太陽光発電・メガソーラー点検(「空撮サービス」)

空から撮れば、一目瞭然

2つの目を持つ飛行ロボットが、手軽にスピーディーに広大な施設や近接困難場所を上空からレポートします。

広大な施設を空から管理 ALSOK空撮サービス

お客様のご依頼でALSOKの空撮隊が出動。
飛行ロボットを利用して広大な敷地の施設などを空から撮影します。

  • ALSOK専属空撮隊が対応

    ドローンで空撮したいがスタッフがいない、育成が難しい

    飛行ロボットの操作は空撮のエキスパートであるALSOK専属空撮隊が対応します。

  • 広大な敷地、近接困難場所を飛行ロボットで空撮

    施設を調査したいが敷地が広大で大変だ

    人力の調査に比べ、短時間で効率的な調査が可能です。調査にかかるコスト削減も期待できます。

空撮サービスの特長

    • Point
      1
    • 点検の効率性アップ

    飛行ロボットにより、広大な敷地でも、短時間のうちに点検ができ、効率化が図れます。

    • Point
      2
    • 2種類のカメラ搭載で高精度の点検を実現

    赤外線カメラ画像により温度の高い箇所を検出し、カラーカメラ画像で状況を確認します。
    目視やカラーカメラのみによる撮影と比べ、精度の高い点検が可能です。

    • Point
      3
    • 安全・安心

    ALSOKの専属空撮隊が安心・安全に空撮いたします。
    万が一の際も、保険に加入しておりますので安心です。

    • Point
      4
    • 診断結果をレポートで提出

    レポート(診断結果)や取得画像データは、すべてご提供いたします。
    “健康状態”を証明することで、資産価値の向上につながります。

    • Point
      5
    • メンテナンス(オプションサービス)

    診断結果に基づき、専門家によるより詳細な検査や必要に応じた処置サービスもご利用いただけます(メンテナンスオプション)。
    ・IV測定等の詳細点検
    ・パネルの洗浄
    ・除草作業

太陽光発電所における空撮サービス活用例

  • カラーカメラと赤外線カメラを駆使して、ソーラーパネルのホットスポットを探査、レポートします。

    発電効率の維持、故障の早期発見につながる異常温度箇所を探査。
    赤外線カメラで温度の高い箇所を検出し、カラーカメラで状況確認、取得画像を用いて書面でレポートします。

ムービーが表示できない場合はこちらをご覧ください。

空撮結果が報告書やデータとして記録・保存されますので、資産としての施設価値の向上にお役立ていただけます。
人力の測定に比べて短時間で効率的。設備がー定規模以上になると十分なコストメリットも期待できます。

サービス価格(例)

実施場所、実施回数、発電量に応じてご提案いたします。

2MW規模、年間1回実施の場合 155,000円~
  • 諸経費別途。
  • 1事故10億円を限度とした保険に加入しております。

その他活用事例

  • 建設現場等の空撮(俯瞰図、進捗確認画像の撮影)
  • 橋梁等の交通インフラ点検
  • 高所の設備点検
  • 災害時の現場映像ライブ配信
  • セキュリティ(外周巡回の効率化等)

その他の用途につきましても、お気軽にご相談ください。

お気軽に相談ください。ALSOKは太陽光発電・メガソーラー点検(「空撮サービス」)に関して豊富な知識でお客様をサポートします。