法人向け盗聴器・盗撮器探索サービス

法人向け盗聴器・盗撮器探索サービス

ALSOKは、情報漏洩対策の一環として「盗聴器・盗撮器探索サービス」をご提案いたします。

 情報漏洩の原因は記録媒体の流出ばかりではありません。口頭や電話による情報の伝達時にも情報漏洩のリスクがあります。
 企業にとって、社内での社員同士の会話は現場の生の声であり、経営トップや役員会議の会話はその企業の機密情報におよびます。また、大口取引先との会話はビジネスに直結する有力な情報となります。
 これらの情報は、ビジネスを有利に展開する上で、公開された情報よりもより現実的で大きな価値があることは云うまでもありません。
 そして、このような情報を第三者が入手する手段として、倫理と秩序を無視した「盗聴」行為が存在します。
 ALSOKは、情報漏洩対策のひとつとして、電波環境の調査を軸とした情報収集機器(盗聴器、盗撮器)探索サービスを提供いたします。

情報警備TOPへ

オンライン資料請求

小型軽量タイプ、電源供給タイプ、偽装タイプ等、様々な盗聴器が存在します。

一般的な盗聴器

    個人情報・機密情報の漏洩リスク

    個人情報・機密情報の漏洩リスク

     会社が情報漏洩に関心を持つことは、社員も情報に対する意識を高め、自分たちのプライバシーについても保護されているという会社の管理体制への信頼にも繋がります。
     さらに会社経営姿勢の確立に役立ち、社員も情報漏洩の恐怖と重要性を認知し、第三者に対して容易な言動を取らなくなり、話していいこと、悪いことの判断を慎重に行なうようになります。

    ALSOKの盗聴器・盗撮器探索サービス

    【高精度・高速サーチ機能を搭載した盗聴器探索専用機(電波環境測定機器)を駆使し、未知の不審電波の発見に努めます。】

     一般的な盗聴器探索は、電波受信機のスキャン機能により現在まで発見されてきた盗聴周波数に同調させて音声により発信器の存在を確認しています。
     一方で、盗聴発見専用の機材にとっては、未知の周波数で、不定期に動作するような発信器を発見するために高速サーチ機能および微弱な電波を傍受する精度が不可欠な要素です。
     したがってALSOKは、上記の能力を併せ持ち、アナログおよびデジタルの盗聴器の検知、識別および発見を素早く行なうように設計された盗聴器発見装置である電波環境測定機器を探索機器の主力としております。
    盗聴器探索専用機

    【探索調査結果のご報告】

     ALSOKの盗聴器探索サービスは、広帯域電波状況のサンプリングデータの分析を踏まえた調査結果をご報告いたします。また、調査対象施設内の盗聴防止対策についてもご提言いたします。

    BCP(事業継続)のために

     健全なる事業継続のためには、企業を取り巻くあらゆるリスクを出来る限り排除していくことが必要不可欠であり、特に情報漏洩防止対策は企業継続の重要な柱となります。

    【BCPのためにALSOKが提案するサービス】

    ・情報収集機器(盗聴器)の探索により情報セキュリティの強度を高め、「企業活動の安心、安全」を担います。

    ・物理的に盗聴器探査を行なうだけでなく、施設・建物のセキュリティなどさまざまなコンサルティングメニューを提供します。

    ・定期的な探査実施は、盗聴器による情報漏洩のリスク回避や盗聴器設置抑止効果を高めます。
    1ヶ月に1回、2ヶ月 に1回、3ヶ月に1回など、ユーザーの希望によって探査を行なう、セットプラン(年間契約)もご用意しております。

    個人のお客様向けページへ

    「盗聴器・盗撮器探索サービス」の資料請求はこちらから

    オンライン資料請求

情報警備TOPへ