HOME ALSOK トップ  >  ライフサポートコラム  4月から新生活がスタート!スムーズに引っ越しするコツは?

ライフサポートコラム

ライフサポートコラム

4月から新生活がスタート!スムーズに引っ越しするコツは?

女性向け
転勤や入学などで、新生活を始める人が増える3〜4月に向けて、新居を探している方も多いのではないでしょうか。スムーズな引っ越しに、周到な準備は欠かせません。オンシーズンに知っておきたい引っ越しの手順をおさらいしましょう!
アイコン
こんにちは、お邪魔するよ〜。おや、もう荷造りを始めているのかい? ずいぶんと張り切っているじゃないか。
あら、いらっしゃい。そりゃそうよ、念願のオートロックマンションに引っ越しするんだから。セキュリティが充実していると、安心できるでしょ? 最上階からの景色も楽しみ♪ ま、5Fだけどさ。
アイコン
アイコン
早めの荷造りはいいけどさ、引っ越しの日取りは決まったのかい? 3〜4月は特に引っ越しが集中する季節だから、早めに日取りを決めて、引っ越し業者を押さえるのが先だよ。

東京都の調べによると、1年の中でも特に2月から3月にかけて、賃貸住宅に関する相談件数が増えています。引っ越しシーズンであることを裏付けるデータですね。

需要が増えるわけなので、当然ながらこのシーズンは引っ越し費用も高騰しがち。少しでも安く済ませたいなら、引っ越し業者の需要が低くなる日を選ぶのがポイントです。

アイコン
たとえば、平日や仏滅の日だね。日曜の「午後便」などを選ぶのもテかな。
ただし、午前便の時間が長引いて、午後便は引っ越し完了が夜中になってしまうこともありマス……。そういうリスクを考慮して、午前・午後のどちらかを選んだ方がよいデスネ。
アイコン

費用を押さえたいなら、少なくとも2〜3社から見積もりを取ることが大切。春は引っ越し会社にとって、ライバル会社との競争が激化する時期でもあるため、ギリギリまで"勉強"してくれることもあります。ただし、ムリな値引きを要求して、交渉が決裂しないようにご注意を!

初期に行う引っ越し準備のポイントをまとめまショウ!
アイコン
アイコン
あら、間取り図がいるの? なんのために?

作業員に荷物を運ぶ位置を正確に指示するには「間取り図」が必要です。間取り図上で荷物を置く場所ごとに番号を決め、荷物(段ボール)に番号を割り振りましょう。引っ越し当日、作業員に説明すれば、思いどおりの場所に荷物を置くことができます。

また、段ボールには番号だけでなく、内容物を記載しておくのが◎。引っ越し先で効率よく荷解きができます。段ボールを積み重ねるため、上部だけでなく側面部にも書いておくのがポイント。大切に運んでもらいたい「貴重品」や「こわれもの」などは、大きな文字で明記しておきましょう。

また、段ボールの数を控えたり、荷物の一覧リストを作ったりしておきましょう。もし荷物が紛失しても、引っ越し先ですぐに確認できるからです。万一、大切な荷物が紛失してしまった場合は、その場で「事故証明」を出してもらいましょう。

引っ越し前は新居の下見も重要デスよ。転居先の状況をきちんと見ておくと、スムーズに引っ越しができマス。チェックポイントは次の通りデス。
アイコン

このとき、間取り図とメジャーを持っていくことをお忘れなく。玄関や屋内のドア、屋内の廊下はもちろん、収納スペースの幅や高さ(奥行)などをきちんと測り、間取り図に書き込んでいきましょう。いざ引っ越してみたら家具がドアを通らない……なんて事態に陥らないようご注意を。また、家具の配置をあらかじめ決めるために、コンセントの位置もぬかりなく確認しておきましょう!

アイコン
なるほどね。あと、事前にしておくべきことってあるかしら?
お役所などの手続きデス! 主なものを下記のリストにまとめてみまシタ!
アイコン
アイコン
よし、ここまでくれば、あとは引っ越すだけだね。
油断は禁物デスよ。引っ越し前日と当日のポイントもおさらいしておきまショウ!
アイコン
そう、引っ越し先でガスの開栓を行わないと、その日にお風呂に入られない……なんてことになっちゃうのよね。スムーズに引っ越して、新生活をエンジョイしましょ♪
アイコン

コラム一覧

コラム一覧
スカートの女性はご用心!と思ったら男性も被害に!?スマホによる「盗撮」「隠し撮り」の実態とは

更新日:2016.09.07 NEW

従来は小型で高性能なスパイカメラやペン型カメラなど、特殊なツールが使われてきた「盗撮」や「隠し撮り」。しかし、現在ではスマホを使ったケースも多いそう。さらに、「盗撮」や「隠し撮り」といえば女性がターゲットになりがちでしたが、近年は中高年の男性が撮影されてトラブルになるケースも!? 「盗撮」と「隠し撮り」の実態をアルボが解説します。

ためしてALSOK
ALSOKオススメの“進化型”防災グッズ大集合!

更新日:2016.8.24

地震をはじめとした自然災害に備えて、ご家庭やオフィスで必ず備えておきたい防災用品。近年は、必要なものを詰め合わせたキット型のものから、従来品より軽量化したもの、サイズがコンパクトになったもの、1品で複数の機能を兼ね備えるものなど、さまざまなアイテムが登場しています。今回は、ALSOKが扱う防災用品の中から、進化した優秀グッズをアルボが厳選! 実際に使ってみました。