防犯対策・セキュリティのALSOKトップ > 法人のお客様 > 情報警備 > 4thEye Professional (フォース・アイ プロフェッショナル)

4thEye Professional(フォース・アイ プロフェッショナル)

外部メディアを使った情報の持ち出しは、紛失・盗難による情報漏洩の第一歩です。「フォース・アイ プロフェッショナル」とは、リムーバブルディスクへのファイルコピーを防止するセキュリティソフトです。紛失・盗難だけでなく、内部犯行による情報漏洩防止にも威力を発揮します。4thEye専用USBキーをパソコンに差し込んでいる間のみ、ファイルの持ち出しが可能になります。CD/DVDライティングソフトのスイッチングも可能です。

情報警備TOPへ

資料請求
PCから持ち出したいデータは4thEye専用USBキーで管理

4thEye Professional 主な機能

業務データの持ち出し禁止

FD、MO、SDカードなどの記憶媒体や、USB、IEEE1394、SCSI、PCMCIAなどのインターフェースに関わらず、外部記憶媒体へのファイルの持ち出しを防ぐことができます。一方、外部記憶媒体からの読み込みは可能なため、業務を妨げることはありません。
また、サーバーが不要なスタンドアローン製品であるため、導入は非常に簡単です。
ポータブルデバイスへのファイル持ち出しも防ぎます。

業務データの持ち出し許可申請(4thEye専用USBキーによる持ち出し許可)

管理者は、4thEye専用USBキーを管理することにより、ファイルの持ち出しを管理できます。4thEye専用のUSBキーは、ユーザの業務形態にあわせて2種類用意しております。

BasicキーをPCのUSBポートに差し込んでいる間は、外部記憶媒体にファイルをコピーできます。

PUPPYキーは、内部にメモリを内蔵しているため、このキーにファイルをコピーできます。4thEye Professionalが導入されたPCにPUPPYキーを装着すると、PUPPYキーにのみファイルのコピーができます。一方、その他の外部記憶媒体には、ファイルをコピーすることはできません。また、万が一このキーを紛失しても、指紋による認証が必要なため、ファイルを守ることができます。

不正行為の防止機能

ユーザは、4thEye Professionalのサービス及びプロセスを停止させることはできません。また、「不正アンインストール防止機能」によって、不正に4thEye Professionalをアンインストールすることを防止できます。
4thEye Professional 動作環境
対応OS Microsoft Windows Vista(32bit版、64bit版)
Microsoft Windows 7(32bit版、64bit版)
Microsoft Windows 8(32bit版、64bit版)
Microsoft Windows 8.1(32bit、64bit)SPなし〜Update1
Microsoft Windows 10 Version 1511(ビルド番号10586)(32bit、64bit)
動作スペック 各OSの要件に準拠
対応機種: PC/AT互換機
USB1.1/2.0/3.0準拠のインターフェース
※Windowsは米国Microsoft Corporationの米国及び他国における登録商標または商標です。
※「4thEye」はサイエンスパーク株式会社の登録商標です。
※その他の掲載されている会社名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

4thEye Professionalに関するQ&Aについてはこちらをご覧ください。

4thEye Professional Q&A

「4thEye Professional(フォース・アイ プロフェッショナル)」の資料請求はこちらから

「4thEye Professional(フォース・アイ プロフェッショナル)」の資料請求はこちら

情報警備TOPへ