お知らせ

東北地方太平洋沖地震発生に伴う感染防止用品の寄贈について
2011年
3月
16日

  このたびの震災により亡くなられた皆様に深く哀悼の意を表しますとともに、被害を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げます。一日も早い復旧と皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。


  ALSOK(本社:東京都港区、社長:村井温)は、東北地方太平洋沖地震の被災者支援のため、粉塵の中での作業や感染防止に効果がある高機能マスク「FSC-F99Eマスク」と、一般的な「サージカルマスク」など計約40万枚を、宮城県、岩手県、福島県に対し、本日から順次被災地へお届けしてまいります。


  今後も、ALSOKグループ全社を挙げて、被災地および被災者の支援に取り組んでまいります。


  【参考】

  商品詳細

  1  FSC−F99Eマスク
  FFP2規格認定 N99基準合格
  超防御4層構造が「ウィルス・細菌・花粉」の侵入を防止します。
  使用後に48時間以上陰干しすれば、繰り返し使用することも可能です。


FSC−F99Eマスク

  2  サージカルマスクBL
  一般的なサージカルマスクです。


サージカルマスクBL サージカルマスクBL

以上

この件に関するお問い合わせは
ALSOK 広報部

mail : alsokinfo@alsok.co.jp
←戻る