暮らしに役立つ ALSOK ライフサポートコラム
暮らしに役立つ ALSOK ライフサポートコラム

暮らしに役立つ ALSOK

ライフサポートコラム

いつからあげる? 金額は?子どものお小遣い、どうするのが正解!?

2016年03月02日時点の情報です

お子様向け

新年度の始まりとともに、子どもたちがまた一つ大人の階段をのぼる春。家庭によっては、お子さんへのお小遣いをあげ始めるか検討する時期かもしれません。とはいえ、始めるタイミングは家庭によってさまざま。みなさんのご家庭はどうされていますか? お小遣いを通して金銭感覚を養う方法をアルボが伝授します!

アイコン
null
null

お母さん、お願い! お小遣いがほしいんだよぉ。

null
アイコン
null
null

私も欲しい~! 無駄遣いしないから。

null
null

うーん。2人とも、何に使うつもりなの?

null
null
null
null
アイコン
null
null

ほしいマンガがあるんだ!

null
アイコン
null
null

私は友だちとお菓子を買いに行きたいの。

null
null

ちょっとちょっとアルボ、お小遣いってどう思う?

null
null
null
アイコン
null
null

子どもたちにお金の大切さを伝えるイイ機会デスよ。
お小遣いを通して金銭感覚を養う方法を考えてみまショウ。

null

アルボが言う通り、幼いうちからお金の免疫をつけておくのはとても大切なこと! というのも、お金の使い方を知らずにいると、一気に浪費してしまったり、友だちに頼まれて貸してしまったりなど、トラブルになることもあるからです。

幼い頃の少額のお小遣いであれば、失敗しても知れたもの。お金を扱う練習をするにはぴったりです。

null

でも、「いつから」「どうやって」あげるかは悩ましいところだわ。みんなはどうしているのかしら?

null
null
null

必要な時にだけ渡す家庭もあれば、毎月、決まった額のお小遣いを渡す定額制にしている家庭も。定額制の場合、一般的には、小学校2~4年生になったら導入するご家庭が多いようです。

アイコン
null
null

ママと一緒にお買い物に行って、子どもがお金に興味を持ち出した頃が始め時、との説もありマスね!

null

ちなみに、金融広報中央委員会が公表した「子どものくらしとお金に関する調査(平成22年)」によれば、小学生のお小遣いのもらい方は次の通りです。

小学生のおこづかいのもらい方
null

毎日、週1回、◯日に1回、月1回、ときどき。いろんなタイミングがあるのね! 

null
null
null
アイコン
null
null

いきなり定額のお小遣い制にするのが不安なら、最初は必要な時だけ渡したり、お年玉をどう使うかを一緒に考えたりするのも手。 実際、低学年のお子さんをもつご家庭は「ときどき」が最多デス。ただし、高学年になるにつれて「月1回」が増えていきマス。

null
null

なるほどねぇ。月に1回お小遣いを渡す家庭は、どのくらいの金額を渡しているの?

null
null
null

小学生のお小遣い額

最も多い金額帯 次に多い金額帯 最も多く回答された金額 平均額
小学校低学年 500~700円未満(21.7%) 100~200円未満(17.8%) 500円 949円
小学校中学年 500~700円未満(27.3%) 1000~1500円未満(19.7%) 500円 896円
小学校高学年 500~700円未満(37.6%) 1000~1500円未満(29.9%) 500円 1087円

(出典:金融広報中央委員会「子どものくらしとお金に関する調査(平成22年度)」)

null

どの学年も500円と答えたご家庭が多かったのね。うーん、どうしようかしら。金額の決め手はどこ?

null
null
null

大切なのは「上手にやりくりすれば、ほしいものが買える!」 という感覚を育てること。この額が良いという正解はありませんが、ポイントは「過剰に渡さないこと」! ほしい物より、少し少ない額をあげて、貯めることを学ばせるのがベストです。

アイコン
null
null

ぼっちゃん、ほしいマンガは400円ですよね。たとえば、毎月300円のお小遣いをもらったとしたら?

null
アイコン
null
null

えっと、算数だね。1回ガマンしたら2カ月目に1冊買えて、3カ月目も1冊買える!

null
アイコン
null
null

正解デース! 別の物を買わないで、ちゃんと貯めれば、ネ。

null
null

そっか、お金を使うのも、貯めるのも勉強なのね。
ほかに、お小遣いをあげる時に親が気をつけるべきことはあるかしら?

null
null
null
null
お小遣いを渡す時のルール

●お小遣いを渡す時のルール

「前借りはさせない」「追加はあげない」といったルールを事前に決めて、守りましょう。お子さんが、頑張って貯めた結果、ほしいものを買えたという実感を得ることにつながります。

●お金の貯め方を教えてあげよう

お小遣い帳のつけ方を伝えたり、貯金箱を買ってあげたりして、上手なお金の貯め方を教えましょう。あとは、使い道に口を出さずに見守って。使いすぎる失敗も、学びの一つです。

●家事のお手伝いに対してはお金を払っちゃだめ!

家族の一員として、お手伝いをするのは当たり前のこと。当たり前のことに“ご褒美”をあげていると、報酬なしには手伝わなくなってしまう恐れがあります。

●お小遣いアップはふだんの行動をよく見極めて

学年が上がっても、本人の行動範囲が変わっていなければ、自動的にお小遣いをアップする必要はないかも。「必要額よりちょっと少なめ」のルールを継続するのも手です。

null
アイコン
null
null

ねえ、お兄ちゃん。私たちも何がほしいか、なんでほしいのかをお母さんに説明できないと、お小遣いもらえなさそうだね……。

null
アイコン
null
null

でも、うまく説明できれば値上げもあるかもしれないよ。どういう風に言うか作戦を立てよう!

null
null

子どもたちの会話が丸聞こえなんだけど(笑)。お小遣いの値上げ交渉も勉強のうち、なのね。

null
null
null

お金の大切さを学んでいけば、両親がどれだけの仕事をして報酬をもらい、自分たちを育ててくれているかを理解する日がきます。そして、お金を有効に使うことと、将来のために貯めることのバランスを自分で考えられるようになります。

アイコン
null
null

お母さん、“お金を扱う力”は“生きる力”そのものデス!

null
null

そうね……よし、決めた。お小遣い制にしましょ。
さあ、2人とも、いらっしゃい。お小遣い帳のつけ方を教えるわよ!

null
null
null
お母さんに、お小遣い帳のつけ方を教えてもらったんだ!お小遣いをもらったと時、お金を使った時は必ず書いてるよ。残ってるお金を見れば、次にほしいものを買うためにはいくら必要かってこともすぐ分かるしね。本当に買っていいのか、それとも貯めたほうがいいのか、いつも迷うんだ。しっかり考えて使うようにするよ!

コラム一覧

関連コラムこちらもお読みください

コラム
「リオデジャネイロ」ってどんな都市?

更新日:2016.08.03

リオデジャネイロ(以下、リオ)ならではの魅力って? 気になる現地の治安状況は? 今夏盛り上がること間違いなしの都市の素顔に、ぼっちゃんとアルボが迫ります!

ためしてALSOK
手軽で便利な「ネットdeガードマン」を試してみた

更新日:2017.3.29 NEW

業界初の「ガードマン」による臨時的な警備手配サイト、ALSOKの「ネットdeガードマン」を体験してみました!