防犯対策ならALSOK ホームセキュリティのHOME ALSOK ライフサポートコラム ストーブ火災の7割を占める「電気ストーブ」にご用心!

ライフサポートコラム

ライフサポートコラム|ホームセキュリティならアルソック

ストーブ火災の7割を占める「電気ストーブ」にご用心!

ご家庭向け
寒さがだんだんと本格化してくるこの時期。火を使わない安心感から、電気ストーブやカーボンヒータなど、“電気”をエネルギー源とする暖房器具を重宝するご家庭は多いようです。しかし、毎年冬になるとストーブ火災が増加。なかでも、全体の7割以上を占めるのが「電気ストーブ」なんです! みなさんの電気ストーブの使い方は大丈夫ですか?
アイコン
くんくん……。なんだか、こっちの方から煙のニオイが……。ぼっちゃーん、部屋にはいりマスよー?
むにゃむにゃ、うるさいなぁ。アルボ、もうちょっと寝かしてよ〜。
アイコン
アイコン
ひゃあああああ!! ま、ま、枕が燃えてマスーーーッ!! 消火! 消火! 
アイコン
はぁ、はぁ、な、なんとか消し止めましたね。危ないところデシタ。
ちょっとぼっちゃん! ストーブを、つけっぱなしで、寝たんですね……?(ゴゴゴゴ)
わーんごめんなさい! 電気ストーブだから平気だと思ったんだよぉ。
アイコン

「石油ストーブ」や「ガスストーブ」に比べれば、出火のイメージと結びつきにくい「電気ストーブ」。しかし、東京都消防庁の調査によれば、2013年までの過去5年間に東京消防庁管内で発生したストーブ火災674件のうち、カーボンヒータ、ハロゲンヒータ、温風機を含む「電気ストーブなど」が出火元になったケースはなんと491件。つまり、全体の7割以上を占めていることがわかりました。

げっ! ほとんどが電気ストーブ系なんだね。ぼく、危ないのは「石油ストーブ」だと思ってたよ。
アイコン
アイコン
そういった誤解をされている人は少なくありまセン。下記のデータをみてくだサイ。

都民2万人に対して、「石油ストーブ」「ガスストーブ」「石油ファンヒーター」「電気ストーブ」「エアコン」のうち、最も火災の危険が高いと思う暖房器具を質問したところ、8割以上の人が「石油ストーブ」と回答しています。

アイコン
電気ストーブ系は、火を使っていないという安心感があり、給油や換気の手間もかかりません。そのため、ついつい使用時に油断しがちなのデス。
電気ストーブから出火するケースでは、どんなものが燃えているの?
アイコン
アイコン
ぼっちゃんと同じく、お布団などの寝具類が約4割を占めていマスね。

出火時のシチュエーションとしては、下記のようなケースが考えられます。

(例)電気ストーブのスイッチを入れたまま就寝し、寝返りの際に布団が接触した。
(例)カーテンの付近で使用したために、カーテンの布部分が接触した。
(例)電気ストーブの上に干していた洗濯物などの可燃物が落下した。

アイコン
いずれも、冬場にありがちなことデス。たかが電気……思ったら大間違い! 電気でも想像以上に高温になるんデスヨ。

東京都では、電気ストーブの近くに置いた可燃物の危険性を調査するため、使用中の電気ストーブの前面に綿布団を置き、5cmから距離を変えて、それぞれの温度を測定しました。

ストーブに直接触れていなくても、距離が近いだけでも火災や火傷の危険が高まるのです。

アイコン
電気ストーブにかぎらず、熱を発するものの周囲はつねに整理整頓が鉄則デス。

暖房器具の使用時における注意事項

・取扱説明書をよく読み、十分な点検・整備を行うこと。
・ストーブの上に洗濯物などを干さないこと。
・ヘアスプレーなど、引火の危険があるものは使用しない。
・カーテンや障子戸などからは離して置く。
・外出するときや寝るときは完全に火を消す。

そのほか、「石油ストーブ」は火をつけたまま給油したり、持ち運んだりするのは厳禁! 燃料は決められたものを使用して、給油後は栓をしっかりと閉めましょう。「ガスストーブ」も、スイッチをオフにするだけでなく元栓まで完全に閉めることを徹底しましょう。

また、古い型を長年使い続けることも出火の危険がありますからご注意を!

アイコン
さあ、ぼっちゃん。一緒に燃えかけた枕とクッションを片付けまショウ。
うん。アルボ、ボヤのせいでお腹がちょっと焦げちゃったね。ごめんね。ぼく、気をつけるよ。
アイコン
告白すると、実はぼく……濡れたタオルをストーブにかけて乾かしたことがあるんだ……。火を使わないから安全だと思ってたんだよ。コワイよね。今までは油断してたけど、これからは厳重注意! スイッチを入れるときは周りをきれいに整頓して、寝る前はちゃんとオフにするよう徹底しているよ。

コラム一覧

コラム一覧
1日に約240件の侵入窃盗が発生!「無防備」なままで、本当に大丈夫?

更新日:2017.2.23 NEW

日々報道される悪質な犯罪の数々。しかしメディアで取り上げられる事件は、氷山の一角に過ぎません。窃盗や侵入、傷害事件など、さまざまな犯罪が私たちの身近なところで起こっています。そこで今回は、防犯対策をより身近な習慣として取り入れるためのポイントと、便利で高性能な防犯グッズとサービスをご紹介します。

ためしてALSOK
お部屋を見守る防犯カメラ「アルボeye」を使ってみた

更新日:2016.10.26

今回は最新の家庭用防犯カメラの使い心地をチェック! 「HOME ALSOKアルボeye」のカメラ、その性能とは!?