HOME > ALSOKセキュリティ情報 > ALSOKセキュリティコラム


できるところからはじめよう 簡単にできるご自宅の防犯対策


ゴールデンウィークは、長い方では8連休、カレンダー通りでも5連休という方が多かったかと思いますが、みなさまはいかがお過ごしでしたか。

「思い切って海外に」「実家でのんびり」などと、長期間ご自宅を留守にした方もいらっしゃると思いますが、お出かけ前、旅行などの計画と同様に、防犯面についても考えていただけましたでしょうか。

みなさまの中に「帰宅したときに、空き巣に入られたことがわかって愕然とした」などという方がいないことを願っていますが、不運にも空き巣被害に遭われてしまったという方は二度とないように、幸いにも何事もなかったという方はこれからもないように、改めてご自宅の防犯対策について考えていただければと思います。

そこで今回は、長期不在時はもちろん、普段のお出かけ時にも有効で、かつ比較的簡単にできる防犯対策をいくつかご紹介しますので、参考にしていただけると幸いです。


留守と悟らせない


空き巣対策で有効なのは、まず「留守」だということを悟らせないことです。

たとえば、暗くなっても玄関や室内の電灯が消えていると、留守ということがすぐにわかってしまいます。長期間不在にする場合は、電気代が気になるという方もいらっしゃるかもしれませんが、消費電力の少ないキッチンなどの電灯を点けておいたり、タイマーで決められた時間に点灯する照明機器などを設置したりすると効果的です。

また、郵便物や新聞がポストに溜まっていると、一目で長期不在だとわかってしまいますね。旅行などで長期不在にする場合は、郵便局や新聞配達所に配達を一時止めるように依頼するか、ご近所の方に取り置きしてもらうようにお願いしておきましょう。


侵入しにくい家と思わせる

空き巣の多くが、事前に下見をすると言われていますので、「この家は入りにくいな」と思わせるのも一つの手です。

空き巣はまず敷地内に忍び込み、それから家の中に入るためにガラス破りなどの作業をするわけですから、自分の姿が外から丸見えでは都合が悪いのです。そのため、できる限り外からの見通しを良くして、空き巣が潜む余地をなくすようにすると効果的です。

高い塀や生け垣は、プライバシーを守る上ではいいと思いますが、防犯上では一度入られてしまうと発見されづらいという欠点がありますので、これからご自宅のエクステリア工事などを検討される場合は、是非その点を考慮していただければと思います。また、敷地内に入られてしまったときに備え、踏むと大きな音が出る玉砂利(防犯玉砂利)を敷いておくのもおすすめです。


侵入に時間を掛けさせる


空き巣の約7割が、侵入までに「5分以上」掛かると犯行をあきらめると言われています。

つまり侵入されるまでに5分以上掛かるようにすれば、被害に遭う確率はグンと下がるということです。そのためには補助錠を取り付けたり、ガラス面を強化する防犯フィルムを貼ったりすることなどが効果的です。


ALSOKロック(換気中)ALSOKロック(ALSOKマークで犯行抑止効果)


【換気もできる引き違い窓用補助錠「ALSOKロック」。 表からはALSOKマークが見え、犯行抑止効果も期待できる。】「ALSOKロック」(ガードマンショップ.comにて販売中)

http://guardman-shop.com/shop/item_detail?category_id=5819&item_id=34107



最後はやっぱり「人の目」

空き巣がもっとも嫌がるのは「人の目」です。
実際、ジロジロ見られたり、声を掛けられたりしたことによって、犯行をあきらめたという空き巣が多いのです。そのため、外出の際は、ご近所の方や管理人さんなどに一声掛けてから、出掛けるようにしましょう。また、逆にお隣の方などが留守の場合は、是非気に掛けてあげてくださいね。

「簡単にできるご自宅の防犯対策」、いかがでしたでしょうか。
このように、費用や手間をあまり掛けなくてもできる対策はたくさんありますので、できるところからはじめてみてください。

このページの先頭へ