防犯対策ならALSOK HOME ALSOK トップ ライフサポートコラム 新型振り込め詐欺も?その撃退法は……

ライフサポートコラム

ライフサポートコラム|ホームセキュリティならアルソック

新型振り込め詐欺も?撃退法は……

ご高齢者向け
高齢者が狙われやすい「振り込め詐欺」。子や孫を案じる心理に付け込んだ悪質な犯罪ですが、その手口は近年ますます巧妙化しています。被害に遭わないためにも、最近の手口の傾向と対策をしっかり押さえておきましょう。
アイコン
この間、「父さんオレだよ、オレ」って電話がかかってきてな。「どちらのオレさまですか?」と聞いたら、すぐ切れてしまったよ。はて、あれは誰だったかのぅ……。
おじいさん、それは何年も前からよくある「オレオレ詐欺」の手口ですよ。ニュース番組や新聞でも起きく取り上げられたせいか、最近ではだましの手法もあの手この手で狙ってくるらしいですよ。
アイコン

初期のオレオレ詐欺に登場していたのは、本人役のみでした。ターゲットを絞らず、無作為に電話をかけてきていたのです。

しかし、近年では複数の役柄(警察官役、弁護士役など)が登場する劇場型へと発展しています。さらに、ターゲットの絞り込みや身辺調査をしっかりと行った上で行動に移すなど、高齢者をだますために今まで以上の用意周到さがうかがえます。

■オレオレ詐欺の被害発生状況

認知件数 被害額
平成19年 6,430件 約145億3,290万円
平成20年 7,615件 約155億1,928万円
平成21年 3,057件 約52億,266万円
平成22年 4,418件 約60億4,383万円
平成23年 4,565件 約90億560万円
平成24年6月末現在 1,696件 約43億5,528万円

※参照/警察庁ウェブサイトより

その代表的な手口がメディアなどで大きく取り上げられ、一旦は減少したかのように見えたオレオレ詐欺ですが、一昨年あたりからまた増加傾向にあります。

アイコン
ワシはオレオレ詐欺のターゲットにされとったんか……。しかも初期バージョン。恐ろしい世の中じゃわい。
おじいさんがおとぼけでよかったの。オレオレ詐欺にひっかからないためには、「パニックにならないこと」が一番大事なんじゃよ。
アイコン

少しでも「怪しいな」と思ったら、ひとまず心を落ち着かせ、以下の方法で対応するようにしましょう。


●相手の名前を聞く

「どなたですか?」と、相手の名前を聞き出してみましょう。自分から身内の名前を言わず、わざと架空の名前を出してみるのも手です。

●本人にしかわからないことを尋ねてみる

事前に、名前などの家族情報を調べた上で連絡をしてきているかもしれません。前回会ったときの話など、本人にしかわからないことを尋ねてみましょう。

●電話を切った後に、本人や勤務先などに連絡を取って確認する

電話を切った後は慌てず、必ず本人に確認の連絡をしてみてください。たとえ、「電話番号が変わった」と告げられたとしても、まずは前の電話番号にかけてみましょう。

このほか、「留守番電話を設定する」「家族で合言葉を決める」といった撃退法も。警察庁では、振り込め詐欺の対策ホームページを開設 しているので、しっかりチェックしておくとよいかもしれません。

▼警察庁振り込め詐欺対策HP

http://www.npa.go.jp/safetylife/seianki31/1_hurikome.htm

アイコン
そうかそうか、日頃から家族で話し合っておけばいいんじゃの。ま、このワシをだまそうなんて、10年早いと犯人に言ってやりたい気分じゃわい。
そういう自信満々の人が一番危ないんじゃよ……。うちにはオレオレ詐欺の犯人に払うお金は一銭もありませんからね!
アイコン

コラム一覧

コラム一覧
カビ、ダニ、ウイルスが大繁殖!?
梅雨シーズンの感染症にご注意を!

更新日:2016.06.01

上空を厚い雲が覆い、じめじめとした日が続く6月。梅雨シーズンは、古来には「黴雨(ばいう) 」とも呼ばれ、黴(カビ)の多い時期として知られます。でも、蒸し暑い気候を好むのはカビだけではありません。たとえば、目に見えないウイルスや小さなダニもその一つ。こうした微生物の活動が活発になり、人体に悪影響を及ぼすことは少なくないようです。梅雨の時期に気をつけたい感染症をアルボがレクチャーします。

ためしてALSOK
お部屋を見守る防犯カメラ「アルボeye」を使ってみた

更新日:2016.10.26

今回は最新の家庭用防犯カメラの使い心地をチェック! 「HOME ALSOKアルボeye」のカメラ、その性能とは!?