盗聴器・盗撮器探索

企業の機密情報の漏えいを未然に防ぐ!

情報漏えい対策の一環として「盗聴器・盗撮器探索サービス」をご提案いたします。

情報漏えいの原因は記録媒体の流出ばかりではありません。口頭や電話による情報の伝達時にも情報漏えいのリスクがあります。 企業にとって、社内での社員同士の会話は現場の生の声であり、経営トップや役員会議の会話はその企業の機密情報におよびます。また、大口取引先との会話はビジネスに直結する有力な情報となります。

  • 信頼と実績のALSOK

    盗聴器探索を依頼していることを
    社内外に知られたくない

    警備業務50年の実績で、お客様から絶大の信頼をいただくALSOKが提供する盗聴器探索サービスです。安心してお任せください。

  • 最新の機器で専門員が対応

    どうやって探索するの?

    専門員が、電波受信などを使用し、精度の高い探索で、未知の不審電波の発見に努めます。

盗聴器・盗撮器に関するお悩みをALSOKが解決します。

    • Point
      1
    • 盗聴器の種類や、仕掛け場所は?

    盗聴器には、小型軽量タイプ、電源供給タイプなどがあり、電気店専門街などへ行くと誰にでも簡単に入手できてしまいます。
    仕掛け場所はさまざまで、盗聴器であれば、企業社内の役員会議室や社長室など、また盗撮器であれば、人の出入りの多い店舗のトイレなどへの被害が増えているといわれています。

    • Point
      2
    • 従業員にも安心して、業務に臨んでほしい

    会社が情報漏えいに関心を持つことは、社員も情報に対する意識を高め、自分たちのプライバシーについても保護されているという会社の管理体制への信頼にも繋がります。

    • Point
      3
    • BCP(事業継続計画)のために

    情報セキュリティの強度を高め、「企業活動の安全・安心」を担います。それに伴い、お客様のご要望にあわせたさまざまなコンサルティングメニューのご提供が可能です。

個人情報・機密情報の漏えいリスクを最小限に防ぐために。

健全なる事業継続のためには、企業を取り巻くあらゆるリスクを出来る限り排除していくことが必要不可欠であり、特に情報漏えい防止対策は企業継続の重要な柱となります。

企業が狙われる情報 個人情報・プライバシー、役員などのキーパーソンの情報、営業情報(営業機密情報、顧客情報)、企業の長期計画(投資、業務提携、M&Aの情報)、財務状況(不良債権、増資計画、上場等インサイダー情報)、研究開発の動向、新商品開発情報 中枢への盗聴→企業機密情報の漏えい→企業業績への影響、存続の危機→事業活動へのリスク 企業買収、内部抗争、企業虚喝、ビジネスの失敗 社員への盗聴(社員個人への興味)→社員の個人情報漏えい→社員の士気、モラルに影響

お客様の声を紹介いたします

  • 導入
    事例
    経営会議の前の探索に利用しました

    システム会社

    業種
    システム開発

    社内の重要な経営会議の前に念のため盗聴器の探索を依頼して、幸いにも盗聴器は発見されませんでした。正直、きちんと探索してくれるのか不安でしたが、探索の担当者の盗聴器に対する知識が深く、仕事も丁寧にしていただきとても安心できました。

お気軽に相談ください。ALSOKは盗聴器・盗撮器探索に関して豊富な知識でお客様をサポートします。