アンダーパス・道路冠水事故防止

ゲリラ豪雨による道路冠水時、車両水没事故を未然に防ぐ!

アンダーパスにおける冠水事故防止を支援

近年、「ゲリラ豪雨」と呼ばれる予報が困難な局地的集中豪雨や台風などの大雨により、道路の冠水被害が多く発生しています。雨水が集中しやすい構造であるアンダーパスでは、雨水の深さが分からず車両が進入し、水没する事故も頻発しており、対策が急がれる状況です。
ALSOKの「アンダーパス監視サービス」は、気象情報、危険水位を検知する冠水センサー、監視カメラなどにより、アンダーパスの状況をいち早く確認して関係者への緊急連絡を行います。また、自治体からの依頼に応じて道路遮断機を遠隔操作し、車両の冠水事故を防止します。

  • 24時間365日、ALSOKが監視・緊急連絡

    自治体にて、冠水に気付けるか心配

    冠水センサー、監視カメラ、通報装置での監視や気象データの確認を、ALSOKが自治体の職員様などに代わって、絶え間なく監視を行ないます。適宜、自治体様に緊急連絡を行うほか、依頼に応じて、画像確認に基づく現場状況のご報告にも対応いたします。

  • 遮断機で車両の進入を防ぐ

    冠水に気付かず、アンダーパスに侵入してしまう車をなくしたい

    冠水の予兆を検知してから冠水するまでの時間は数分~十数分。人手で現地にバリケードなどを設置するには時間とリスクがかかります。ALSOKでは遠隔操作可能なエアー遮断機を設置、要請に応じて遠隔起動させることにより、迅速かつ安全、確実に、アンダーパスへの車両の進入を防ぎます。

「アンダーパス監視サービス」の特長

    • Point
      1
    • 緊急連絡サービス

    ALSOKでは、アンダーパス周辺のゲリラ豪雨予測や監視カメラ、冠水センサーなどからの警報を常時監視し、ゲリラ豪雨予測情報や指定雨量超過情報、冠水情報などを自治体職員様に緊急連絡します。現場確認依頼があれば、画像確認を行い、現場の状況をご報告することも可能です。

    • Point
      2
    • 遮断機操作サービス

    冠水発生時には、お客様からの要請により、ALSOKがアンダーパスに設置したエアー遮断機を遠隔操作し、車両の進入を抑制します。

サービス概要

緊急連絡サービス

遮断器操作サービス

遮断機について

冠水発生時にバルーンを膨らませることで車両の進入を抑制する遮断機です。柔らかい形状のため車両を傷つけるリスクは低く、遮断状態においても緊急車両は低速で通過できます。

このようなお客様にオススメです

  • 自治体職員様

    自治体職員様が冠水に気づかない可能性や、夜間・休日など、自治体職員様が不在時に対応できないなどALSOKが自治体職員様に代わって対応します。

お気軽に相談ください。ALSOKはアンダーパス・道路冠水事故防止に関して豊富な知識でお客様をサポートします。