水害 ALSOKの災害対策

大型の台風、記録的なゲリラ豪雨など、水害をもたらす危険性がある天候の場合、
どのようにすれば被害を最小限に食い止めることができるのでしょうか?

水害

大雨が降っている場合

  • 不要不急の外出は控える

    大雨による冠水、強風での転倒や飛散物による被害、倒木や土砂崩れなどが発生する場合があり危険です。また、時に落雷、竜巻などの突風、ひょうなどを伴う場合があり大変危険です。

  • 河川、水路などには近づかない

    強い雨が降り、周囲から降った雨水が流れ込むことにより、短時間で危険な状態になる場合があります。
    また、橋などを渡っての避難もやめましょう。

  • 屋根など高所での作業は中止

    強風や雨で滑り、高所から落下する可能性があります。
    屋根に異常があるなど、気になることがある場合は、事前に専門業者に修理を依頼しておきましょう。

市町村から避難情報が出ている場合

水害が発生した場合、または発生のおそれがある場合に市町村から発令される避難情報は、緊急性や危険度により3段階あります。各市町村により呼び方が異なる場合がありますので、事前に内容を確認しておきましょう。
  • 避難準備

    ご高齢の方、体の不自由な方、子どもなど、避難に時間がかかる方、また、その手助けをする方は避難を開始します。
    上記以外の方は避難準備を整え待機。気象情報に注意し、危険を感じたら早めの避難を心掛けましょう。

  • 避難開始

    速やかに避難を開始します。
    避難所への移動が困難な場合、外出することでかえって命に危険が及ぶような場合は、近所や自宅内のより安全な場所に避難します。

  • 緊急避難

    避難されていない方は緊急避難を行います。
    避難所への移動が困難な場合、外出することでかえって命に危険が及ぶような場合は、近所や自宅内のより安全な場所に避難します。

警報が発表されたらどうすればいいの?

気象庁では、大雨等による災害の防止のため、気象警報等の防災気象情報を発表しています。災害に結びつくような天候が予想される数日前から「気象情報」を発表し、その後の危険度に応じて注意報、警報、特別警報を段階的に発表しています。
それぞれの警報の意味を充分に理解し、警報が発表された時に適切な行動が取れるようにしておきましょう。

土砂災害警報区域等にいる場合は、自治体の避難情報に留意しつつ、気象庁ホームページの「土砂災害警戒判定メッシュ情報」で危険な場所の位置を確認し、早めの行動を心掛けましょう。

気象庁 土砂災害警戒判定メッシュ情報

立ち退き避難が必要な区域等に施設がある場合は、自治体の避難情報に留意しつつ、河川の水位情報等を確認。早めの行動を心掛けましょう。

土砂災害警報区域等にいる場合は、土砂災害警報区域等の外へ移動し、少しでも安全な場所に避難しましょう。

大雨・台風の前に抑えておきたいポイント

大切なのは「日ごろの備え」。
大雨や台風の前に情報と備蓄品を揃えておきましょう。

ハザードマップを確認する

国や自治体が発行しているハザードマップを確認し、危険な場所や指定緊急避難場所を日ごろから確認しておきましょう。
また、国土交通省ハザードマップポータルサイトでは、全国の地域固有の危険情報を検索することができます。

避難情報の入手方法を確認

市町村からの避難情報の入手方法を事前に確認しておきましょう。屋外スピーカーからの防災行政無線放送、テレビ、ケーブルテレビ、ラジオ、インターネット等複数の入手方法があります。
また、自治体による連絡網やメールでの配信サービスがある場合もあります。

PC機器や家電に注意

PC機器や家電が水没すると、故障するだけではなく、漏電から感電や火災の原因となり大変危険です。
災害時に安全な場所に設置する、また安全な場所へ移動させやすい設置方法等を検討しましょう。

店舗や倉庫の浸水にも注意

店舗での在庫品や、倉庫内の出荷商品など、ダンボール箱内の商品や資産等の水浸し被害が出る場合があります。被害をシミュレーションし、浸水を防ぐために土のうを用意するなど、事前に対策をとりましょう。

アンダーパスに注意

路面の高さが低くなっているアンダーパス部の道路は、大雨時に冠水する恐れがあります。冠水している道路に侵入すると水没する事故も発生するため、安全な道へ迂回しましょう。

防災グッズや備蓄品を整える

電気・ガス・水道等のインフラ、鉄道等の交通機関が寸断されてしまった場合、復旧に時間がかかる場合があります。ご家庭では日常生活が困難となり、企業では帰宅困難者が滞留生活を余儀なくされます。そんな場合に備え、防災グッズや備蓄品を事前に整えましょう。

ALSOKの防犯・防災グッズ通販ショップ

ページの先頭へ
  • 災害対策TOP Disaster Prevention
  • 地震 Earthquake
  • 火山 Volcano

リンク