談の窓口として2004年4月に設置しました。内部通報規程も整備し、社員などが会社に関わる違法行為、不正行為および反倫理的行為に遭遇した際、不利益な扱いを受けることなく内部通報が可能で、万一該当する行為があった場合には直ちに必要な措置をとる体制を構築しています。
 「ALSOKホットライン」の特長は、…綿鷦圓諒欷遏↓不利益な取り扱いの禁止、F震渉綿鵑任后このルールが当社の通報制度の根本となっています。当社では、コンプライアンスをグループ全体で取り組むべき重要なテーマと考え、「ALSOKホットライン」の範囲をグループ会社にも拡大しており、2015年3月末現在、当社およびグループ会社48社に拡大しています。

親しみやすいイラストを使用

親しみやすいイラストを使用

社員に配布している冊子

社員に配布している冊子

反社会的勢力への対応に関する研修会の開催

ALSOKグループは、人の生命、身体、財産を守る安全産業である警備業を担う者としての自覚と誇りを持ち、適正な業務の提供に努めています。また治安対策に貢献し、企業としての社会的責任を果すべく、暴力団や詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団または個人の排除に取り組んでいます。
 新潟綜合警備保障(株)では、反社会的勢力との関係遮断のため、新潟県暴力追放運動推進センターの専務理事を講師に招き「暴力団等反社会的勢力の実態と今時の考え方について」の研修を、所属長を中心に受講しました。研修では、同センター職員による「暴力団と判明した時の契約の解除」をテーマとしたロールプレイングを行うなど、反社会的勢力への対応力強化を図りました。

新潟綜合警備保障(株)の研修の様子

新潟綜合警備保障(株)の研修の様子