ALSOKのスポーツ活動/レスリング

2017年の大会結果 | 2016年の大会結果 | 2015年の大会結果 | 2014年の大会結果 | 2013年の大会結果 
2012年の大会結果 | 2011年の大会結果 | 2010年の大会結果 | 2009年の大会結果 | 2008年の大会結果 
2007年の大会結果 | 2006年の大会結果 | 2005年の大会結果 | 2004年の大会結果 |

主要大会

2017年
大会名 場所
5月 10日〜14日 アジアレスリング選手権大会 インド・ニューデリー
6月 16日〜18日 明治杯全日本選抜レスリング選手権大会 東京都・代々木競技場第2体育館
7月 1日〜2日 全日本社会人レスリング選手権大会 埼玉県・和光市
8月 21日〜26日 2017世界レスリング選手権大会 フランス・パリ
12月 21日〜23日 天皇杯全日本レスリング選手権大会 東京都・代々木競技場第2体育館

レスリングの試合予定については日本レスリング協会ウエブサイトにも掲載されています。

大会結果

2017.06.16〜2017.06.18 明治杯−全日本選抜レスリング選手権大会
平成29年6月16日(金)から18日(日)の3日間に亘り、国立代々木競技場に於いて天皇杯−平成29年度明治杯全日本選抜レスリング選手権大会が開催されました。 当社からは6名の選手が出場し、高橋 侑希 フリースタイル57kg級、高谷 惣亮 フリースタイル74kg級、屋比久 翔平 グレコローマンスタイル75kg級、園田  新 グレコローマンスタイル130kg級 、坂上 嘉津季 女子フリースタイル58kg級が優勝、太田 忍 グレコローマンスタイル59 kg級が準優勝となりました。
2016.12.21〜2016.12.23 平成28年度 天皇杯全日本レスリング選手権大会
平成28年12月21日(水)から23日(金・祝)の3日間に亘り、国立代々木競技場に於いて天皇杯−平成28年度全日本レスリング選手権大会が開催されました。 当社からは5名の選手が出場し、高橋 侑希 フリースタイル57kg級、高谷 惣亮 フリースタイル74kg級、松本 篤史 グレコローマンスタイル85kg級、、坂上 嘉津季 女子フリースタイル63kg級が優勝、太田 忍 グレコローマンスタイル59kg級が準優勝となりました。
2016.08.19 第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ) レスリング競技 男子74kg級
ブラジル・リオデジャネイロで開催されたオリンピック競技大会レスリング競技、 8月19日(日)の男子フリースタイル74kg級に高谷 惣亮選手が出場し、準々決勝で敗退7位入賞となりました。
2016.08.17 第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ) レスリング競技 女子58kg級
ブラジル・リオデジャネイロで開催されたオリンピック競技大会レスリング競技、 8月17日(水)の女子58kg級に伊調 馨選手が出場し、優勝により金メダルを獲得!オリンピック4連覇を達成いたしました。
2016.08.14 第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ) レスリング競技 男子グレコローマンスタイル59kg級
ブラジル・リオデジャネイロで開催されたオリンピック競技大会レスリング競技、 8月14日(日)の男子グレコローマンスタイル59kg級に太田 忍選手が出場し、準優勝により、銀メダルを獲得しました。
2016.05.27〜2016.05.29 明治杯−全日本選抜レスリング選手権大会
平成28年5月27日(金)〜5月29日(日)の2日間に亘り国立代々木競技場第2体育館(東京都渋谷区)に於いて、「明治杯−平成28年度全日本選抜レスリング選手権大会」が開催されました。当社からは4名の選手が出場し、フリースタイル86kg級 松本 篤史が優勝、フリースタイル57kg級高橋 侑希選手、 グレコローマンスタイル75kg級金久保武大選手が準優勝となりました。
2016.03.18 リオデジャネイロオリンピックアジア予選
カザフスタン・アスタナに於いてレスリング・リオデジャネイロオリンピックアジア予選が開催され、ALSOKから男子フリースタイル74kg級 高谷 惣亮選手、男子グレコローマン59kg級太田 忍選手が出場しました。準優勝の成績を収めました。
2015.12.21〜2015.12.23 平成27年度 天皇杯全日本レスリング選手権大会
平成27年12月21日(月)から23日(水・祝)の3日間に亘り、国立代々木競技場に於いて天皇杯−平成27年度全日本レスリング選手権大会が開催されました。 当社からは6名の選手が出場し、高谷 惣亮(教育・訓練部)フリースタイル74kg級、、伊調 馨(教育・訓練部)女子フリースタイル58kg級、吉田 沙保里(教育・訓練部)女子フリースタイル55kg級が優勝しました。
2015.09.07〜2015.09.12 レスリング世界選手権 米国・ラスベガス
米国・ラスベガスに於いて、2015年レスリング世界選手権大会が開催され、男子フリースタイル86kg級、松本 篤史、男子フリースタイル74kg級、高谷 惣亮、男子グレコローマンスタイル75kg級、金久保 武大、女子フリースタイル58kg級、伊調 馨、女子フリースタイル53kg級、吉田 沙保里が出場しました。 女子フリースタイル58kg級伊調 馨、53kg級、吉田 沙保里がそれぞれ金メダルを見事獲得、伊調選手は同大会10回優勝、吉田選手は同大会13連覇・オリンピックを含む世界大会通算16連覇となりました。 
2015.06.19〜2015.06.19 明治杯−全日本選抜レスリング選手権大会
平成27年6月19日(金)〜6月21日(日)の2日間に亘り国立代々木競技場第2体育館(東京都渋谷区)に於いて、「明治杯−平成27年度全日本選抜レスリング選手権大会」が開催されました。当社からは7名の選手が出場し、フリースタイル86kg級 松本 篤史、フリースタイル74kg級 高谷 惣亮、グレコローマンスタイル75kg級 金久保 武大、女子フリースタイル58kg級 伊調 馨、女子フリースタイル53kg級 吉田 沙保里が優勝しました。
2015.12.21〜2015.12.23 平成27年度 天皇杯全日本レスリング選手権大会
平成27年12月21日(月)から23日(水・祝)の3日間に亘り、国立代々木競技場に於いて天皇杯−平成27年度全日本レスリング選手権大会が開催されました。 当社からは6名の選手が出場し、高谷 惣亮(教育・訓練部)フリースタイル74kg級、、伊調 馨(教育・訓練部)女子フリースタイル58kg級、吉田 沙保里(教育・訓練部)女子フリースタイル55kg級が優勝しました。
2015.09.07〜2015.09.12 レスリング世界選手権 米国・ラスベガス
米国・ラスベガスに於いて、2015年レスリング世界選手権大会が開催され、男子フリースタイル86kg級、松本 篤史、男子フリースタイル74kg級、高谷 惣亮、男子グレコローマンスタイル75kg級、金久保 武大、女子フリースタイル58kg級、伊調 馨、女子フリースタイル53kg級、吉田 沙保里が出場しました。 女子フリースタイル58kg級伊調 馨、53kg級、吉田 沙保里がそれぞれ金メダルを見事獲得、伊調選手は同大会10回優勝、吉田選手は同大会13連覇・オリンピックを含む世界大会通算16連覇となりました。 
2015.06.19〜2015.06.19 明治杯−全日本選抜レスリング選手権大会
平成27年6月19日(金)〜6月21日(日)の2日間に亘り国立代々木競技場第2体育館(東京都渋谷区)に於いて、「明治杯−平成27年度全日本選抜レスリング選手権大会」が開催されました。当社からは7名の選手が出場し、フリースタイル86kg級 松本 篤史、フリースタイル74kg級 高谷 惣亮、グレコローマンスタイル75kg級 金久保 武大、女子フリースタイル58kg級 伊調 馨、女子フリースタイル53kg級 吉田 沙保里が優勝しました。
2013.12.21〜2013.12.23 平成25年度 天皇杯全日本レスリング選手権大会
東京都・代々木第2体育館において開催された平成25年度天皇杯全日本レスリング選手権大会に、ALSOKから8選手が出場しました。高谷惣亮選手(男子フリースタイル74kg級)松本篤史選手(男子フリースタイル84kg級)音泉 秀幸(グレコローマンスタイル66kg級)吉田 沙保里(女子55kg級) 伊調 馨(女子59kg級 )が優勝、金久保武大選手(男子グレコローマンスタイル74kg級)が第3位の成績を収めました。なお、最優秀選手に授与される天皇杯は伊調馨選手が初受賞しました。 伊調馨選手は、本大会には階級を下げて挑みましたが見事に優勝し、天皇杯を手にしました。
2013.06.15〜2013.06.16 明治杯・平成25年度全日本選抜選手大会
本大会は世界選手権大会(ハンガリー)の選考会を兼ており、高谷惣亮(男子フリースタイル74kg級)が優勝し代表決定。、金久保武大(グレコローマンスタイル74kg級)も優勝し更にプレイオフを勝ち取り代表に決定。 女子については吉田沙保里(女子55kg級)、伊調馨(63kg級)の両名が優勝しました。
2012.12.21〜2012.12.23 平成24年度天皇杯全日本レスリング選手権大会
東京都・代々木第2体育館において開催された平成24年度天皇杯全日本レスリング選手権大会に、ALSOKから5選手が出場しました。高谷惣亮選手(男子フリースタイル74kg級)が優勝、尾形翼選手(男子グレコローマンスタイル55kg級)、松本篤史選手(男子フリースタイル84kg級)が準優勝、有薗拓真選手(男子グレコローマンスタイル96kg級)、金久保武大選手(男子グレコローマンスタイル74kg級)が第3位の成績を収めました。 なお、高谷選手は最優秀選手に与えられる天皇杯を受賞しました。
2012.09.30〜2012.10.03 第67回国民体育大会・ぎふ清流国体
岐阜県・中津川市において開催された第67回国民体育大会・ぎふ清流国体のレスリング競技に出場した金久保武大選手(成年男子グレコローマンスタイル74垉蕁法⊂硝榮道冒手(成年男子フリースタイル84垉蕁法高谷惣亮選手(成年男子フリースタイル74垉蕁砲3名が、各階級において見事優勝しました。
2012.09.28 2012レスリング女子世界選手権大会
カナダ・ストラスコナカウンティーで行なわれたレスリング女子世界選手権大会に吉田沙保里選手が出場し、4試合全てフォール勝ちという内容で、見事優勝しました。これによって吉田選手は五輪と世界選手権合わせて13連覇という記録を達成し、「霊長類最強の男」と呼ばれたロシアのアレクサンドル・カレリンの持っていた世界大会連覇記録を塗りかえました。
2012.08.08〜2012.08.11 ロンドンオリンピック
ロンドンで開催されたオリンピックレスリング競技、 8月8日(水)の女子フリースタイル63kg級に伊調馨選手が出場し、見事金メダルを獲得しました。

翌8月9日(木)には、女子フリースタイル55kg級に吉田沙保里選手が出場し、全試合でポイントを取られることなく勝利。同じく金メダルを獲得しました。

吉田選手・伊調選手は、ともにアテネ・北京に続く3連覇達成の偉業を成し遂げました!

ALSOK本社で実施したライブの応援会には、青山社長を筆頭に、深夜にもかかわらず大勢の社員が集まり、熱い声援を送りました。

また、8月10日に行われた、男子フリースタイル74kg級に出場した高谷惣亮選手は、初戦でアシュラフ・アリエフ(アゼルバイジャン)と対戦し、0-2で敗退。

8月11日の男子フリースタイル60kg級に出場した湯元健一選手は、初戦の2回戦でボネ(キューバ)を2-0でくだしましたが、3回戦でアスガロフ(アゼルバイジャン)に0-2で敗れました。
その後、アスガロフが決勝に進んだため、銅メダルをかけて敗者復活戦に回りましたが、スコット(アメリカ)に第3ピリオド残り30秒でタックルされ、無念の5位という結果になりました。

たくさんのご声援ありがとうございました。
2012.06.16〜2012.06.17 明治杯 平成24年度全日本選抜レスリング選手権大会
東京都・代々木第二体育館において開催された同大会に、尾形翼選手(男子グレコローマンスタイル55kg級)が出場し、見事優勝しました。尾形選手は男子グレコローマンスタイルの優秀選手賞も受賞しました。
2012.04.07 ロンドン五輪最終選考プレーオフ
レスリング男子フリースタイル60垉蕕離蹈鵐疋鷂淮愨緝修魴茲瓩觝能選考プレーオフが4月7日、駒沢体育館で行われ、湯元健一選手が北京五輪に続いての代表で出場することになりました。 湯元選手は日本レスリング界で初めて、双子での代表入りを果たしました。
2012.03.30 ロンドン五輪アジア予選第2ステージ
カザフスタン・アスタナで行われた同大会に、ALSOKから松本篤史選手(男子フリースタイル84kg級)と高谷惣亮選手(男子フリースタイル74kg級※2012年4月ALSOK入社)が出場し、松本選手は第3位、高谷選手は準優勝の成績を収めました。 高谷選手は日本レスリング協会の定めた規定により、ロンドン五輪の日本代表に内定しました。松本選手は五輪出場資格をかけ、次回のトライアル大会に挑みます。
2012.01.28 2012年ヤリギン国際大会
ロシア・クラスノヤルスクで行われた同大会に、伊調馨選手(女子63kg級)が出場し、2年連続で金メダルを獲得いたしました。
2011.12.21〜2011.12.23 平成23年度天皇杯全日本レスリング選手権大会
東京・代々木第2体育館で行われた同大会に、ALSOK所属の8選手が出場し、松本選手・吉田選手・伊調選手が優勝、尾形選手・松永選手が第3位の成績を収めました。 吉田選手は10年連続10度目、伊調選手は3年連続9度目の優勝となります。 なお、吉田選手・伊調選手は、2012年に行われるロンドン五輪の日本代表に内定しました。
2011.09.17 2011レスリング世界選手権トルコ大会
同大会の6日目に、湯元健一選手(男子フリースタイル)が出場し、見事銅メダルを獲得しました。2011年末に行われる全日本選手権で優勝すれば、2大会連続の五輪代表に内定することになります。
2011.09.15 2011レスリング世界選手権トルコ大会
トルコ・イスタンブールで開催されている同大会の4日目に、吉田沙保里選手(女子55kg級)と伊調馨選手(女子63kg級)の2名が出場し、両名ともに優勝いたしました。 吉田選手はロシアのアレクサンドル・カレリン選手に並ぶ同大会9連覇を達成。伊調選手は通算7度目の優勝となります。
2011.05.21 アジア選手権大会
ウズベキスタン・タシュケントにおいて行われたアジア選手権大会の女子63kg級に伊調馨選手が出場し、相手に1ポイントも与えない内容で、見事金メダルを獲得しました。
2011.04.29〜2011.04.30 明治杯 平成23年度全日本選抜レスリング選手権大会
東京都・代々木第二体育館において、平成23年度全日本選抜レスリング選手権大会が開催されました。 湯元健一選手(男子フリースタイル60kg級)、金久保武大選手(男子グレコローマンスタイル74kg級)、吉田沙保里選手(女子55kg級)、伊調馨選手(女子63kg級)が優勝し、世界選手権大会の日本代表に決定しました。 また、松永共広選手(男子フリースタイル55kg級)は準優勝、尾形翼選手(男子グレコローマンスタイル55kg級)は第3位の成績を収めました。
2011.03.05〜2011.03.06 女子ワールドカップ
3月5日(土)〜3月6日(日)の2日間、フランス・リエヴァンにおいて、女子ワールドカップが行われました。A組の日本は3回戦で中国に敗れましたが、3位決定戦でカナダに対し6−1で勝利し、4年連続の銅メダルを獲得しました。63kg級代表として出場した伊調馨選手は、今大会4戦全勝をマークしました。
2011.02.04 デーブ・シュルツ国際大会
アメリカ・コロラドスプリングズで行なわれた同大会に、松永共広選手(男子55kg級)と松本篤史選手(男子84kg級)が出場し、両名ともに第3位の成績を収めました。
2011.01.29 2011年ヤリギン国際大会
ロシアのクラスノヤルスクで行われた同大会に、伊調馨選手(女子63kg級)が出場し、優勝いたしました。
2010.12.21〜2010.12.23 平成22年度天皇杯全日本レスリング選手権大会
東京・代々木第2体育館で行われた同大会に、ALSOK所属の7選手が出場し、湯元選手・吉田選手・伊調選手が優勝、松永選手・笹本選手・松本選手が準優勝の成績を収めました。 吉田選手は9年連続9度目、伊調選手は2年連続8度目、湯元選手は4年ぶり3度目の優勝となります。
2010.11.26 第16回アジア競技大会
中華人民共和国 広州で行われた第16回アジア競技大会のレスリング女子55kg級に吉田沙保里選手が出場し、見事優勝しました。吉田選手は、同大会3連覇となります。
2010.09.09〜2010.09.09 2010レスリング世界選手権ロシア大会
9月6日(月)〜12日(日)の7日間、モスクワで開催されている同大会の4日目に、吉田沙保里選手(女子55kg級)と伊調馨選手(女子63kg級)の2名が出場し、両名ともに優勝いたしました。 吉田選手は同大会8連覇、伊調選手は通算6度目の優勝となります。
2010.08.13 ナーダム国際大会(中国)
中国・内モンゴルでナーダム国際大会が行われ、湯元健一選手がフリースタイル60kg級に出場しました。本大会は強豪国であるロシア、モンゴル、ドイツなど7ヶ国が参加しましたが、湯本選手は決勝でモンゴルの世界選手権代表選手を負かし、見事優勝しました。今後は来年の世界選手権大会を目指し、12月の全日本選手権大会に照準を合わせます。
2010.05.01〜2010.05.03 明治乳業杯 平成22年度全日本選抜レスリング選手権大会
東京都・代々木第二体育館において、平成22年度全日本選抜レスリング選手権大会が開催されました。
女子は、55kg級の吉田沙保里と63kg級の伊調馨が優勝し、世界選手権大会代表に決定しました。
男子は、フリースタイル84kg級の松本篤史が初優勝し、初の世界選手権大会代表に決定しました。
また、フリースタイル55kg級の松永共広、フリースタイル60kg級の湯元健一、グレコローマンスタイル60kg級の笹本睦は、第3位になりました。
2010.03.12〜2010.03.13 アレクサンダーメドベジ国際大会
ベラルーシ・ミンスクで行われたアレクサンダーメドベジ国際大会に出場した60kg級、北京五輪銅メダリスト、湯元健一選手が4試合を勝ち抜いて優勝しました。湯元は初戦の2回戦で全日本チャンピオンの小田裕之選手(国士舘大)と対戦し、判定勝ちを収め、全日本選手権のリベンジを果たしました。
2009.12.21〜2009.12.23 天皇杯平成21年度全日本レスリング選手権大会
東京・代々木第2体育館で行われた同大会にてALSOK所属の6選手が出場しました。
女子55kg級吉田沙保里選手は全3試合フォール勝ちで優勝し大会8連覇を達成。また、吉田選手は最優秀選手に贈られる天皇杯を獲得しました。同63kg級伊調馨選手は2年ぶり7回目の優勝。男子グレコローマンスタイル60kg級笹本睦選手、同フリースタイル66kg級佐藤吏選手および女子51kg級伊調千春選手が準優勝。男子フリースタイル60kg級湯元健一選手は第3位になりました。
2009.09.24 2009世界レスリング選手権大会
デンマークで行われた同大会に、吉田沙保里選手(女子55kg級)が出場し、自身の持つ女子の最多記録を更新する7連覇を達成しました。五輪を合わせると2002年から9大会連続の世界一となります。
皆様、ご声援ありがとうございました。
2009.06.21 平成21年度全日本選抜レスリング選手権大会
 代々木第二体育館で開催されました同大会に笹本睦選手(グレコローマン60kg級)・佐藤吏選手(フリースタイル66kg級)の2名が出場しました。結果は、笹本・佐藤の両選手とも準優勝となりました。  
2009.04.05 平成21年度全日本女子レスリング選手権大会
駒沢体育館で行われました同大会に、55kg級の吉田沙保里選手が出場いたしました。 一回戦から快進撃を続けて、決勝も期待通り第二ピリオドで鮮やかにフォールを決めて優勝(8連覇)を飾りました。併せて「最優秀選手賞」も受賞しました。本大会優勝に伴い、吉田沙保里選手は、世界選手権大会の出場切符を獲得しました。
2008.12.23 天皇杯平成20年度全日本レスリング選手権大会
代々木第2体育館で行われた同大会で、吉田沙保里選手(女子55kg級)が優勝し、7連覇を達成いたしました。 あわせて、今年度の天皇杯を受賞しました。
2008.12.21 天皇杯平成20年度全日本レスリング選手権大会
代々木第2体育館で行われた同大会で、小幡邦彦選手(フリースタイル84垉蕁砲優勝しました。
2008.10.13 女子レスリング世界選手権2008
国立代々木第一体育館で行われた同大会で吉田沙保里選手(女子55垉蕁砲優勝し、見事6連覇を達成いたしました!
2008.08.19 北京オリンピック
男子レスリングフリースタイル55kg級に出場した松永共広選手は、準決勝では昨年の世界王者を倒し勝ち進みましたが、決勝戦では惜しくも敗れ銀メダルを獲得しました。
沢山のご声援ありがとうございました。
2008.08.17 北京オリンピック
女子レスリング63kg級に出場した伊調馨選手は、準決勝では苦戦の末に勝ち進み、 決勝では第1、第2ピリオド共に延長戦にもつれましたが、2−0で制し、アテネ大会続く2連覇を果たしました。
沢山のご声援ありがとうございました。
2008.08.16 北京オリンピック
女子レスリング55kg級に出場した吉田沙保里選手は、決勝まで危なげなく勝ち進み、決勝では第2ピリオドにフォール勝ちしてアテネ大会続く2連覇を果たしました。
同じく48kg級に出場した伊調千春選手は、3回戦では終了間際に逆転のフォール勝ちなど苦しみながら決勝に進みましたが、決勝で惜しくも敗れ、2大会連続の銀メダル獲得となりました。
沢山のご声援ありがとうございました。
2008.08.12 北京オリンピック
男子レスリングのグレコローマン60kg級に出場した笹本睦選手は、1回戦欧州王者のアルメニアに勝ち、2回戦に進出しました。 2回戦では、ナザリアン相手に第1ピリオドを4−0で奪取しましたが、第2ピリオドは0−0からグランドとなりましたが守りきれず落としてしまい五分となりました。そして第3ピリオドも0−0のあと勝負はグランドへ移りましたが、必死の攻撃でガッツレンチを狙ったものの決まらず、判定1−2で惜敗しました。 その後、敗者復活戦に望みましたが、ナザリアンは3回戦で敗れたため、残念ながら敗者復活戦に回ることができませんでした。
2008.06.26 平成20年度全日本選抜レスリング選手権大会
国立代々木競技場第2体育館で行われた同大会で小幡邦彦選手(フリースタイル84垉蕁砲見事優勝、平井進悟選手(グレコローマン55垉蕕準優勝しました。
2008.04.05〜2008.04.06 平成20年全日本女子レスリング選手権大会
駒沢体育館にて行われた同大会において、吉田選手、伊調馨選手が優勝、7連覇を達成しました。また、吉田選手がジャパンビバレッジ賞、伊調馨選手が最優秀選手賞を受賞しました。
2008.03.18〜2008.03.20 レスリング アジア選手権大会
韓国済州島にて行われた同大会において、松永共広選手(フリースタイル55垉蕁砲優勝し、北京五輪へ出場が決定しました。 また、吉田沙保里選手(女子55垉蕁法伊調千春選手(女子48垉蕁法伊調馨選手(女子63垉蕁剖Α考ゾ,靴泙靴拭
2008.01.19〜2008.01.20 レスリング団体戦女子ワールドカップ
中国(太原)にて行われた同大会にて、ALSOK所属の3選手(吉田沙保里選手、伊調馨選手、伊調千春選手)が参加しました。1回戦は、吉田選手が出場し119連勝達成しましたが、次のアメリカ戦では、吉田選手と千春選手が出場し、千春選手は勝ちましたが、吉田選手が負けてしまい連勝記録が119でストップしました。なお、3位決定戦には、ALSOK所属の選手は欠場しましたが、日本は第3位となりました。
2007.12.21〜2007.12.23 天皇杯全日本レスリング選手権大会
東京代々木第2体育館で行われた同大会にて、ALSOK所属8選手が出場し、松永共広選手(フリースタイル55kg級)、笹本睦選手(グレコローマンスタイル60kg級)、伊調千春選手(女子48kg級)、伊調馨選手(女子63k級)、吉田沙保里選手(女子55kg級)の5選手が優勝しました。吉田沙保里選手は、日本スポーツ大賞を受賞し注目される中、見事6連覇を達成しました。なお、吉田選手は今大会で連勝記録を「118」に伸ばしています。また、笹本選手は見事8連覇し2年連続天皇杯を受賞、松永選手は4連覇し優秀選手賞を受賞、伊調馨選手は6連覇し優秀選手を受賞、伊調千春選手は3連覇しました。
2007.10.05〜2007.10.08 第62回秋田わか杉国体
秋田市で行われた同大会で、笹本睦選手(グレコローマンスタイル66kg級)と小幡邦彦選手(フリースタイル84kg級)が優勝し、平井進悟選手(60kg級)が第3位に入賞しました。
2007.09.17〜2007.09.23 2007世界レスリング選手権大会
アゼルバイジャンのバクーで行われた同大会に、笹本睦選手(グレコローマンスタイル60kg級)、伊調千春(女子48kg級)、吉田沙保里(女子55kg級)、伊調馨(女子63kg級)が出場し、笹本選手が第2位、伊調千春選手、吉田選手、伊調馨選手がそろって優勝いたしました。
2007.07.07〜2007.07.08 第55回 全日本社会人レスリング選手権大会
千葉県佐倉市民体育館にて行われた同大会にて、実業団対抗戦にて見事優勝し7連覇(通算9度目)を成し遂げました。なお、個人戦においてもフリースタイルにて小幡選手(84kg級)が優勝、井上選手(74kg級)と中野選手(84kg級)が3位となり、また、グレコローマンスタイルにおいては鈴木選手(55kg級)が3位になりました。
2007.06.09〜2007.06.10 全日本選抜レスリング選手権大会
東京都代々木第2体育館にて行われた同大会において、笹本選手(グレコローマンスタイル60kg級)と松永選手(フリースタイル55kg級)が見事優勝しました。なお、9月に行われる世界選手権大会の出場も決定しました。また、平井選手(グレコローマンスタイル55kg級)が準優勝、小幡選手(フリースタイル74kg級)が3位となりました。
2007.05.08〜2007.05.13 アジア選手権大会
キルギスタンのビシュケクで行われた同大会に、吉田沙保里選手(女子・55kg級)が出場し、優勝いたしました!!
2007.04.14 クイーンズカップ2007
東京・駒沢体育館で行われた同大会は、吉田沙保里選手(女子・55kg級)、伊調千春選手(女子・48kg級)、伊調馨選手(女子63kg級)の3名出場し、全員優勝いたしました!!
なお、本大会は9月に行われる世界レスリング選手権大会(アゼルバイジャン)の代表選考会を兼ねており、結果3名とも日本代表に選ばれました。
2007.03.03〜2007.03.04 ヤシャ・ドク国際大会
トルコ・アンカラで行われた同大会で、日本代表として出場した松永共広選手(男子55kg級)は、初戦で世界第3位のナランバータル・バヤラー選手(モンゴル)を破り、その後、順調に勝ち進み優勝いたしました。なお、松永選手は2年前の同大会でも優勝しています。
2007.01.26〜2007.01.28 天皇杯 全日本レスリング選手権大会
東京・駒沢オリンピック公園体育館で行われた同大会で、松永共広選手(男子55kg級)、笹本睦選手(男子グレコローマン55kg級)、伊調千春選手(女子48kg級)吉田沙保里選手(女子55kg級)、が出場し、4名とも優勝いたしました。
また、平井進悟選手(男子グレコローマン55kg級)が準優勝、小幡邦彦選手(男子74kg級)が第3位となりました。
2006.12.01〜2006.12.15 2006第15回アジア大会
カタール・ドーハで行われた同大会で、笹本睦選手(グレコローマンスタイル60kg級)、伊調千春(女子48kg級)、吉田沙保里(女子55kg級)が出場し、3名とも優勝いたしました。また、来春入社予定の伊調馨選手(女子63kg級)も優勝いたしました。
2006.09.25〜2006.10.01 世界レスリング選手権大会
中国・広州で行われた同大会で、吉田沙保里(女子55kg級)、伊調千春(女子48kg級)が出場し、ともに優勝いたしました。
2006.08.07 ベログラゾフ国際大会
ロシア・カリニングラードで行われた同大会で、フリースタイル55kg級の松永共広選手とフリースタイル74kg級の小幡邦彦選手がともに第3位に入賞しました。
2006.07.01〜2006.07.02 第53回全日本社会人レスリング大会
静岡県・東伊豆町で行われた同大会は、団体戦でALSOKチームが6年連続8回目の優勝をいたしました!
個人戦では、グレコローマンスタイル・55kg級に出場した鈴木一美選手が第3位に入賞いたしました。
また、グレコローマンスタイル・96kg級と翌日のフリースタイル・120kg級に出場した福田大樹選手が2種目ともに第3位に入賞いたしました。
2006.06.03〜2006.06.04 全日本選抜レスリング選手権大会
世界選手権代表選考会を兼ねた同大会は代々木第二体育館で行われ、小幡邦彦選手(フリースタイル・74kg級 )が優勝いたしました!また、笹本睦選手(グレコローマンスタイル・60kg級)も優勝いたしました!平井進悟選手(グレコローマンスタイル・55kg級)も優勝いたしました! 松永共広選手(フリースタイル・55kg級)は第3位入賞しました。

笹本選手、小幡選手は9、10月に中国の広州で行われる世界選手権に出場が決定しALSOKからは既に決まっている女子の吉田沙保里選手、伊調千春選手の4名となりました!!
2006.05.20〜2006.05.21 第6回女子ワールドカップ
レスリング女子国別対抗戦の同大会は、愛知・稲永スポーツセンターで行われ、日本は決勝でカナダを6-1で破って3年連続5度目の優勝を果たしました!伊調千春選手は、 日本チームキャプテンとして選手宣誓を行いました。
吉田沙保里選手は、最優秀選手に選ばれました!!
2006.03.28 ジャパンクイーンズカップ
東京・駒沢体育館で行われた同大会は、吉田沙保里選手(女子・55kg級)が出場し優勝いたしました!!
また、 ALSOK社員として初出場となった伊調千春選手(女子・48kg級)が優勝いたしました!!
岩間怜那選手(女子・ 59kg級)は 第3位に入賞いたしました。
2006.03.25〜2006.03.26 ダン・コロフ国際大会
ブルガリア・プロブディフで行われた同大会第1日目で松永共広選手(フリースタイル55kg級)が優勝しました!!松永選手は昨年に続き同大会2年連続優勝となります。
また、 昨年に続いて外国選手の最優秀選手賞に輝きました!!
最終日は、小幡邦彦選手(フリースタイル74kg級)が銀メダルを獲得しました!
2006.03.18〜2006.03.19 ニコラ・ペトロフ国際大会
ブルガリア・ソフィアで行われた同大会で、笹本睦選手(グレコローマンスタイル・ 60kg級)が出場し第3位に入賞いたしました。
2006.03.11 ポーランド・オープン
ポーランドのヘルムで行われた同大会で、笹本 睦選手(グレコローマンスタイル60kg級)が敗者復活戦を勝ち抜き第3位に入賞いたしました。
2005.12.21〜2005.12.23 天皇杯全日本選手権
東京・代々木第二体育館で行われた同大会の結果は以下のとおりです。

◇23日

競技階級 順位 氏 名  
女子・55kg級 優勝 吉田 沙保里 4連覇
国内外での連勝記録:「86連勝」
グレコローマンスタイル・
60kg級
優勝 笹本 睦 6連覇
フリースタイル・55kg級 優勝 松永 共広 2年連続3度目

◇22日

競技階級 順位 氏 名  
フリースタイル・74kg級 優勝 小幡 邦彦 7連覇
女子・59kg級 第3位 岩間 怜那  
グレコローマンスタイル・55kg級 準優勝 平井 進悟  
2005.09.29〜2005.10.01 世界選手権
ハンガリー・ブダペストで行われた同大会で、男子フリースタイルの3階級を行い、松永共広選手(フリースタイル・55kg級)が第5位に入賞いたしました。
また、 ブダペスト体育館で女子3階級を行い、吉田沙保里選手(55kg級)が大会3連覇を果たしました!
2005.08.20〜2005.08.21 ピトライスニスキ国際大会
ポーランドで行われた同大会で、笹本 睦選手(グレコローマンスタイル60kg級)が準優勝いたしました。
2005.08.15 ユニバーシアード・イズミル大会
トルコ イズミルで行われた同大会で、初採用のレスリング女子55kg級で吉田沙保里選手が優勝いたしました!
2005.08.14 ジュコフスキ国際大会
ポーランドのシェドゥルツで行われた同大会で、松永共広選手(フリースタイル55kg級)が優勝いたしました!
また、 小幡 邦彦選手(フリースタイル74kg級)は第3位に入賞いたしました。
2005.07.09〜2005.07.10 全日本社会人選手権
東京・国立オリンピック記念青少年総合センターにおいて行われた同大会で、実業団対抗戦、クラブ対抗戦、個人戦に出場。大会結果は以下の通りです。

◆実業団対抗戦

大会結果 優勝
出場選手 鈴木一美・平井進悟・冨樫英紀・千輪良太
松井崇・福田大樹・伊調寿行

◆クラブ対抗戦
ALSOKグループ混成チームとしての初参加

大会結果 3位
出場選手 工藤博・川瀬裕二・岩本圭二・神保剛義
松本崇 ・坂下昇

◆個人戦

競技階級 順 位 氏 名
グレコローマンスタイル・55kg級 第3位 鈴木 一美
グレコローマンスタイル・96kg級 第3位 福田 大樹
フリースタイル・66kg級 第3位 冨樫 英紀
女子59kg級 優勝 岩間 怜那
2005.06.22〜2005.06.23 全日本選抜選手権
東京・代々木第二体育館において行われた同大会で、笹本睦選手(グレコローマンスタイル・60kg級)、小幡邦彦選手(フリースタイル・74kg級)、 松永共広選手(フリースタイル・55kg級)の3名が優勝し世界選手権大会代表の切符を手にしました!
2005.05.24〜2005.05.27 アジア選手権
中国・武漢で行われた同大会は、ALSOKから5名の選手が出場しました。 大会結果は以下の通りです。  
競技階級 順 位 氏 名
グレコローマンスタイル・55kg級 第3位 平井 進悟
グレコローマンスタイル・60kg級 第3位 笹本 睦
フリースタイル・55kg級 第3位 松永 共広
フリースタイル・74kg級 第7位 小幡 邦彦
女子55kg級 優勝 吉田 沙保里
2005.05.20 女子ワールドカップ
フランス・クレルモンフェランで開催された同大会で、吉田沙保里選手(55kg級)が出場。 国別対抗戦として実施され、日本は決勝でウクライナを勝ち点22-4で圧倒し、2年連続4度目の優勝を果たしました!
2005.03.25 ジャパンクイーンズカップ
駒沢体育館で行われた同大会で、ALSOK社員として初出場となった吉田沙保里選手が、決勝戦で開始1分20秒すぎに必殺のタックルでフォール勝ちを決め、貫禄の四連覇を達成しました!また、優秀選手賞を受賞いたしました。
2005.03.12〜2005.03.13 日本グレコローマンスタイル国際試合
ポーランド・ワルブレイツにおいて行われた同大会で、平井進悟選手(グレコローマンスタイル・55kg級)が第3位に入賞いたしました。
2005.03.05 ダン・コロフ国際大会
ブルガリア・ソフィアにおいて行われた同大会で、全日本選手権王者の松永共広選手(フリースタイル・55kg級)が4試合を勝ち抜いて優勝いたしました!!  尚、松永選手はトルコで行われたヤシャ・ドク国際大会に続き、国際大会で2大会連続優勝。最優秀選手(MVP)を獲得しました。
また、小幡邦彦選手(フリースタイル・74kg級)は準決勝で惜しくも敗れましたが、第3位決勝戦に進み、銅メダルを獲得しました。
2005.02.18〜2005.02.20 ヤシャ・ドク国際大会
トルコ・サムスンで行われた同大会で、松永共広選手(フリースタイル・55kg級)が優勝いたしました!
2004.12.21〜2004.12.23 天皇杯全日本選手権大会
東京:代々木第二体育館において行われた同大会で、平井進悟選手(グレコローマンスタイル・55kg級)が3年ぶり2度目の優勝をいたしました!
また、小幡邦彦選手(フリースタイル・74kg級)が優勝し6連覇を達成しました!
松永共広選手(フリースタイル・55kg級)も3年ぶり2度目の優勝をいたしました!
大会3日目に出場した笹本睦選手(グレコローマン55kg級)もグレコローマンの豪快さを感じ させる内容で優勝し5連覇を達成しました!
2004.10.23〜2004.10.26 第59回国民体育大会
新座市民総合体育館において行われた同大会で、成年男子84kg級にエントリーしたアテネ五輪代表の小幡邦彦選手が準優勝いたしました。小幡選手は普段より一階級上げての出場となりました。
2004.08.26〜2004.08.28 オリンピック競技大会
レスリング 男子グレコローマンスタイル60kg級に出場した笹本睦選手は、第5位に入賞いたしました。
レスリング 男子フリースタイル74kg級に出場した小幡邦彦選手は、 1次リーグで残念ながら敗退となりました。
2004.06.22 全日本社会人レスリング選手権大会
志木市民体育館で行われた同大会は、ALSOKが団体戦で優勝いたしました!(笹本選手・小幡選手はオリンピック出場のため今大会は出場しませんでした。)
個人戦では、平井進悟選手(グレコローマンスタイル 60kg級)が優勝いたしました!平井満生選手(グレコローマンスタイル 74kg級)が準優勝いたしました。田中義正選手(グレコローマンスタイル 74kg級)が第3位に入賞いたしました。
2004.06.13 ドイツグランプリ国際大会
フリースタイルのドイツグランプリ最終日は、ドイツのライプチヒで決勝が行われ小幡邦彦選手(74kg級)が第2位に入賞しました!
欧州遠征はこれで終了し、15日に帰国となります。
2004.06.05〜2004.06.06 ペール・マケドニア国際大会
ヨーロッパで遠征しているフリースタイルの五輪代表チームは、マケドニアのスコピエで行われた同大会に出場し、小幡邦彦選手(フリースタイル74kg級)が優勝いたしました!
小幡選手はアテネオリンピックに向けて順調な滑り出しで、今後ますますの活躍が期待されます。
2004.04.16〜2004.04.18 アジア選手権
イラン・テヘランで行われた同大会は小幡邦彦選手(フリースタイル74kg級)が第3位に入賞いたしました。
小幡選手はオリンピック前の実戦で技術の感触をつかむことが出来ました。今後さらに強化合宿を重ねアテネオリンピックに備えていきます。
2004.04.12〜2004.04.13 全日本選抜選手権大会
アテネ五輪男子代表選考会を兼ねた同大会は東京・駒沢体育館で行われ笹本睦選手(グレコローマンスタイル60kg級)が4連覇をいたしました!

なお、笹本睦選手はアテネオリンピック日本代表に正式決定しました!
2004.02.28〜2004.02.29 アテネ五輪出場資格獲得予選会
セルビアで行われた同大会は30選手のエントリーで試合が行われ、5位以内に五輪出場資格が与えられる予選会にて笹本睦選手は第2位で見事五輪日本出場枠を獲得しました。
4月に開催される全日本選抜選手権大会で優勝するとアテネ五輪出場資格が与えられます。