HOME > ALSOKセキュリティ情報 >ALSOKセキュリティレポート

ALSOKセキュリティレポート

商品事例ご紹介10.新生活を始める季節に ご自宅のセキュリティの検討・見直しを

新生活を始める方の多い季節となりました。しかしこの時季、実は侵入窃盗の件数が1年で最も多い時期でもあるのです。この機会に考えてみませんか、ホームセキュリティのこと。(2007年3月 掲載 2009年6月 一部改修)

まず子どもたちの実体験から、留守番時の危険に気づかせる。

警視庁による平成17年の侵入窃盗月別認知件数を見ると、春と年末に2つのピークがあることがわかります。 なぜこの季節に増えるのでしょうか? それは、年度変わりのこの時期、転勤や新入学などで移動する人の数が多くなることが一因といえるでしょう。引越しによる出入りで何かと慌しく、その混雑にまぎれて犯行におよぶものと考えられます。また近隣の住人も、見慣れない人と顔を合わせても、「引越しシーズンだから」と、不審者に気づくのが遅くなることもあるかもしれません。このような時期、安心して生活するために、ホームセキュリティの導入について一度お考えになってみてはいかがでしょうか。






「ホームセキュリティα」は、侵入などの異常を「365日・24時間見守り、そして駆けつける」高品質なご家庭向けのセキュリティサービスです。 ご家庭に「ホームセキュリティα」がある暮らしを想定してみましょう。外出するときは、暗証番号を入力し、「外出ALSOK警備」を開始します。空き巣がピッキングやサムターン回しでドアのカギを破り中へ侵入すると、「開閉センサー」がドアの開閉を感知し、警報音が鳴るとともに、「ALSOKガードセンター」に自動通報され、直ちにガードマンが駆けつけます。通報を受けたガードセンターでは、状況に応じて110番や119番への通報を行い、必要に応じて登録された緊急連絡先にも連絡します。もちろん、空き巣が「ガラス破り」によって窓などから侵入した場合にも、「空間センサー」が侵入を感知し、同様に通報します。 警備は不在時だけではありません。在宅時に身の危険を感じたり、具合が悪くなったりした場合は、「非常ボタン」を押すだけで通報できます。そして「在宅セルフ警備」モードにしておけば、侵入センサーが異常を感知したときには警報音が鳴って威嚇し、おうちの方にも知らせます。また、「火災センサー」も設置できますので、火災への対応も万全です。 「防犯」「非常」「火災」に対する不安を安心に変える「ホームセキュリティα」は、お買上げなら月々2,000円台から。お手頃な価格で安心生活を手に入れることができます。

ご新築のお客様などにお勧めな、「ホームセキュリティX7」もあります。「ホームセキュリティX7」は、「防犯」「非常」「火災」の3つの基本機能に加えて、外出先から遠隔操作で警備を開始したり、敷地内にカメラを設置して、その画像をコントローラーで監視したりすることが可能です。さらに、インターネット回線を使用すれば、携帯電話でご自宅のライブ画像を確認することもできます。その他、「ガス漏れ」や高齢者の健康を見守る「ライフリズム」などの監視項目もあり、二世帯住宅や店舗・事務所併用住宅にも完全対応しています。 お客様のライフスタイルやご要望、ご自宅の間取りなどに合わせて、最適なプランをご提案いたします。

ALSOKでは各種防犯グッズも取り揃えています。 おすすめは「ALSOKロック」。ご家庭の引戸式アルミサッシ窓に内側から取り付ける補助錠です。ロック板が2枚あり、1枚のみを使用すれば、窓を数センチ開けた状態でも施錠できるため、施錠しながらの換気も可能。外側からはALSOKマークが見えるので、犯行抑止効果も期待できます。 次に「ガラスマン」。ご自宅の窓ガラスにこれを貼るだけでガラス面を強化し、ガラス破壊に備えることができるプロテクトフィルムです。接着剤つきなので、水で貼ることが可能。A3サイズのフィルム2枚セットです。 これらの商品はALSOKのウェブサイトの中で購入できます。

侵入窃盗が多いこの季節、新生活を機に、ホームセキュリティや防犯グッズを検討してみてはいかがでしょうか。

商品の詳しい内容はこちら
「ホームセキュリティα」 「ホームセキュリティX7」

防犯グッズのご購入はこちら
「ガードマンショップ.com」
http://guardman-shop.com/shop/Top

このページの先頭へ