道路の維持管理・モニタリング

自治体の道路管理にまつわる課題を解決します!

ALSOKが提供する道路モニタリングサービスとは

道路モニタリングサービス開始の背景には、内閣府による実証実験SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)で検証された「スマートフォンの加速度センサを活用し、路面劣化情報を検出する技術」の実証実験に参画した経緯があります。このシステムと車載カメラをALSOKの業務車両に組み込むことにより、極めて安価に日々道路調査ができるパッケージサービスが実現しました。

  • 道路管理に関する悩みを解決

    道路路面の劣化箇所を把握し、
    事故を未然防止したい

    スマートフォンと車載カメラを積んだALSOKの業務車両が、路面の凹凸情報や画像情報を収集して、適切な道路保全が可能。

  • ALSOKだからできる!

    予算を安価に抑えたい

    従来の路面性状調査に比べて低いコストで実施可能。効果的な修繕計画を策定することにより工事コストを削減。

道路管理に関するお悩みをALSOKが解決します。

    • Point
      1
    • WEBでかんたん把握

    収集した路面劣化情報を記録。IRI値算出結果と合わせてWEBでいつでも確認できます。

    IRI値とは・・・舗装の乗り心地を客観的に評価する指数として、1986年より世界的に用いられています。

    • Point
      2
    • 低コストで実施可能

    従来の路面性状調査より低コストで実施可能です。

    • Point
      3
    • 修繕計画策定までお手伝い(オプション)

    年間の結果をレポートとして提供するので、適切な道路維持管理に役に立てます。また、管理により修繕計画の作成(オプション)までお手伝いします。

修繕計画の策定もALSOKにおまかせください。

基本サービス

路面劣化情報の収集

ALSOKの業務車両に搭載したスマートフォンの加速度センサーと毎秒1枚静止画を撮影する車載カメラで、路面の劣化状態を検出します。

路面劣化状態の分析

収集した路面劣化情報を大規模ストレージサーバーに記録。異常箇所は地図上にポイント表示。

ひび割れやポットホールの程度から、区間劣化指数(IRI値)を算出します。

IRI値とは・・・舗装の乗り心地を客観的に評価する指数として、1986年より世界的に用いられています。

道路維持管理への反映

ALSOKより、モニタリングレポートをご提示。レポートにより異常個所を個別に確認し、早急に補修可能。適切な道路維持管理計画が策定できます。

舗装修繕計画策定サービス(オプション)

路面モニタリング結果→舗装健全度評価→LCC計算ライフサイクルコスト→管理予算シュミレーション→コスト縮減効果

コスト削減のイメージグラフ 「予防保全型」へシフトすることで効率的な維持管理、大規模な修繕工事を減らす結果となり縮減コストが発生

壊れてから修繕を行う「事後保全型」では大規模な修繕工事が多くなり、LCCの観点では財政負担の増大につながります。
適切な補修を都度実施する「予防保全型」へシフトすることで効率的な維持管理ができ、トータルコストの縮減になります。

販売価格(消費税別)

サービス 価格
道路モニタリングサービス(基本メニュー) 20,000円/km
年間往復4回以上走行(内:画像撮影往復1回)
事務手数料(初回のみ) 100,000円
路線マスタ作成(初回のみ)
路線マスタの電子データ保有
紙データのみ保有
 
10,000円
5,000円/km
道路モニタリングサービス(オプションサービス)
補修修繕計画策定費
5,000円/km

このようなお客さまにオススメです

  • オス
    スメ
    事故につながるポットホールの箇所の発見に

    自治体職員

    ポットホールなど道路の異常個所を早期に発見して、事故が起きる前に対応できることや、目の届きにくい生活道路にも活用が出来るので安心できます。

お気軽に相談ください。ALSOKは道路の維持管理・モニタリングに関して豊富な知識でお客様をサポートします。