ホームセキュリティのHOME ALSOK  >  ライフサポートコラム  海外旅行で遭遇しがちなトラブル。どうすれば避けられる?

ライフサポートコラム

ライフサポートコラム

海外旅行で遭遇しがちなトラブル。どうすれば避けられる?

ご家庭向け
ゴールデンウィークに向けて、海外旅行のプランを練り始める人も多いのでは?この家族も、今年は大奮発してみんなで海外旅行を検討しているようです。でも、浮かれ気味のお父さんとは対照的に、お母さんは困り顔……。言葉がうまく通じない外国でのトラブルを心配しているみたいです。
アイコン
常夏のハワイ、活気のあるアジア、大自然のオーストラリア、華々しいヨーロッパ……。どこに行くか迷うなぁ。ここは思いきって、フランスなんてどうだ、母さん。
フランスー!!キャーすごーい!
アイコン アイコン
アイコン
私、海外旅行って初めてなのよ。もう、不安で今から倒れそうだわ……。
お、お母さん、ちょっと心配しすぎデスヨ。でも、確かに海外旅行では、油断するとトラブルに巻き込まれる可能性はありマスネ!
アイコン

世界でも有数の治安の良さを誇るといわれる日本。欧米諸国の主要犯罪の発生率は、日本の4〜6倍に上ります。一方、殺人発生率を見比べると、米国は日本の約5倍です。

アイコン
海外は危険ってイメージはどうしてもあるわよね。でも、具体的には、どんな犯罪やトラブルに巻き込まれやすいのかしら?
海外の事件・事故ランキングを見てみまショウ。圧倒的に多いのは、窃盗デスネ。
アイコン

窃盗のケースで多いのは、ぶつかったり、話しかけたりしてターゲットの気をそらし、金品や荷物を盗んでいく「スリ」や「置き引き」。記念写真の撮影時やATMで現金を引き出す際のスキを突く手口も多く報告されています。

なかには、わざと標的にアイスをぶつけ、注意を引いている間に他の仲間が金品を持っていくなど、集団による犯行も。また、警官を装った男に、パスポートやクレジットカードの提示を求められ、財布を出した瞬間にひったくられるなどの被害も出ています。

財布はもちろん、カメラや携帯電話なども、かばんの中に隠すなどして十分注意しましょう。

とはいえ、海外旅行トラブルは時期や場所によってその危険度は異なります。渡航前には、かならず外務省の「海外安全ホームページ」などをチェックし、各国の治安情勢を調べておきまショウ!
アイコン
アイコン
万一、渡航先でトラブルに巻き込まれちゃったらどうすればいいの?
そんな時はまず「日本大使館」に相談しまショウ! いろんなことで力になってくれるんデスヨ。たとえば……。
アイコン

●所持金・所持品が盗難にあったとき

大使館では、現地警察への届け出方法の案内や、家族や知人から送金が受けられるように助言を行っています。また、パスポート(旅券)を盗まれた場合は、新しく発給したり、帰国するための渡航書を発給したりすることも可能です。

●事故にあったとき、急病になったとき

被害やケガの状況によって現地での届け出や治療方法が異なるため、大使館が助言します。また、弁護士や通訳の情報を提供したり、日本人がよく行く病院や日本語が通じる医療機関などを紹介したりすることも可能です。

アイコン
なるほど、ちょっと安心したわ! でもね、子どもたちのことも心配なのよ。あの子たち、すぐうろちょろするでしょ。現地ではぐれたらどうしたらいいの?
大人同士なら、はぐれた時に備えて待ち合わせ場所を決めておけばいいデスネ。ただ、子どもたちは誘拐される危険性もあるので心配デス…。行方不明になってしまったら、まずは大使館に駆け込んでくダサイ。
アイコン

●海外で行方不明になった家族を探したい時

大使館は、現地の事情に合った捜索や現地警察へのデータ照会、捜索願を出すための助言などを行います。犯罪に巻き込まれている可能性がある場合は、現地警察に捜査の申し入れをする必要も出てきます。

そのほか、「現地で逮捕・拘禁された時」や、「現地で大規模な自然災害が起きた時」などの場合も、大使館が動いてくれマス。海外旅行時の強い味方なんデスヨ。
アイコン

とはいえ、大使館はトラブルの解決にかかる費用を負担してくれるわけではありません。渡航先で入院することになった際、十分な医療設備がない国では国外に緊急搬送するケースも……。そうなれば、個人で非常に高額な医療費を負担することになってしまいます。

そんな時、入っていると役に立つのが「海外旅行保険」。基本的に、貴重品の盗難、医療費、交通トラブルによる出費などを補償します。保険会社によってオプションなどが異なるため、内容をよく比較して、できるだけ充実した保険に加入しましょう。

アイコン
何が起きるかわからないから、保険でケチっちゃだめなのね……ってお父さん! さっきからスマホばっかりいじっているけど、海外でもその調子だと怒るわよ!!
お父さん、そうデスヨ。海外でスマホを使うなら、事前に手続きをしておかないと、とんでもない額を請求されちゃいマス。
アイコン
アイコン
えっ、そうなのか!?

日本国内で契約した通信のパケット定額サービスは、海外では対象外のケースがほとんど。うっかり利用すると、帰国後に数十万円クラスの請求が届くことも……。海外ローミングサイトと契約・提携していない場合は、自動的に通信を行う「メールチェック機能」や「アプリ更新機能」などをオフにしておきましょう。

手っ取り早いのは、「3G回線」を遮断しちゃうことデスネ。こうしておけば、知らないところでスマホが勝手に通信しちゃうようなこともアリマセン。
アイコン

海外でも、日本にいる時と同じように通信を利用したい場合は、「海外パケ・ホーダイ(NTTドコモ)」「海外ダブル定額(au)」「海外パケットし放題(ソフトバンクモバイル)」などのサービスを使いましょう。1日当たり最大3000円未満に抑えられます。

アイコン
なるほど! 危なかった。母さん、安心しろよ。ちゃんと海外用の契約をしていくからさ。
もうっ、私はそういうことを言ってるんじゃありませんっ!

コラム一覧

コラム一覧
がんばるお父さんの背中がピンチ!?体調不良を引き起こす“IT猫背”にご用心!

更新日:2016.5.2

長時間パソコンを使っていたり、スマホをよく見ていたり……。そんな人の間で増えているといわれるのが「IT猫背」です。姿勢が悪いと見た目の印象がよくないばかりか、肩こりや首こり、頭痛、便秘、ヘルニアなど、さまざまな体調不良につながる恐れもあります。丸い猫背をピンっとのばす、きれいな姿勢の作り方をアルボがご紹介します。さあ、ご自宅やオフィスで取り入れてみましょう♪

ためしてALSOK
ALSOKオススメの“進化型”防災グッズ大集合!

更新日:2016.8.24

地震をはじめとした自然災害に備えて、ご家庭やオフィスで必ず備えておきたい防災用品。近年は、必要なものを詰め合わせたキット型のものから、従来品より軽量化したもの、サイズがコンパクトになったもの、1品で複数の機能を兼ね備えるものなど、さまざまなアイテムが登場しています。今回は、ALSOKが扱う防災用品の中から、進化した優秀グッズをアルボが厳選! 実際に使ってみました。