暮らしに役立つ ALSOK ライフサポートコラム
暮らしに役立つ ALSOK ライフサポートコラム

暮らしに役立つ ALSOK

ライフサポートコラム

最悪の場合は死に至る!?入浴中の「ヒートショック」にご用心

2016年01月06日時点の情報です

ご高齢者向け

いよいよ冬本番。早くお風呂で温まりたい!と、ブルブル震えながら服を脱ぎ、寒い浴室で体を洗って、ようやく温かい湯船にどっぽ~ん! なんて入り方をしていませんか?「あるある」と思った方は要注意。実はその入浴方法には、思わぬ危険が隠れているんです。それも、命に関わる危険が……。

アイコン
null
null

ひゃー冷える、冷える!お母さん、わしゃ先にお風呂に入りますよ!

null
null

あっ、おじいちゃん、一番湯は避けてくださいな。

null
null
null
アイコン
null
null

やだやだ、わしゃ、すがすがしい一番湯が大好きなんじゃ。
うう、それにしても脱衣所は寒いのう。

null
null
null

おじいちゃん、お背中流しマショウか?

null
null
アイコン
アイコン
null
null

もう洗い終わったぞ!ああ、湯船は天国じゃ……。ありゃ?なんだかクラクラするよ? 

null
null

おじいちゃん、しっかりーーー!!!

null
null
アイコン

寒い時期は、入浴中の事故が頻発しています。なかでも、12月と1月は最多となっており、その多くが「ヒートショック」によるものとみられています。

全国の消防本部が把握している実数では、入浴中の心肺機能停止者数は年間9,360人(2011年)。しかし、東京都健康長寿医療センター研究所の推計では、同年にヒートショックに関連した入浴中の急死は全国で約1万7,000人にのぼります。そのうちの約8割(1万4,000人)を占めているのが高齢者になります。

null
アイコン
null
null

ひええ。怖いのう……。でも、「ヒートショック」ってなんじゃ?

null
null

おじいちゃん、気がつきマシタか!危ないところデシタよ。

null
null
アイコン

ヒートショックとは、体が急激な温度変化にさらされることにより、血圧が上下に大きく変動して起きる健康被害のことです。

たとえば、寒い脱衣所、寒い浴室、温かい湯船の中。このような温度差の大きい場所を移動すると、体の中では血圧が激しく上下する“血圧のジェットコースター”が起きてしまうのです。

null
温度と血圧の変化

●寒いところ

→体熱を守るために毛細血管が収縮。血圧が上昇します。
急激に血圧が上昇すると、脳出血や脳梗塞、心筋梗塞などを起こしやすくなります。

●暖かいところ

→体熱を放出するために血管が拡張。血圧が低下します。
急激に血圧が低下すると、脳貧血やめまいを起こしやすくなります。

null
null

つまり、おじいちゃんの血圧は、脱衣所と浴室でぐんぐんあがった後、湯船の中で急降下したんデスよ!!

null
null
アイコン
アイコン
null
null

まさにジェットコースターじゃのう。いかにも体に悪そうじゃ。年をとると血圧も変化しやすくなるんじゃろうか?

null

元気な方でも、高齢者の体は体温を維持する機能が衰えていて、血圧変化をきたしやすいとされています。

ほかにも、高血圧の方、糖尿病の方も血圧の変化には注意が必要です。

アイコン
null
null

はっ。お母さんがさっき、わしに「一番風呂はダメ」と言っておったよね?

null
null

昔からよく言われる言葉デスよね!お年寄りのカラダにとっては、家族が入浴した後の暖まった浴室やぬるめのお湯につかるのが安心だと昔の人は知っていたのデスね。

null
null
アイコン
アイコン
null
null

なるほど、高齢者は一番風呂を避けたほうがよいんじゃな。ほかにも、気をつけることはあるかね?

null
null
ヒートショックを予防する5つの方法

1. 暖房器具を使い、脱衣所をポカポカにしよう

ほかの部屋との温度差をなくすために、入浴前には脱衣所を暖かくしておきましょう。

2. 事前に浴室もしっかりと暖めよう

脱衣所と浴室の温度差をなくすために、浴槽のふたを開ける、浴室に温かいシャワーをまくなどして、浴室を暖めましょう。

3. 熱すぎるお湯に浸かるのは避けよう

寒い時期も、お湯の設定温度は41℃以下にしておくのがベスト。

4. ゆっくりと順番に肩まで浸かろう

手や足といった末端の部分からかけ湯をして、足からゆっくりと入り、じわじわと肩まで浸かりましょう。出る際も同様に、肩から足まで、ゆっくりと出よう。

5. 外気温が下がらないうちに入浴しよう

外気温が下がり、温度差が広がる日没前にお風呂にはいってしまうのも手です。

null
アイコン
null
null

そういえば、お酒を飲んでからお風呂に入るとクラっとするのはどうしてなんじゃ?

null
null

お酒を飲んだ後、ご飯を食べた後は血圧が下がりやすくなっているからデス!入浴は避けまショウ!入浴の前後には水分補給もお忘れなく。

null
null
アイコン

冬は、お家の中に「寒い場所」と「暖かい場所」が生まれがち。「ヒートショック」は浴室やトイレに限らず、温度差がある場所ではどこでも起こる可能性があります。

HOME ALSOKでは、高齢のご家族の「もしも」の時に駆けつける「みまもりサポート」のサービスも提供しています。少しでも不安を感じられたら、ぜひ公式ページをご覧くださいね。

HOME ALSOK みまもりサポート
お湯に浸かる前は、脱衣所と浴室を暖めて温度差を減らすことが大事なんじゃね。いざ浴室に入ったときにまだ肌寒さを感じる時は、シャワーを高い位置から浴槽にかけて湯気を立たせよう。あらかじめ浴室にマットを敷いておくと、冷えずに体を洗えるからオススメじゃよ!

コラム一覧

関連コラムこちらもお読みください

null
カビ、ダニ、ウイルスが大繁殖!?
梅雨シーズンの感染症にご注意を!

更新日:2016.06.01

上空を厚い雲が覆い、じめじめとした日が続く6月。梅雨シーズンは、古来には「黴雨(ばいう) 」とも呼ばれ、黴(カビ)の多い時期として知られます。でも、蒸し暑い気候を好むのはカビだけではありません。たとえば、目に見えないウイルスや小さなダニもその一つ。こうした微生物の活動が活発になり、人体に悪影響を及ぼすことは少なくないようです。梅雨の時期に気をつけたい感染症をアルボがレクチャーします。

ためしてALSOK
手軽で便利な「ネットdeガードマン」を試してみた

更新日:2017.3.29 NEW

業界初の「ガードマン」による臨時的な警備手配サイト、ALSOKの「ネットdeガードマン」を体験してみました!