ALSOKサーバIDに関するQ&A

Q1

サーバIDの「新規申請」・「更新申請」には、どのような違いがありますか?

サーバIDを申請する際の「新規申請」および「更新申請」の違いは、以下のとおりです。

【新規申請】
・初めてサーバIDを申請する場合
・前年度と異なるコモン・ネームを指定したCSRで申請する場合
・既に取得済みのサーバIDと同じコモンネームのサーバIDを、負荷分散サーバ用など追加申請する場合

【更新申請】
・取得済みのサーバIDの発行後30日を過ぎてから、前年度と同じコモン・ネームで生成されたCSRによる更新申請
なお、ウェブサーバでのCSR生成手順やサーバのインストール手順は、オンライン申請の「新規申請」・「更新申請」の区分とは直接関係はありません。

初めてサーバIDを購入されるウェブサーバの場合には「新規手順」でCSRを生成し、サーバIDをインストールします。既に、何らかのサーバIDがインストールされているウェブサーバの場合には、「更新手順」でCSRを作成し、サーバIDをインストールします。

Q2

現行のサーバIDと異なる担当者でも更新申請できますか?

可能です。
詳しくはこちらをご覧ください。

Q3

更新の申請はいつ頃する必要がありますか?

更新用のサーバIDのオンライン申請は、現行のサーバIDの発行後、30日を経過した後、いつでも受付可能となります。これより以前には、オンライン申請できません。できるだけ早めにに余裕を持った申請をお願いいたします。

【注意】
サーバID申請の際には、前年度と同じコモン・ネームでCSRを作成してください。前年度に指定したコモン・ネームを変更する場合には、申請手続き上、「新規申請」となります。

Q4

サーバID更新手続で、新規の登録申請作業に比べて省略できる書類・作業はありますか?

更新手続きは、以下の理由により新規と同じ手続きをご対応いただいております。

綜合警備保障では証明書を発行するにあたり、サーバIDの申請団体が確かに存在することを確認する上で、帝国データバンク企業コードのご申請、あるいは登記簿謄本をご提出いただいております。また、登記簿謄本につきましては、必ず発行日から3ヶ月以内の原本をご提出ください。

Q5

更新の度に新しいCSRを生成する必要はありますか?

綜合警備保障では更新の度に新しいキーペアファイルを作成し、新しいキーペアファイルより生成した新しいCSRで申請することをお勧めします。

複数年に渡り同じキーペアファイルを利用せず、サーバIDを更新する度に新たなキーペアに切り替えることがセキュリティ上も理想的です。
またMicrosoft IIS など、ウェブサーバアプリケーションによっては、前年度と同じCSRで取得したサーバIDでは、インストールができない使用のものもあります。ご利用のウェブサーバアプリケーションの仕様や、設定についてのご不明な点は、各アプリケーションの開発元に確認してください。

Q6

更新時にコモン・ネームを変更して申請できますか?

情報を変更したCSRでオンライン申請する場合には、申請手続き上、「新規申請」のサーバIDとなります。なお、ウェブサーバでの操作は、更新の手順に従い新しい情報でCSRを作成します。

Q7

サーバIDの有効期限は、どの時間帯で表されていますか?

2つの原因が考えられます。
新たにキーペアを作成した際に、既存のキーペアを上書きしてしまった可能性があります。新しいキーペアと、古いALSOKサーバIDのキーが一致しないために、サーバが正しく動作しません。 この場合、古いキーペア・ファイルのバックアップをリストアして環境を元に戻してください。その上で、新たにキーペア・ファイルを作成し、異なるファイル名で保存してください。なお、バックアップファイルが無い場合には、キーペアを復旧することはできません。新しいサーバIDを速やかにインストールする必要があります。その旨を弊社へご連絡の上、通常の更新手続きを速やかに行ってください。

新しいキーペア・ファイルを、異なるファイル名で保存したにも関わらず、サーバが動作しなくなってしまった場合は、コンフィギュレーションファイルの不一致が原因と考えられます。新しいキーペア・ファイルを指定して CSR(Certificate Signing Request)を作成した際に、コンフィギュレーションファイルも、新しいキーペア・ファイルが指定されてしまっていると、サーバIDの不一致により、サーバが動作しません。コンフィギュレーションファイルをご確認ください。
なお、更新の際の手順は各サーバによって異なりますので、マニュアルをご参照ください。問題が解決しない場合には、各製品のサポート窓口へお問い合わせください。

Q8

更新の度に新しいCSRを生成する必要はありますか?

サーバIDの有効期限はGMT(グリニッジ標準時)で表されています。日本の標準時刻との時差は+9時間です。

Q9

サーバIDの有効期限が下記のようになっていました。このサーバIDは、JST(日本標準時間)ではいつからいつまで有効ですか?
Validity Start Date:12/10/2011 00:00:00 GMT
Validity End Date :12/10/2012 23:59:59 GMT

12/10/2011 09:00:00 から 12/11/2012 08:59:59 までとなります。

Symantec(シマンテック)、Symantec ロゴ、Symantec Secured、Symantec Secured ロゴ は、米国およびその他の国におけるSymantec Corporation またはその関連会社の登録商標です。その他の名称はその他に帰属する商標である可能性があります。

「ALSOKサーバID」の資料請求はこちらから

「ALSOKサーバID」の資料請求はこちら
証明書検索 テスト用サーバID

ALSOKseal
当ホームページでは、お客様の個人情報を保護するために、SSLサーバ証明書による暗号化通信を実施しています。上部のALSOKセキュアドシールは、認証を受けた実在している企業であること証明する全世界で認められたシールです。
  • ALSOKマイナンバーソリューション
  • ALSOKの防犯・防災グッズ通販ショップ
  • ALSOK塾
  • ALSOKの損害保険
  • An9(アンナイン) タイプS
  • 緊急地震速報システム
  • 安否確認サービス
  • ALSOKあんしん教室

情報警備TOPへ