ホームセキュリティのHOME ALSOK  >  ライフサポートコラム  地域の防犯を強化すれば家のセキュリティが上がる!?

ライフサポートコラム

ライフサポートコラム

地域の防犯を強化すれば家のセキュリティが上がる!?

ご家庭向け
みなさん、家のお隣さんの顔はご存じですか?
最近はご近所付き合いを避ける人が多く、人間関係が希薄になってきているといわれています。
しかし、実はご近所付き合いは、防犯対策には欠かせない要素の1つなのです。
アイコン
そういえばアナタ、こないだ家の鍵を忘れて窓から入ろうとして、お隣さんに通報されたわよね。ちゃんとご近所さんに挨拶してないからじゃないの?
警察官が飛んで来てショックだったよ……。実を言えば、朝早く出て夜遅く帰るから、ご近所さんにはあまり会わないんだ。
アイコン

住民同士の挨拶ができている地域の犯罪発生率は、とても低いといわれています。というのも、ご近所付き合いが円滑な地域では、その人が街の住人かどうかをすぐに判別できるため。話しかけられたり、顔を覚えられたりすることを嫌う犯罪者にとっては、足を踏み入れにくい環境になるわけです。

なかなかご近所さんに会う機会がない方は、休日の明るい時間帯を利用して、定期的に近所を散歩したり、休みの日に家族で出かけたり、子どもと公園に行ったりすることをオススメします。顔と顔を合わせて挨拶しておくことで、「この人は、この近所に住んでいるんだな」という認識を互いに持つことができるため、いざというときに助け合うことができます。

アイコン
地域の目って大切なんだな。今度からはもっとご近所さんに会う機会を作るようにするよ。
でも、個人の対策だけではどうにもならないこともあるわ。住んでいる地域の防犯意識って意外と気になるわよね。ここを見極めるチェックポイントはあるのかしら。

地域の治安は、その場所に住んでいる方に聞くのが一番ですが、例えば警視庁では、「犯罪情報マップ」などをWEB上で公開しています。

▼「犯罪情報マップ」(警視庁公式サイト)
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/toukei/johomap/johomap.htm

また、住んでいる住宅の治安状況についても、目安になるポイントがいくつかあります。


●ゴミ出しなどのルールが守られているか

住民同士のルールがきちんと守られていないと、防犯意識も低いと判断されてドロボウなどのターゲットになりがちです。

●共用部に、防犯カメラなどの設備が導入されているか

特にマンションやアパートの場合、共用部の防犯設備が導入されていることも重要です。

●植栽や塀で見通しが悪くなっていないか

生い茂った植栽や高い塀はプライバシーを守る上では好都合ですが、ドロボウなどの隠れ蓑となってしまうことも…。
アイコン
まちづくりにも関わる話だから、市町村の情報を活用するのも手かもしれないわね。たまに地域の広報誌で地域で起こった犯罪の状況やハザードマップなどが公開されているのを見かけるし。
みんなで知り合いになって防犯意識を高めれば、結果的に我が家のセキュリティレベルも上がるってことだな。よし、まずは今度の日曜日、みんなで近所のフリーマーケットにでも行ってみるか!
アイコン

コラム一覧

コラム一覧
がんばるお父さんの背中がピンチ!?体調不良を引き起こす“IT猫背”にご用心!

更新日:2016.5.2

長時間パソコンを使っていたり、スマホをよく見ていたり……。そんな人の間で増えているといわれるのが「IT猫背」です。姿勢が悪いと見た目の印象がよくないばかりか、肩こりや首こり、頭痛、便秘、ヘルニアなど、さまざまな体調不良につながる恐れもあります。丸い猫背をピンっとのばす、きれいな姿勢の作り方をアルボがご紹介します。さあ、ご自宅やオフィスで取り入れてみましょう♪

ためしてALSOK
ALSOKオススメの“進化型”防災グッズ大集合!

更新日:2016.8.24

地震をはじめとした自然災害に備えて、ご家庭やオフィスで必ず備えておきたい防災用品。近年は、必要なものを詰め合わせたキット型のものから、従来品より軽量化したもの、サイズがコンパクトになったもの、1品で複数の機能を兼ね備えるものなど、さまざまなアイテムが登場しています。今回は、ALSOKが扱う防災用品の中から、進化した優秀グッズをアルボが厳選! 実際に使ってみました。