災害図上訓練

想定外への対応力を鍛える!ALSOKの災害図上訓練

発生する災害をイメージし、何をすべきかを参加者自ら考える力を養います

ALSOKがご提供する「災害図上訓練」は、講師から出される災害発生時の想定に対して、何をするべきか、参加者各々が「自ら考える」訓練です。お客様先の情報(建物の図面や周辺地図)を取り入れ、お客様が実際に直面する可能性の高い被災状況を想定することで、非常に実践的な訓練が実施可能です。また、自ら行動を考えられるので、想定外の災害にも素早く対応できる判断力を養うことができます。

  • お客様先図面を用いた
    実践的な訓練

    実際の災害を想定して訓練したい

    お客様先の建物図面や周辺地図を利用し、勤務時間帯に発生する災害を想定した訓練を行います。会社の置かれた環境や条件を反映させてカスタマイズしたシナリオを用いて、よりリアルで実践的な備えができます。

  • 自ら考え、
    判断力を養うカリキュラム

    真剣に参加しているのは一部の人だけ…

    グループワークのなかで、参加者一人ひとりが自ら考え、知恵を出し合い、判断力を養うカリキュラムを採用しています。講師から一方的に解説・指示するだけの訓練とは異なり、全員の積極的な参加を促します。

ALSOKの「災害図上訓練」の特長

    • Point
      1
    • お客様先の図面と周辺地図を使用

    ALSOKがご提供する「災害図上訓練」は、お客様ご自身の情報(建物の図面や周辺地図)を取り入れ、お客様が実際に被災した場合のイメージを持てるよう、カスタマイズしたシナリオを使用します。

    • Point
      2
    • 災害の状況が時系列で進行

    ALSOKの講師から、震災による被害状況を時系列で提示します。訓練参加者には、震災発生後、つぶさに変化する状況に合わせた対応を、自身で考えて、話し合っていただきます。実際の震災に即したリアルな状況を体感していただけます。

    • Point
      3
    • 参加者同士の話し合いを喚起

    ALSOKの災害図上訓練は、グループごとのディスカッションを中心に進行します。参加者同士で現状の対策における不足点や、各自が何をするべきかなどについて意見を出し合っていただきます。共同作業をする中で、小さな驚きや気づきを共有していくことで、参加者に「当事者意識」や「連帯感」を持っていただく効果も期待できます。

「災害図上訓練」とは

災害図上訓練(別名DIG(Disaster Imagination Game))とは、地域で大きな災害が発生する事態を想定し、地図上に危険が予測される地帯または事態を地図の上に書き込んでいく訓練です。
ゲーム感覚で手軽に出来る訓練でありながら、問題を可視化でき、参加者のレベルに応じて地域の問題検討から実際の防災訓練まで幅広く応用できることから、最近では、各自治体などの訓練にも広く利用されています。

一般的な災害図上訓練の流れ

1.現状を把握する

まず、現状の「見える化」を行います。地図とペンを使い、参加者が頭と手を動かし、話し合いながら、現状を整理し、そこに潜むリスクを明らかにしてゆきます。

2.対応・対策を考える

続いて、現状把握で明らかになった課題を「改善」する策を検討します。今ある環境をどう変えれば、効果的に弱みをカバーできるか、今後の改善点を参加者同士で知恵を絞っていただきます。

3.防災力アップに向けた行動

訓練で得られた気づきを「行動」に移してゆくことが最も重要です。訓練中に出た様々なアイディアは、できるところから具体的なアクションや対策に落とし込んでいきましょう。

ALSOK 災害図上訓練の実施内容(一例)

防災知識の習得(講義)

ALSOKの講師が講義を行います。
周辺自治体が発表している災害の想定、災害に備えるための知識などを学んでいただきます。

【講義内容の一例】

  • 災害の基本的知識の習得
  • 過去の震災での被災事例
  • 周辺地域の特性、予想される災害

図面を使った訓練(グループワーク)

建物の平面図でイメージトレーニング

  • 危険箇所の確認
  • 備蓄品・消防用品など災害時に役立つ物の位置を確認→平面図上にペンで書き込み情報共有

災害発生後、時間の経過とともに変化する状況に応じた行動をシミュレーション

  • 講師が状況を時系列で提示
  • 進行する災害に対して、誰が何をするべきか→意見を話し合い、対応方法を決定

地図を使った訓練(グループワーク)

避難が必要となった場合、どこに、どうやって避難するか話し合い

  • 周辺の避難場所→複数の場所を確認
  • 難経路→複数の経路を確認
  • 避難経路上で危険な場所→災害時に通れない道を確認

訓練実施までの流れ

お客様の声を紹介します

  • 導入
    事例
    参加者同士が考え、判断力を養えるプログラムです!

    製造業 管理部 ご担当者様

    弊社は、工場の構造が複雑で機器も多く、災害時の安全性に不安があるものの、災害時の行動について何も取り決めがなく、防災の基本的知識の習得および地震時の行動について訓練したいと考えておりました。そのタイミングでALSOKの災害図上訓練の提案を受けて、参加者同士で考えて判断力を養える、想定外への対応について検討できるところに魅力を感じ、依頼しました。
    訓練では地震による被害イメージの習得や地震時の行動演習(建物内の災害対策用品の位置確認、地震発生時の危険箇所の確認、地震発生時・発生後の行動の検討、参加者間での意識統一と情報共有)を行い、複数の改善事項を洗い出すことができました。
    訓練参加者から活発な意見が出たため、問題点に対して対応策を検討していきたいと思っております。あらためて訓練の重要性を感じ、今後も繰り返し訓練を実施したいと考えております。

お気軽に相談ください。ALSOKは災害図上訓練に関して豊富な知識でお客様をサポートします。