ALSOKサーバIDが必要な理由

「誰がウェブサイトを運営しているのか」、「自分の個人情報に関するプライバシーの保護」

急激なブロードバンド化に伴い、インターネット上では幅広いサービスが展開されるようになってきました。顔の見えないインターネットで、ショッピングをしたり、クレジットカード番号などの個人情報を提供する際、気になるのは「誰がウェブサイトを運営しているのか」と「自分の個人情報に関するプライバシーの保護」です。

見知らぬ相手に路上でクレジットカードを手渡す人はいません。お店や品物を選んだり、サービスを利用する際にチェック・ポイントとなっているはずの項目を思い浮かべてください。インターネットの世界では、それらをより注意深く確認する必要があります。

あなたがアクセスするウェブサイトがALSOKサーバIDを導入していれば、インターネットを利用する際の、このような不安はかなり軽減されます。

つまり
サーバIDがない場合
サーバーがない場合
なりすまし
ホームページ利用者は、自分が見ているホームページが本物かニセモノか区別がつきません。
盗聴
個人情報(アンケートやショッピングにおける住所・氏名・ 年齢・電話番号・提案内容等)を安全に送信する事ができません。
サーバIDがある場合
サーバーがある場合

Web利用者は、自分が見ているホームページをどんな団体が運営している事が確認できるため、信頼してホームページを利用する事ができます

送る個人情報も、最大128bitSSL通信により暗号化されるため、安心して入力ができます。