HOME > ALSOKセキュリティ情報 > ALSOKセキュリティ川柳

ALSOKセキュリティ川柳

【今月の優秀賞】テーマ「年末年始」「お年玉 ここ振り込んで」と 甥の声?

佳作一覧

【今月の選者】セキュリティアドバイザー 見識広子(けんしきひろこ)主任

こんにちは、見識でございます。新しい年に向けて秒読みがはじまりました。そこ
で今回は、「年末年始」をテーマにした句をご紹介します。

 

優秀賞に選ばれた作品は、孫や大きい子どもなどがいる年配世代を狙った「振り込め詐欺」に関する句です。振り込め詐欺の被害はいっこうに減る様子がなく、ついに全国のATMに警察官が張り込みをする事態になりました。警視庁の調べによると、平成20年上半期、都内の「振り込め詐欺」の被害件数は、2,461件。前年の同時期(1,340件)と比べると、約1.8倍も増えているのです。
手口は、巧妙なだけでなく日々進化しており、手を替え品を替え、振り込む側の心理につけ込んだ方法が出てきています。最近では、税金などの還付金があるように装い、携帯電話で巧みに誘導してATMからお金を振り込ませる「還付金詐欺」といったものまであります。
この句で詠まれているのも、家族を想うやさしさにつけ込んだ、本当に起こりそうな手口ですね。皆さん、どうかだまされないように気をつけてくださいね。

佳作の1番(泥棒は 年末年始が 稼ぎ時)と2番(泥棒は 行く年来る年 隙狙う)の句。年末年始は何かとお金が動くため、泥棒にとっては稼ぎ時。3番(師が走 る 頃は空き巣も 走ってる)の句のように、泥棒はあちこち走りまわって仕事をしているのでしょう。年末は忘年会、大掃除、年末年始の買い出し、年始も初詣や挨拶まわりなどいろいろと忙しいため、つい他のことに気が回らなくなってしまいがちです。しかし、年末年始は空き巣などの犯罪が増加傾向にありますので、いつも以上に防犯面に注意するよう心がけてください。

私も気をつけたい4番(年末は ドアと財布に 鍵かけて)の句。この時期は、ボーナスなどで気が大きくなってしまい、いつも以上に出費が増えてしまいますよね。私も、デパートのセールに目がなくて…。皆さんも無駄遣いのしすぎで年始から反省することのないよう、ドアに鍵をかけることはもちろん、お財布の紐もきっちり締めておきましょうね!

5番の句(初詣 スリも集いて 初仕事)。確かに、初詣で人が集まる神社などは、スリにとって絶好の仕事場です。お財布は、ファスナーなどで口がしっかり閉まるカバンに入れ、体の前に持つのが◎。鞄を斜め掛けにして、上からコートを着ればなおよしですね!

次に6番(泥棒も 欲しがってるよ お年玉)の句。お正月といえば「お年玉」。もらったお年玉で、何を買おうか夢をふくらませている子も多いのではないでしょう か。しかし、子ども達がもらったお年玉を欲しがって(狙って)いる悪い人間がいることも忘れてはいけません。7番(お年玉 ぎゅうっと握り 初詣)の句からは、子どもさんのかわいらしい姿が目に浮かんできますが、大切なお年玉を奪われてしまうことのないよう、人ごみなどでの防犯対策をお子さんに教えてあげてくださいね。そして何より、初詣に行く際はお子さんの手を離さないようにしましょう!

年末年始は何かと慌ただしく、どうしても気持ちが浮ついてしまいがちです。しかし、1年の締めくくりであるこの時期に、1年間きちんと防犯対策できたかどうかを 家族で振り返るとともに、改めて防犯について考えてみてください。
最後に、皆さんが8番(本年も 無事に過ごせた 除夜の鐘)の句のように穏やかな年末を過ごされ、また素晴らしい新年を迎えられるよう、心からお祈りしてお ります。

このページの先頭へ