暮らしに役立つ ALSOK ライフサポートコラム
暮らしに役立つ ALSOK ライフサポートコラム

暮らしに役立つ ALSOK

ライフサポートコラム

知っておきたい緊急事態の対処法

2013年01月04日時点の情報です

ご高齢者向け

あけましておめでとうございます。お正月は家族だんらんをはじめ、初詣や福袋など、楽しいイベントも盛りだくさん。おせち料理を食べながら日本酒で一杯なんて、食の楽しみを満喫されている方も多いのでは?みんな揃って楽しい団らんの真っ最中。しかし、ゴキゲンにお餅を食べていたおじいちゃんに異変が……。

アイコン
null
null

あぁ~ 正月に飲む酒はうまいなぁ!

null
null

ボクもお正月にいただくオイルは一味ちがいマス!

null
null
アイコン
アイコン
null
null

おじいさん、いい食べっぷりですねぇ。お餅、お代わりしますか?

null
null

うん、お代りを……ゴホッ………。

null
null
アイコン
null
null

ハッ。のどをギュッとつかむのは窒息のサインデス! おじいちゃん、まさか喉にお餅が!?

null
null
アイコン
アイコン
null
null

えええ!? おい、大丈夫か!? 咳をしてみな!

null

東京消防庁によれば、2006年から2010年までの5年間で、餅などによる窒息事故で救急搬送された人数は601人。月別にみると、1月が212人と最も多く、次いで12月が86人。12月と1月の合計人数は298人で、1年を通じてこの2カ月は約半数を占めています。

null

また、事故全体の9割以上が60歳以上となっており、高齢者は特に注意が必要です。

null
null

咳きこむのは無理みたいですね……お父サン、このままだとおじいちゃんが窒息してしまいマス! お餅の事故は軽傷じゃ済まないことが多いので、迅速な処置が必要デス。

null
null
アイコン
null
アイコン
null
null

わ、わかってるよ!!! でもどうしたらいいんだ……。掃除機で吸いだせばいいんだっけか!?

null
null

イイエ、まず救急車を呼んで、次の方法を試しまショウ!

null
null
アイコン
null
アイコン
null
null

だめだ、出てこない! 救急隊はまだなのかーーー!!!

null
null

お父さん、落ちついテ。もう一つの方法を試してみましょう。内臓を傷つけるリスクがありマスが、正しく行えばもっとも効果的なのデス!

null
null
アイコン
null
アイコン
null
null

はぁ、はぁ、もうだめだ……。

null
null

まだ掃除機での吸引法がありマス。しかし、舌や肺、喉を傷つけるリスクがあるため、消防庁は推奨していないのデスが ……やむをえまセン、やりまショウ!

null
null
アイコン
null
アイコン
null
null

ああ、やっと出てきた! おじいさんの喉のあたりに餅が見える! これをとればいいんだな!?

null
null

そうデス! 指や箸などで取る場合は、ガーゼなどを巻いてお餅をからませて取るようにしてくだサイ。 おじいちゃん、大丈夫デスか!?

null
null
アイコン
null

ゴホッ、ゴホッ。あぁ、三途の川じゃあ……。

null
null
アイコン
アイコン
null
null

まったく、新年早々……(ホッ)。ほら、救急隊がついたぞ。病院に行こう。

null
null

コラム一覧

関連コラムこちらもお読みください

null
カビ、ダニ、ウイルスが大繁殖!?
梅雨シーズンの感染症にご注意を!

更新日:2016.06.01

上空を厚い雲が覆い、じめじめとした日が続く6月。梅雨シーズンは、古来には「黴雨(ばいう) 」とも呼ばれ、黴(カビ)の多い時期として知られます。でも、蒸し暑い気候を好むのはカビだけではありません。たとえば、目に見えないウイルスや小さなダニもその一つ。こうした微生物の活動が活発になり、人体に悪影響を及ぼすことは少なくないようです。梅雨の時期に気をつけたい感染症をアルボがレクチャーします。

ためしてALSOK
手軽で便利な「ネットdeガードマン」を試してみた

更新日:2017.3.29 NEW

業界初の「ガードマン」による臨時的な警備手配サイト、ALSOKの「ネットdeガードマン」を体験してみました!