HOME > ALSOKセキュリティ情報 > ALSOKアンケート

ALSOKアンケート


ALSOKが家庭の防犯に関するアンケート


<2011年8月>

 ALSOKが、子どもを持つ首都圏の20歳代から50歳代の女性600人を対象に実施した「家庭の防犯に関するアンケート調査」の結果をご紹介します。


■今年の夏は防犯対策より節電対策を重視 99.5%が節電対策を実施

 東日本大震災を契機とした福島第一原子力発電所の事故を受けて、日本各地の原子力発電所が運転を停止したため、現在全国規模で企業や家庭に向けて節電が呼びかけられています。
 そこで、今年の夏は節電と防犯のどちらに重きを置く予定か聞いたところ、86.5%(519人)が「節電対策」の方と回答しました。
 また、「節電するつもりはない」と回答した人(0.5%、3人)を除く99.5%(597人)が、何らかの節電対策を実施していました。具体的には、「使っていない部屋の明かりを消す」(95.5%、573人)、「エアコンの温度を高めに設定する」(76.5%、459人)、「使っていない家電のコンセントを抜く」(62.0%、372人)といった節電対策を実施しており、節電に対する関心の高さが伺えます。


■節電していて83.1%が「不安」、うち半数以上の人は防犯に関する不安を感じている
 節電する上で感じている不安について質問したところ、 「エアコンの使用を控えて、熱中症になるのではないか」(48.6%、290人) が最も多くの回答を得ました。
 総務省消防庁によれば、6月に熱中症で救急搬送された人は6,980人で、前年
同期の3倍(2010年6月は2,276人)に上っており、さらに新聞・テレビ等で注意喚起や対策について連日報道されているため、いっそう熱中症への関心が高まっているものと思われます。
 また、「街灯や玄関先の明かりの数が減って街が全体的に暗い(ひったくり、チカンなどに遭うんじゃないか)」(37.2%、222人)、「窓を開けていたら、空き巣など泥棒や強盗の侵入被害に遭うのではないか」(33.8%、202人)という、防犯に関係する2つの回答を合わせると、全体の半数以上(52.7%、316人)が節電によって防犯上の不安を感じている ことがわかりました。




■防犯上の不安を感じて対策を考えている人は約8割
 節電することで防犯上の不安を感じている人(52.7%、316人)に、どんな対策をしようと思うか質問したところ、 「就寝中や、人がいない部屋の窓はなるべく開けないようにする」(52.2%)、「明るいうちに帰宅するようにする」(41.5%) といった、すぐにできる対策を講じる人が、80.7%(255人)を占めました。



 警察庁の統計によると、昨年1年間の侵入窃盗(泥棒)被害は136,552件で、そのうち54,458件が「 空き巣 」でした。空き巣に対しては、戸締まりの確認や
 カギを2重にするなどの防犯対策が浸透してきていますが、在宅中に泥棒に入られる「 忍込みしのびこみ ※1」や「 居空きいあき ※2」に関してはまだあまり認識されておらず、昨年1年間で家にいながら泥棒に入られた件数は 約2万件 に上りました(「忍込み」16,175件、「居空き」3,925件)。
※1忍込み・・・夜間、家人等の就寝時に住宅の屋内に侵入し、金品を窃取するもの
※2居空き・・・家人等が在宅し、昼寝・食事などをしているすきに屋内に侵入し、金品を窃取するもの

【参考(その他のアンケート結果)】


節電中の防犯対策に関して、ALSOKからのアドバイス



 防犯上は、「人がいない部屋の窓は開けない」、「就寝中は窓を開けない」 ことは大原則です。もし一時的に窓を開ける場合には、一定幅以上窓が 開かないようにする補助錠(「ALSOKロック」など)を取り付けた 上で、“手が入らない幅”に窓を開けて換気を行うようにしてください。
 また、歩くと大きな音が鳴る砂利を窓の下などに敷き詰めておくことも、 侵入抑止に効果があるといわれています。なお、当社オンラインショップで販売している 「ALSOK音砂利(おんじゃり)」(約11kg入り、税込3,150円)は、 4〜6月の売上げが対前年同期比で約2倍でした。

 一方、ひったくり被害の92%は女性(出典:警察庁、平成22年生活安全総務課 手集計)で、歩いているところを追い越しざまにひったくるという手口が主流となっています。節電によって街が暗くなり、それを悪用する犯罪者も少なくないことから、 「明るいうちに帰宅するようにする」のは、賢明な判断です。それに加えて、「カバンは車道と反対側に持つ」、「自転車のかごにカバーをつける」、「カバンにひったくり防止クリップをつける」、「防犯ブザーや懐中電灯を持ち歩く」などの対策を加えると、より安心できるといえます。

 節電対策はもちろん重要ですが、そちらを優先するあまりに、防犯対策をおろそかにすることのないよう、十分注意していただければと思います。




【調査名】   :「ALSOK家庭の防犯に関するアンケート調査」
【調査方法】 :インターネット調査
【調査対象】 :子どもを持つ20歳から59歳の東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県在住の既婚女性
【調査期間】 :2011年7月19日〜21日
【調査人数】 :600人(1都3県で均等割り付け)
【調査会社】 :GMOリサーチ
このページの先頭へ