事務所荒らし・空き巣に狙われないための対策とは

2017.03.30

【図】侵入窃盗の発生場所別認知件数(平成27年) 一戸建住宅:41.6% マンション:17.5% 一般事務所:12.9% 生活環境営業:8.3% 商店:7.5% 金融機関など:0.1% その他:12.1% 出典:警察庁発表の「侵入窃盗の発生場所別認知件数」(平成27年)

警察庁発表の「侵入窃盗の発生場所別認知件数」(平成27年)によると、一戸建て住宅(41.6%)、マンション(17.5%)に続いて侵入窃盗被害が発生しているのが、一般のオフィスや事務所(12.9%)です。※図参照 事務所荒らしや空き巣に狙われないようにするには何をすればいいのでしょう。オフィスの防犯対策についてまとめます。

事務所荒らしではどんなものが狙われている?

オフィスへの侵入窃盗、いわゆる事務所荒らしではどのようなものが盗まれるのでしょうか。多いのは現金、金庫、OA機器などです。金庫や大型のOA機器は重量もあって盗難されにくいと思われがちですが、台車などを使ってそのまま運び去されるケースが増えています。

金品は事務所内に置いていないという場合でも、備品、電子機器、個人情報、機密情報などが盗まれてしまうこともあります。PCやノートPCは狙われる確率も高く、運び出されると現物を失うだけでなく情報も流出してしまう可能性があるため、とくに注意が必要です。

狙われやすい事務所の特徴

侵入窃盗の被害に遭いやすい事務所には共通した特徴があります。まず休日や夜間に無人になるビルやオフィス。加えて、オフィス街などにあって、休日や夜間は人通りが少なくなる場所は、空き巣が狙いやすい立地とされています。

また、テナントなどが入っていて、誰でも自由に出入りできるビルも狙われやすい典型です。出入り口に警備員(ガードマン)がいない、照明が暗い、防犯・監視カメラの台数が少ないなど、セキュリティが甘いと見て判断されるような構えのビルや事務所も当然狙われます。窓から侵入しやすい構造、状況にあるビルも意外に多く、これも危険度が高いといえます。

事務所荒らしや空き巣の侵入手段とは?

事務所荒らしや空き巣が侵入する手段で目立つのは、まずピッキングやサムターン回し、特殊な器具を使うなどしてドアが解錠されるケースです。ドリルやホールソー(木材や金属板に穴を開けるために、電動工具に取りつけて使われる円状の刃)を使って錠前が壊されることもあります。ドアを開けられれば、たやすく事務所内に入り込まれてしまいます。

荒っぽい手口としては、ドアそのものを取り外す「戸外し」というのもあります。また、錠壊しと似ていますが、ドアの隙間からバールなどを差し込んでドアの一部を変形させ、強引に開ける「こじ破り」というやり方もよく見られます。ビル内の事務所のドアは、一部ガラスが使われていることが多く、このガラスが破られることもあります。窓も同様です。これら以外には、合鍵を作られていたり、セキュリティカードが盗難されて使われるなどのやや特殊なケースも考えられます。

事務所荒らしの防犯対策

問題は上記のような事務所荒らしを、どのようにして防ぐかです。ドアや窓には二重ロック、補助錠を備えるのが基本です。錠前を防犯性の高い厳重なタイプに交換することも考えるべきです。ガラスは防犯ガラスにする、ドアを壊れにくい頑丈な素材、構造のものにするのもいいでしょう。

ドア、窓などに防犯・監視カメラや侵入検知センサーを設置することも有効です。防犯カメラはクラウドを介してスマートフォンなどで遠隔地からでもチェックすることもできます。

最も効果があるのは、警備員(ガードマン)がオフィスの出入り口で立哨(りっしょう)する常駐警備です。これに次ぐのが監視カメラ映像や画像を遠隔監視し、異常があれば警備員(ガードマン)がかけつける機械警備です。これらの方法は事務所だけでなく、店舗セキュリティでも効果を発揮します。

24時間365日 警備が可能なALSOKガードシステムはこちらから。

一方、鍵やセキュリティカードの紛失、盗難、退職者による持ち帰りなどに対しては、紛失や盗難が判明した時点で該当する鍵、カードを無効にするなどの対策マニュアルを整備しておきましょう。退職者が出たら念のため暗証番号を変更するなどのルールも決めておくことが必要です。

防犯カメラの適切な設置方法

機密書類・データなどの保管庫、金庫を設置してある部屋、サーバールームなどは、生体認証などが使用できる最新の入退室管理を行うほか、防犯カメラも設置することが必須といえます。ほかにも受付、事務所の出入り口(オフィスドア)、ビルのエントランスなども防犯カメラを備えることで防犯性と抑止力を高められます。ビル外になる出入り口前、駐車場、そのほか人通りや照明が少ない薄暗い場所なども設置の候補となります。

防犯カメラは、録画装置や入退出管理システムと連動させることで、入退出者を自動録画することができます。さらに機械警備を活用して強固な防犯システムを確立することも検討すべきでしょう。

入退出管理システムと連動ができる防犯カメラはALSOK監視カメラシステム(防犯カメラ)でご確認ください。

事務所セキュリティを徹底させることは、会社を守り、企業価値を向上させることにつながります。事務所荒らし・空き巣を寄せ付けない事務所作りを心がけてください。