オフィスやビルに防犯カメラを設置する必要性

2018.01.09

オフィスに防犯カメラを設置する必要性

オフィスは重要情報が溢れている場所です。機密レベルの高い情報は厳重に保管・管理されているはずですが、それでも日常業務で扱う書類や資料、情報端末、記憶装置などが持ち出されるといったリスクは、どんなオフィスにも必ず存在します。

大切なのは、オフィスは情報が集約される場所であり、不特定多数の人が出入りする場所であるという意識を持つことです。防犯カメラは、そんなビル内やオフィス内をモニタリングし、映像による記録を残すことができる道具です。万が一、機密情報や個人情報、顧客名簿などが持ち出されるような事態に遭遇したとき、仮にカメラが1台も設置されていなかったとしたら、その会社では起きたことの状況を確認することも、証拠を残すこともできません。そのような最悪の事態を避け、オフィスの重要な情報を安全に管理するために、防犯カメラの設置が必要なのです。

オフィスに防犯カメラを設置して得られる効果

情報の漏えいや紛失は企業のイメージや信頼を損なわせ、取引先との関係にも影響を及ぼします。また、情報だけでなく、金品や備品が盗まれることもあります。夜間や休日のオフィスに窃盗集団や侵入犯罪を狙う者が入り込むケースも、想定しておいたほうがいいでしょう。

さらに、あまり考えたくないことですが、内部の者による犯罪や不正も起こらないとは限りません……。

防犯カメラは、こうした犯罪や不正を監視し記録することができます。また、カメラが設置してあることを示すことによって、犯罪に対する抑止力も発揮します。

最近の防犯カメラシステムは、広角監視、長時間記録といった基本機能のほかに、リアルタイムの遠隔監視や、クラウドを利用したスマートフォンなどによる監視機能も備えています。さらに、高度なシステムになると、侵入者を自動検知する機能、侵入者を追尾して映し出す機能、異常発生時にガードマンが緊急出動するサービスなども利用できます。これらを組み合わせれば、犯罪の防止以外にも、防災、事故防止、特定設備の異常を感知して知らせる設備監視なども行うことができるのです。

防犯カメラはどこに設置するのが効果的?

多数の人が出入りするオフィスビルの玄関、エントランスホールなどは、最も防犯カメラの需要が高い場所です。カメラの存在をアピールすることで、侵入者に対する威嚇効果ももたらします。ビル内のオフィスの出入り口に設置するのも同様の効果があるほか、来客状況の確認にも活用できます。

ほかには、普段目が届きにくい階段、資料室や倉庫、密室になりやすいエレベーター内なども設置ポイントとなります。各部署がある一般オフィス内にカメラを備える企業も増えています。ただし、重要情報を保管している部屋などは、カメラに情報が映し出されることによるリスクが生じることを忘れてはなりません。その場合は、警備員の配置を優先し、防犯カメラは出入り口に設置するのにとどめるのが適切です。

オフィスやビルに防犯カメラを設置する際の注意点

防犯カメラの役割と性能は年々高くなっていますが、それだけに注意すべきポイントもあります。例えば人物が特定できる映像記録は、個人情報保護や肖像権の対象となります。これらの映像は安易に公開することは避け、慎重に取り扱わなくてはなりません。

また、防犯カメラシステムは高度な機能を備えているほど、正常な作動を確認するための定期メンテナンスが必須となります。侵入者がこれらの機器やシステムの破壊、機能停止を行う可能性も想定しておくことが重要で、何らかの対策が必要となります。

ALSOKのオフィス用防犯カメラシステムでは、カメラやレコーダー等の機器の状況を常時監視し、異常があればメンテナンス出動するサービスが付帯しています。詳しくはこちらをご確認ください。

オフィスやビルの規模が大きくなり、入退室者の数が増えれば、防犯カメラの役割は一層大きくなります。企業のセキュリティとリスク管理を考え、信頼できる防犯カメラシステムの導入を検討してください。