企業や店舗で行うべき売上金の安全管理

2017.03.30

企業や店舗で取扱う現金は、安全性の確保という問題と切り離すことができません。売上金などの現金の安全管理はどのようにして行うべきなのでしょうか。多くの業種で人手不足といわれている中で限られた人材を有効に活用しなければならない時代だからこそ効率的な現金の安全管理について考えます。

現金の安全管理の必要性

店舗における現金の管理で、最も重要なのが「安全」です。そして「確実」、「迅速」です。「安全」を確保することによって、盗難防止はもちろん、従業員のミスを防止する仕組みを作ることも不可欠です。飲食店、小売店、スーパーはもちろん、現金を取り扱う企業はすべて安全面を確保する仕組みが必要でしょう。また厳格な現金管理を行うことで従業員の不正を事前に防ぐこともできます。
現金の取扱いは毎日発生するものです。しかし、安全面のみを重視して店長など責任者で売上金管理を行うとなると、業務負担が偏り、業務効率が落ちるという問題も出てくるでしょう。現金を安全に管理すると共に確実に迅速に処理することで全ての従業員が働きやすい職場を作る必要があります。

現金のトラブルが起こる瞬間はどのようなとき?

店舗の現金トラブルが起こるのはどのようなときでしょうか。

  • 営業開始前
    営業開始の準備に追われてレジ内に準備する釣銭を数え間違えてしまう。
  • 営業中
    繁忙時期に釣銭がなくなってしまいクレームが生じる。
  • 金融機関への持込時
    売上金を預けに行く途中で強盗や事故に遭う。
  • 営業終了後
    売上集計時の数え間違い。閉店時の強盗。
  • 深夜から翌朝までの無人の時間帯
    侵入・窃盗の危険。無人の時間帯では保管方法についても考えなければなりません。金庫で保管していたとしても金庫ごと奪われることもあります。

売上金の安全対策

売上金の安全対策は、事務所内にできるだけ現金を置かないことが基本となります。金庫を利用するなら床に固定するなどして簡単には持ち出せない構造にしましょう。しかし、小売業や飲食店などでは現金をある程度置かないといけないうえに、レジ現金の出し入れが頻繁に行われます。そうなるとつい現金の取扱いがルーズになりがちです。レジ内の現金が、“必要最低限の金額になっているか”、“不要な入出金がないか”、“レジ内の現金が整理されているか”を確認しましょう。

現金は適正に管理しなければなりませんが、そこまで手間をかけることができない場合は、警備会社へアウトソーシングすることによって危険を回避することができます。ALSOKの「通貨処理システム」は店舗の売上金を安全・確実に銀行へ輸送することができます。

さらに、導入の効果が高いのは「入金機オンラインシステム」です。入金機オンラインシステムは売上金を投入すると、翌営業日にはお客様の指定の銀行口座へ入金することができます。また、入金機がお客様の投入した売上金を数えるので計数の手間を削減させることも可能です。この入金機オンラインシステムを導入すれば、お店に居ながらにして売上金を指定口座へ入金することができ、お店の売上金を安全・安心に管理することができます。さらに操作も非常に簡単で誰でも入金することができます。

そして多くのお客様の声を反映して開発されたのが「入出金機オンラインシステム」です。これまで営業に使用する釣銭を銀行で両替していたお店が多かったですが「入出金機オンラインシステム」は出金・両替機能により釣銭の準備を行うことが可能となりました。さらに小口現金の管理機能も追加され、さらなる生産性の向上や管理強化が可能となりました。入出金機オンラインシステムを導入すればお店に居ながらにしてお店の現金に関わる業務を完結することができるようになるのです。

まず、サービスについて知りたい方はこちらをご確認ください。

働き方の変化に合わせた売上金管理

近年、さまざまな業種で深刻な人手不足が起きています。限られた人材を有効活用するには、売上金に関する作業といった付ずい業務はできるだけ省力化し、効率化したいと考えるのが当然です。従来の売上金の管理方法では責任者が行うにしろ、従業員が行うにしろ、業務負担や残業の増加、あるいは一定のリスクから逃れることはできません。ALSOKの通貨処理システム、入金機オンラインシステム、入出金機オンラインシステムは、現金管理の負担を軽減し、本来業務に集中することにより店舗の生産性を向上させることをお約束します。上記を参考に企業や店舗の現金管理を根本から見直してみてはいかがでしょうか?