暮らしに役立つ ALSOK ライフサポートコラム
暮らしに役立つ ALSOK ライフサポートコラム

暮らしに役立つ ALSOK

ライフサポートコラム

一人暮らしの女性は強盗に狙われやすい!?

2012年10月01日時点の情報です

女性向け

すでに一人暮らし歴が長い方もいらっしゃれば、今年から始めたばかりなんて方もいらっしゃることでしょう。楽しいはずの一人暮らしですが、女性にとってはさまざまな犯罪が忍び入りやすい環境でもあります。犯罪を未然に防ぎ、被害に遭わないようにするためには、日常の暮らしの中で気をつけるしかありません。

アイコン
null
null

一人暮らしといえば、普通はアパートやマンションなどの共同住宅に住むわよね。すぐ隣に人がいるのは、むしろ安全な環境じゃないの?

null
null

それは大きな間違いデス。実は、一人暮らしの女性に関するショッキングなデータがあるのデスよ。

null
null
アイコン

女性が「強盗」の被害に遭った場所・件数をまとめたデータでは、一戸建てよりもアパートやマンションなどの共同住宅の方が、発生件数が多くなっています。

null

また、「暴行」や「傷害」、「強姦」などの犯罪も、共同住宅での発生件数が多いのです。

アイコン
null
null

じゃあ、一人暮らし女性の防犯対策って、一体どうすればいいの?

null
null

ズバリ、一人暮らしであることを悟られないように行動することデス! たとえば、次のようなことデス。

null
null
アイコン
null

●親しい人や信頼できる人以外には、一人で暮らしていることを話さない。
●外出する際には戸締り確認を忘れずに。
●女性用衣類の洗濯物を外に干しっぱなしにしない。
●長期間留守にする際には、郵便受けに新聞や郵便物を放置しない。
●エクステリアやインテリアは、一見して女性の部屋だとわかるものは避ける。
●訪問者には用件、身分を確認した上で、チェーンロックをつけたまま扉を開ける。
●帰宅時はチャイムを鳴らし、「ただいま」と言いながら中に入る。

null
アイコン
null
null

誰もいない部屋に向かって「ただいま」って、防犯上有効なのはわかるけど、虚しいわ…。

null
null

「ただいま」の声かけは、万が一、空き巣などが侵入していた場合にも、逃げるタイミングを与えて鉢合わせを回避する効果があるのデス。ほかにも、下記のような策もありマス。

null
null
アイコン
null

●郵便受けや表札には苗字だけを記載する。もしくは男性の名前と連名にする。
●玄関に男性用の靴を置いておく。
●下着などは外に干さない。男性用の下着やシャツなどを一緒に干す。

null
アイコン
null
null

男性と暮らしている気配をだすワケね! …って、防犯上有効なのはわかるけど、なんだか虚しい…。

null
null

近年では、ホームセキュリティ付の女性専用マンションなども増え、とても人気があるようデスヨ。お引っ越ししマスカ?

null
null
アイコン
アイコン
null
null

確かにホームセキュリティ付なら、わざわざ男性の気配を出したり、インテリアに気を遣ったりするわずらわしさは減りそうね。ちょっと考えてみようかしら?

null

コラム一覧

関連コラムこちらもお読みください

null
スカートの女性はご用心!と思ったら男性も被害に!?スマホによる「盗撮」「隠し撮り」の実態とは

更新日:2016.09.07

従来は小型で高性能なスパイカメラやペン型カメラなど、特殊なツールが使われてきた「盗撮」や「隠し撮り」。しかし、現在ではスマホを使ったケースも多いそう。さらに、「盗撮」や「隠し撮り」といえば女性がターゲットになりがちでしたが、近年は中高年の男性が撮影されてトラブルになるケースも!? 「盗撮」と「隠し撮り」の実態をアルボが解説します。

ためしてALSOK
手軽で便利な「ネットdeガードマン」を試してみた

更新日:2017.3.29 NEW

業界初の「ガードマン」による臨時的な警備手配サイト、ALSOKの「ネットdeガードマン」を体験してみました!